高校のとき、軽音楽同好会に入っていました。そこで、友達がザ・ブルーハーツの曲を演奏していました。『ラブレター』もそのひとつでした。

私も好きな歌でした。友達のバンドの演奏や歌は素敵だった。私もあんなふうに純朴に素敵に歌いたかった。そのときの私は、歌で劣るコンプレックスがありました。

それから15超年が経過したいま、この歌を私も自分で弾き語りでひとり演奏してみました。なんて素敵な歌なんだろうと思いました。自分の演奏に酔ったのではなく、この歌が、私を許容してくれるように思えるのです。ザ・ブルーハーツの歌なのだけれど、自分の歌のように思えるのです。

ザ・ブルーハーツの素敵なところをひとつあげるとすれば、みんなが自分のもののように思えるところではないでしょうか。

その理由をこれまで何度も考えました。言葉が平易。コードも平易で単純。それも確かにそうかもしれません。

言葉やコードを道具に見立てます。道具は、使い方がやさしいほうが誰でも使えるに決まっています。ザ・ブルーハーツの歌、たとえば『ラブレター』は使い方がやさしい道具によって、演奏したり歌唱したりできる曲。だから、多くの人に気に入られ、親しまれているのかもしれません。

もう少しザ・ブルーハーツの歌、たとえば『ラブレター』にぐっと近づいてみて気付いたことがあります。

それは、要所で、歌のメロディと、ベース(コードの低音)が3度の音程になっていることです。

3度はとっても調和する音程です。距離の広い3度(長3度)と距離の狭い3度(短3度)があって、それぞれ印象は違うのですが、響き……すなわち音波のゆれ方・干渉のし方はキレイに心地よく感じられます。

図を見てください。採譜は私によるものです。乱筆で申し訳ありません。

冒頭をみてください。“ほんとうならば”の「ほ」はラ。コードが「F」、すなわち低音はファ。冒頭から強拍にファとラの長3度があらわれています。

“ほんとうならば”の「ば」はファで、Dmコードの低音はレ。ファとレで、短3度。

2小節目の“いまごろ”の「い」はレで、B♭コードの低音はシ♭。シ♭とレで長3度。

上図に含まれるAメロの一部、そしてBメロ(サビ)の歌詞に、太字で長・短3度の部分を以下に表現してみます。

んとうなら まごろ くのベッは あなた あなが あなたが てほしい”

ああ ラブレター ひゃぶんのいちで ああラブレター しんじてほしい”

コードの低音とメロディで、響きの心地よい関係(音程)をひんぱんにあらわしています。

これをTHE BLUE HEARTSだけの独自の特徴というには、あまりにも私の事例学習は足りません。しかし、彼らの魅力の「ことばにしづらい部分」の正体に1歩でも近づく努力を私なりにすると、「要所で、メロディとコードの低音によって響きのよい音程を成している」はひとつの気づきだと思います。

もちろん、「要所で響きのキレイな3度音程を聴かせる」はTHE BLUE HEARTSの専売特許ではないでしょう。しかし、コードの平易さ、言語の平易さを守った上で独創性を発揮するのは至難の技であり、それを実現しているのがTHE BLUE HARTSの尊敬すべきところのひとつだと思っています。『情熱の薔薇』、『人にやさしく』、『青空』、『ラブレター』、『リンダリンダ』……私の偏見ですが、彼らの持ち曲は、歌メロディのリズムの分割の最小単位、細かさが8分音符くらいまでに抑えてあるものが多い気がします。

歌詞についても、「あつかいやすい道具」すなわち平易な単語や文章で世界と人間の純粋な機微を描き、成立させていると思います。それはTHE BLUE HEARTSの虚像であると同時に、現実に存在するミュージシャンとしての真の姿。リスナーを映す鏡でもあり、鏡に映った姿は真実であると同時に虚像(たとえば、左右さかさまでしょう?)です。

草野マサムネが提起したTHE BLUE HEARTSの側面

ラジオ『草野マサムネのロック大陸漫遊記』(2021年9月12日の放送)で草野マサムネが興味深い視点を紹介していました。草野マサムネの発言の主旨を私のうろ覚えで紹介するに、“がんばれ”(『人にやさしく』より)みたいに、「分かりやすいメッセージと受け取られそうなことをわざと言っているんじゃないか」といったことです。

THE BLUE HEARTSは、自分たちが美しさを投影する銀幕にされることを見越したうえで、あえてその機能を包含しうる表現をしてきたのではないか……草野マサムネの発言に、私はそんな提起を受け取りました。

私は「受け取られ方を見越した計算」のようなものをTHE BLUE HARTSに感じたことがなかったので、草野マサムネの目の付け方・感じ方には本当に驚きましたし、学びました。THE BLUE HEARTSは、だれになんと言われようと、自分たちが美しいとおもったものを真っ直ぐに提示する表現者……というイメージが私のなかに少なからずあったのです。

いろんな解釈をゆるす器の大きさも、曲の魅力のうち。THE BLUE HEARTSの作品は、発表後も器を広げつづけるライブ感があります。宇宙だ。

青沼詩郎

『ラブレター』を収録したTHE BLUE HEARTSのアルバム『TRAIN-TRAIN』(オリジナル発売:1988)

ご笑覧ください 拙演