高田渡を私が知ったのは、YouTubeを使って音楽を探して聴くようになってから。だから割と近年のことだった。

小学生〜中学生くらいの頃の私は、平凡に同級生の多くが知るようなJ-POPに触れて育った。

高校生になって軽音楽部でバンドをやるようになって、海外のバンドやインディーズロックも聴いたがフォークに深い理解を築くには至らなかった。

浪人を経て音楽大学に入ると、音楽を聴くよりも毎週の実技レッスンに備えてピアノや声楽を練習し日々の授業を消化するので時間は過ぎた。この時期には私は自分で作曲して多重録音するようになっていた。音楽を聴くよりも「やる専門」になってしまっていた。それでは「片輪外れ」だという意識は欠落していた。音楽はやるものでも聴くものでもあり、両方大事。やって、聴いて、またやっての繰り返しこそが音楽の本当の楽しみであり、学びでもある。また、やるとか聴くとか以上に感じるものであり、感じる以前に人を映すものである。

そんなわけで私が高田渡を知るのは、音楽大学を卒業して働きだしてからの話だった。音楽を聴くメディアもCDからネットにという変革を経つつあった。

生活の柄

友人との交流の中で素敵なミュージシャンをたくさん教えてもらうことがある。そんな中で高田渡を知った。手始めに…と触れたのが『生活の柄』だった。それももう何年も前のこと。最近ふとまた友人との交流の中で思い出すことがあって、改めて取り寄せて聴いている。

『ごあいさつ』より、37:49頃〜『生活の柄』

“秋からは浮浪者のままでは眠れない”
(『生活の柄』より、作詞:山之口貘、作曲:高田渡)

作詞は沖縄出身の詩人山之口貘。実際に友人の家を渡り歩いたり公園で寝たりしたことのある人らしい。

温暖な季節はそこらでへそ出して寝ていても死ぬことはなさそうだけど、寒さ厳しい冬季はそうはいかない。夏の終焉を肌で感じる季節になると、もし自分が路上生活者だったら「いよいよどうにかしなければ」という気になるだろうか。もしくは幾年をすでにくぐり抜けた上級者だったとしたら、「またか」と軽く思う程度だろうか。私が経験済みなのはせいぜい帰る家も着る服も食べるものも最低限ある状態で、酔っぱらって夜風にあたりながら外で寝ることの「雰囲気」を味わったことがある、という程度。

ほんとうに深刻な状況だったら、歌う(作詩する)こともままならないかもしれない。厳しい状況においても、自分を客観できるだろうか? 希望も絶望もしないで、切り離してそこに置くことができるだろうか。

アメリカンフォークと日本の詩の融合

アルバム『ごあいさつ』で高田渡は『生活の柄』と同じく山之口貘作詞の『年齢・歯車』(有馬敲と連名)、『鮪に鰯』『結婚』に曲をつけている。『年齢・歯車』で連名になっている有馬敲が作詞した『値上げ』にも曲をつけている。

音楽の形式はアメリカン・フォーク調。これに日本の詩を合わせて歌にするという創作手法。

自分よりひと世代(以上)前からある詩に着目して異質なもの(アメリカン・フォーク・スタイル)を合わせたところが革新的で、歌に時代を越えさせる強度をもたらしたのかもしれない。

思い出せば、私が音大生だったころに学んだ歌曲には、日本の近現代の詩に、西洋音楽の理論を備えた作家が曲をつけるという事例が多かった。

野宿 日常と非日常と普遍

野宿は、現在の私にとっては非日常。でも、それが日常である人もいる。私やあなたの日常と非日常は、いつ反転しないとも限らない。そこに普遍性がある気がしている。

青沼詩郎

『生活の柄』を収録した高田渡のアルバム『ごあいさつ』(1971)

 

ご笑覧ください 拙カバー

青沼詩郎Facebookより
“アメリカの民謡調の曲と日本の詩や演歌の融合で高田渡は今に残る多くの作品に独自の強さをもたらした。
『生活の柄』は1971年、キングから出た『ごあいさつ』収録。キングからはファーストだが実質『高田渡/五つの赤い風船』『汽車が田舎を通るそのとき』に続く3枚目のアルバム。
『生活の柄』の作詞(作詩)は山之口貘。沖縄出身者で高田渡よりも前の時代の人であり1963年に亡くなっている。厳しい生活の実体験を多く持つ人だといい、実際友人宅や公園で寝泊まりした経験があるそうでそれが『生活の柄』に現れているのかもしれない。それでいて暗くなく、悲嘆するでもなく、淡々としていて、高田渡の声と演奏になるとただそこにある自然物みたいにこちらが手を伸ばすことを拒まない。”

https://www.facebook.com/shiro.aonuma/posts/3522213294538986