∴bandshijin∵ カバーしたい歌

音楽とことばの生活路。

最新の投稿

続きを読む

稲垣潤一『クリスマスキャロルの頃には』 「離れる」をやって、見る。

主人公と相手の関係は、少なくともクリスマス当日前後の1日〜2日間、その「点」を境にどうこうなるものではない……そんなうっすらとした冷ややかさを、主人公は深まる冬を前にして、肌で感じているのかもしれません。“離れてみればわかるらしい” はいろんな意味で真理に思えます。「見る・試みる」二重の意味に聞こえるのです。
続きを読む

ハンバート ハンバート『どこにいてもおなじさ』の歌詞のグッとくるところ 〜君と生きる意思〜 

確かに、そういう、タフな人もいくらか世の中には存在しているかもしれません。でも、多くの人は、タフのほうにも、誰かに強く依存しなければ生きていくことさえままならないほどに弱々のほうにも振り切らない程度の、中くらいのところをふよふよしているのではないでしょうか。私自身がきっとそうであるように。その中で、最も弱々寄りに位置している自分が、この歌にすごく反応して、私は共感するのです。