映像

がむしゃら感すごいドラムスのオルタネイトストローク。ハーモニカを体を揺らして吹くちょいウェーブした髪のトータス松本が若若しいです。ちょっとスピッツ・草野マサムネとも似て見えますね。美男子です。ややうしろかたナメたカットの映像でアゴの下の細さが際立ちます。ドラムス・サンコンJr.はレギュラー・グリップ! 画面の色は情熱を映したライティング。照明・色彩で曲のホットさが表現できているように思います。おおきなハットをかぶったギタリスト・ウルフルケイスケが複数の弦を豊かに響かせたソロ・ギター。バックグラウンド・ボーカルしながら演奏するメンバーがそれぞれの個性。トータスに同調してアツく歌うサンコンJr.、朗らかに歌うウルフルケイスケ、ちょっとシャイそうに歌うジョンB。シンプル・イズ・リッチと思いたくなる映像。

YouTubeウルフルズチャンネル概要欄より、“このMVは99年発表の「ラブソング・ベスト Stupid & honest」に新録音で収録された時に制作された。”とのこと。

曲について

作詞・作曲:トータス松本、ウルフルケイスケ。ウルフルズのアルバム『爆発オンパレード』(1992)に収録。

雑感

高校生くらいの頃に初めて聴きました。元気! オラ感すごい! スリーコードで弾ける! テンション高い! そう思ってました。

3連音符の拍子。1拍を3分割しているので重みがあるビートなのですが、前に快調に進むエネルギーがあります。重みは情熱の質量!

“長いこと待った甲斐があった”という歌い出しが、このたった1ラインで、ふたりの物語の津々浦々を感じさせて秀逸です。

コードはとにかくシンプル!と思っていたのですが、その采配が見事です。

何がって、3つしかないコードですが、それらをうまく回して、どこにどれくらいの長さで・どんな順番でハメるかの妙によって、各小節のアタマにくるコードをうまいこと散らしているのです。

だから、たった3コードでもこんなにも音楽が豊か。これを感覚でやっていたらすごいですが、むしろ感覚だからこそやれる妙技な気もします。アタマで考えて思いつけるアイディアではないのでは……? もちろん、狙ってやったのかもわかりませんけれどね。

・Ⅳ|・Ⅰ|・Ⅴ|

↑これ、「やっとみつけたよ おまえいい女」のところの和音です。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、||で囲ったところの頭を太字にしているところがおわかりいただけますか。たった3コードなのに、小節のアタマにくるコードが循環(いつも変化)しているのです!くどいですけど何回もいいます、感動したから。

太字だけ(各小節のアタマの和音だけ)見ていくと Ⅰ → Ⅴ → Ⅳ → Ⅰ というおおまかな流れがみえてきますね。Ⅴ→Ⅳという、逆行っぽい進行がみえてきます。古典音楽ではやらない、ポップスの語彙です。

スロットがまわって、フェイスがめくるめく変化していくかのようなコード進行。ウルフルズはDメージャーキーでパフォーマンスしています。

私がオリジナルだと思って聴いていた版は1999年の新録版でした。彼らのファーストアルバム『爆発オンパレード』収録の最初の『いい女』はもっと滾っていてテンポが速い! コードもすこし回し方がちがうのと、歌がないところの楽器の采配なども違いますね。はみ出し感がすごいです。

青沼詩郎

『いい女』を収録したウルフルズのファースト・アルバム『爆発オンパレード』(1992)

『いい女 (1999 New Recording)』を収録したウルフルズのアルバム『ベストだぜ!!』(2001)

ご笑覧ください 拙演