MV

屋内、廊下をうろつくカメラ。

メンバーが散り散りにいて歌ったり演奏したりしています。

奥のブラインドのかかった窓には日の丸。

両側に壁があり、空間は狭そうです。奥に光量の比重があります。特定のメンバーの顔が強調されるのを避けたような自然さです。何度も廊下を抜けてはカットを連ねます。

コンピューター・グラフィックを交えているようです。『KNOCKIN’ ON YOUR DOOR』は1995年の曲。これくらいの年代、テレビゲームのコンピュータ・グラフィックの表現もどんどん高度になっていった頃ではないでしょうか。モチーフになっている屋内のドアの描写に、ホラーゲームの類を私は思い出します。バイオハザードとか、サイレントヒルなど(初期のバイオハザード、怖かったなぁ……)。

カメラが横倒しになったり戻ったり。ごく狭いロケーションを巧みにつかって画面を動かします。鍵穴から覗き入るカットも記憶にのこります。

曲のクライマックス:最後のサビに入るときにトビラをノックする描写。音も「ドンドン!」と派手な演出です。曲だけを聴いているとき、爆発音かと思いました。打ち上げ花火か、アクションものの爆破演出のような……映像と一緒だとノックの音の表現であるのがよりはっきりしますね。

曲の名義など

作詞・作曲:黒沢健一。L⇔Rのシングル、アルバム『Let me Roll it!』(1995)に収録。

上にリンクしたYouTube概要欄に “L⇔Rの7枚目のシングル。1995年5月3日リリース。 フジテレビ系ドラマ『僕らに愛を!』主題歌。” とあります。L⇔Rのデビューは1991年とのこと。堅実に活動を積み、至ったヒットだったのかもしれません。

L⇔R『KNOCKIN’ ON YOUR DOOR』を聴く

実に多彩な音使いです。

エレクトリック・ギターにしても目立って3パート。左にアルペジオっぽくレガートさせた演奏。右にタイトに音を止めリズムを強調するギター。中央やや右奥あたりにコーラスの効いたトーンでコードをアタマにシャランと置くパート。

ピアノのダウンビートが効いています。

ストリングスが間断ない8分ストロークでじわじわと期待感を上げていきます。

ブラスは華やか。チャイムの音が冬っぽいです。教会を感じるからでしょうか。西洋の音。連想してキリスト教、クリスマス……。華やかです。

ふいごで風を送るオルガンのようなパートも聞こえます。このサウンドで思い出すのはザ・ビートルズ『恋を抱きしめよう(We Can Work It Out)』です。

ハーモニウムという楽器のようです(参考:Wikipedia>恋を抱きしめよう)(参考:Wikipedia>ハーモニウム)。

さりげなくて最初気づきませんでしたが、『KNOCKIN’ ON YOUR DOOR』でサビに入るのをアオリたてるように、シタールっぽいトーンも聞こえます。

シタールはインド音楽の主要なトーンのひとつだと思いますが、ハーモニウムも頻出する役者のようです。

びよーーーーーん じぃーーーーーーん

と伸びをみせる、華やかなのだけれど粘りけのある独特のトーンの組み合わせは確かにインド音楽の独特な空気をつくる一因かもしれません。

インドの音をふんだんにとりいれたビートルズをL⇔Rメンバーもたいへん尊敬していたであろうこと、『KNOCKIN’ ON YOUR DOOR』の端端に勝手ながら感じます。

L⇔RメンバーがMVで携えていたギターも、リッケンバッカーでしたね。ビートルズメンバーも使用したことから、リッケンの使用が、ときに彼らへの尊敬や憧れの表現の意味合いすら持ち得ます。

間奏のⅢ♭→Ⅰのテンション・コードの響きなど、都会の匂いを携えた音づくりはただのビートルズ・フォロワーにとどまらない個性です。メロディや歌詞の言葉えらび、その響きや音韻は印象的で覚えやすく印象に残ります。大衆の娯楽作品をも満たす独創です。たとえばサビの「アィム・ノッキン・オンニョ・ドォァ!」(失礼しました。わざとこう書きました)の響きはクセになるし、とても刷り込まれます。曲のどアタマをサビにしているところも構成の妙です。

サビ頭の歌詞。「I’m Knockin’ On Your Door」なのですが、たとえばですよ。「あの日のように、どう?」みたいなソラミミを誘います。日本語っぽい響きがあるのです。でもちゃんと洗練された英語のようにも聴こえます。

「On Your」の部分の、「おんにょ」みたいな響きが柔和です。「n(ん)」は閉じた発音なのに、聴く人のドアのすきまをより広く開かせるのです。いちど閉じた発音を聴かせることで、「オープン(開いた響き)」をより引き立てるのか。

歌詞の「n(ん)」の柔和さが、クランチ・ギターの歪みや金属的な質感、ベース・ドラムの確かなリズムの骨格、派手なノック音や華やかな弦・管アレンジメントすべてと対比になって引き立てあうのです。複雑で多くの要素が織りなす印象的な様相を、ざっくり渾然一体にとらえて「キャッチー」などと私はつい言ってしまいます。細かくみていくほどに、引っかかるポイントがたくさんあるのです。「キャッチー」の正体は、丁寧で細やかな遊び、茶目っ気、純心の音楽表現の積み重ねなのだと思います。

青沼詩郎

黒沢秀樹 公式サイトへのリンク

『KNOCKIN’ ON YOUR DOOR』を収録したL⇔Rのアルバム『Let me Roll it!』(1995)。語頭がLとRになるネーミングをコードにしたアルバムをたくさん出している彼ら。

ご笑覧ください 拙演