HERO(ヒーローになる時、それは今)甲斐バンド 曲の名義、発表の概要

作詞・作曲:甲斐よしひろ。甲斐バンドのシングル(1978)。ベストアルバム『甲斐バンド・ストーリー』(1979)に収録。

甲斐バンド HERO(ヒーローになる時、それは今) 『甲斐バンド・ストーリー』(1979)収録を聴く

甲斐よしひろさんの公式サイトにこんな動画がリンクしてあるのに気づきました。

YouTube>PROMOTION KAISURF>【2024.4.6ツアースタート】10th Anniversary KAI YOSHIHIRO Billboard LIVE 2024go EAST, go WEST 

『吟遊詩人の唄』をライブ演奏しています。また、連続再生でこんな動画にも行き着きました。

破れたハートを売り物に(甲斐よしひろビルボードライブ2017)

甲斐さん、レフティプレイヤーだったのですね。それはさておき、ギターをかき鳴らして体全体、ステージ全体から声と音を生じさせるまっすぐなスタイルが印象的です。

それを踏まえてあらためて今回の主題の楽曲『HERO(ヒーローになる時、それは今)』を聴きますと、猛烈に沁みます。何かがこれまでと違うのです。

甲斐さんや甲斐バンドの曲を聴いたり、曲に親しむ・触れる機会はこれまでももちろんあったのですが、なぜか猛烈に込み上げるものがあります。

YouTubeに投稿されたライブ映像を観て、ミュージシャンの人生そのものに触れた気がしたのでしょうか。もちろん、たったひとつやふたつの動画にちょっとふれただけで感じ方に劇的な変化が訪れるなんてヘンかもしれません。そんなことってゲンキン(些細なことで態度が変わる浅ましさのようなもの)かもしれません。でも、映像と音の両方が伝えるものってやはりそれであるから達成できるものがあるんだなと思います。

『HERO(ヒーローになる時、それは今)』はプレーンなドラムスの基本パターンのイントロからはじまります。グリグリと衝突音の輪郭を感じるキックの明瞭な音が印象的です。

空にうかんで、色をくすませるどんよりとした雲のうしろから猛烈な光を放って漏れ出てくるみたいに、甲斐さんのボーカルが溢れて来ます。「しゃがれた」とか「かすれた」という形容も私の心底感じている形容を歪めてしまいます、そんなもんじゃない、もっと心の底にあるものがそのままこちらの心に接合してくるような近さを感じるのです、甲斐よしひろさんの歌声には。

人生はいつも 路上のカクテル・パーティ ひとつ踊れば 熱い思いも消えてゆく 今夜お前はヒロイン もう泣かないで 息がつまるほどに 愛の痛み感じてくれ 銀幕の中 痩っぽちの 俺たちが見えるだろう 今が過去になる前に 明日へ走り出そう

『HERO(ヒーローになる時、それは今)』より、作詞:甲斐よしひろ

外に出すと、自分の中は浄化されてしまいます。吐き出すと忘れることができる。悲しみは重いです。持ち続けることが苦しい。そういうものは、吐き出してしまえば自分の身から少しは離すことができるでしょう。

熱い想いはどうでしょう。自分が持っていると、自分まで熱いでしょうか。熱いことは悪いでしょうか。ずっと胸のうちが熱いままでいるのは、ちょっとおかしなことかもしれません。体に限界が来てしまうかもしれません。だからやっぱり、エネルギーは発散させることになります。ひとつ、またひとつと踊り、演目を吐き出していきます。

多様な人生が交雑するのを「路上のカクテル・パーティ」と表現します。まっすぐなまなざしでとらえ、まっすぐな言葉で吐き出す鏡のようなフレーズです。

踊らずにはいられないし、今、走るエネルギーがあるとき、今走るしかないのです。この身にそれを持ち続けることは、一種の害毒ですらあるかもしれません。ヴァース(メロ)でしんしんと言葉を頭上から降らせるように紡ぎ、この上なく実直なコーラス(サビ)で熱い想いを昇華します。

HERO ヒーローになる時、それは今

HERO 引き裂かれた夜に おまえを離しはしない

HERO 空はひびわれ

HERO 太陽は燃えつき

HERO 海は枯れ果てて 月は砕け散っても

『HERO(ヒーローになる時、それは今)』より、作詞:甲斐よしひろ

心象を観念的な言葉に変換していきます。観念的なのですが月や太陽や海や空はすべて具体物でもあります。心の中の劇的な運動、幾星霜にまたがる惑星の恒久な生命活動のような個人の心を鏡写しにする言葉が尊いです。個人の肉体を奮わせ、叫び上げます。尺度が惑星や宇宙のそれであっても、個人の肉体やさらにそれをつくる個別の組織や細胞であっても、「同じ」なんだなと思わせます。みんな「HERO」で出来ているのです。

青沼詩郎

参考Wikipedia>HERO(ヒーローになる時、それは今)

参考歌詞サイト 歌ネット>HERO(ヒーローになる時、それは今)

甲斐バンド ユニバーサルミュージックジャパンサイトへのリンク

甲斐よしひろ 公式サイトへのリンク

『HERO(ヒーローになる時、それは今)』を収録した『甲斐バンド・ストーリー』(1979)

ご寛容ください 拙演(YouTubeへのリンクShiro Aonuma @bandshijin『HERO(ヒーローになる時、それは今)(甲斐バンドの曲)ギター弾き語りとハーモニカ』)