京都音楽博覧会の見逃し配信が本日23:59まで。昨日は前半、岸田繁楽団とゲストパートの視聴メモを書いた。本日は後編、くるりライブ。

愉快なピーナッツ

4拍目のウラからはじまる。これがとれなくて(カウント)できなくて狂ったように分析したことがある。今回音博で久しぶりに聴いたらまたカウントがとれなくて、リズムを書き出して夢中で分析してしまった。やっぱり4拍目ウラからはじまるアウフタクトだった。サビでオルガン。サビ後の間のピアノのコードの白玉(長い音符)が美しい。佐藤征史のコーラスボーカルが落ち着いたサビで調和。のちの、熱が上がる感想の一瞬。松本大樹の歪んだギター。ぐわっとやって、また平熱に。BOBOのライドシンバルの8ビートが曲をぐんぐん前に。後奏もピアノの白玉がきれい。

さよならリグレット

美しいピアノのテンションある和音ではじまる。メロ折り返しのシックスティーンのピアノも流麗でウットリ。間奏も飛び交う鳥のようにピアノが転げ、滑空する。ファンファンの楽器が非トランペット。フリューゲルホルンか? たびたびやってくる間奏のピアノ。岸田繁のアコギと松本大樹のアルペジオのエレクトリックの組み合わせ。ファンファンの管楽器の音はまろみがあってマイルド。

京都の大学生

これまたうっとりする雰囲気たっぷりの、夜の街のネオンのピントがぼけたみたいなきれいなピアノではじまる。ファンファンはトランペットを持って吹いた。岸田繁は楽器を置いてマイクを握った。「どこいかはんにゃろうか」おくにことばが歌詞に入るとなんて鮮烈なんだろう。私、一生かかっても「どこいかはんにゃろうか」を使う(使いこなす)日が来ない気がする。歌詞で登場人物と舞台背景が情報多く語られる曲だと思う。歌詞の抽象度が普遍性を帯びる名曲も多いくるり。そのレパートリーの中でこの曲は映える。いや、今回の編成、メンバーの仕上がり、演奏の良さがそれを特に際立たせたのかもしれない。今回のセットリストにおいて特に私の目を引いた。この曲の存在感、認知度が私の中で高まった。トランペット、ピアノがもう雰囲気たっぷりで。ここはどこ? 京都? 異国? 地元のバーか? そんな気持ちになる。トリップして非日常を魅せてくれる曲。

Liberty&Gravity

7月のLIVEWIREでも非常にカッコ良かった。『京都の大学生』の歌詞の情報量(…というか単に特性・特質)から打って変わって、こちらは音楽的に情報量が多い。転々と場面がクロスフェードする珍奇な佳曲。それでいてまっすぐでさわやかなポップ・ロックチューンらしさも見せる(歌が「おーまーいそ〜」となるあたり)。かと思えばラップ調になり…この曲の珍奇さを演出するピースのひとつが岸田繁が演奏するエレキ・シタール。エンディング付近のファンファンの有機的なトランペットと松本大樹のユニゾン絡みは私が最も高く評価しているポイントのひとつで前回のLIVEWIREのときにも目を見張った。

益荒男さん

新曲。ひっかかりのある歌詞がつぎつぎに飛び出す。ファンファンがトランペットのミュートを用いてコミカルな音を出す。終演後のオンライン打ち上げ「ツドイ」でファンファンは「吉本(新喜劇)くらいでしかあまり使わない(シロモノ)」と語った。異彩、存在感を放つ音。じゃがじゃがっとギターのストロークでフィニッシュ。へんてこでカッコいい新曲。今後の音源発表を期待。

潮風のアリア

また美しい曲、そして初めて聴く。こちらも新曲。ゆったりとした曲調が先の『益荒男さん』の珍奇グルーヴからの流れで映える。松本大樹のギターは浪漫。「アリア」は旋律的な独唱曲を意味する。「潮風」のアリア。その意味を思考してみる。美しい曲をききながら。サビの歌詞「あなたは あまたのかげをおいこしてゆくだろう ほしはながれて」(聴き取れたまま。作詞はおそらく岸田繁だろう)ほか、美しい言葉が胸に沿ってやさしい。ファンファンはフリューゲルホルンを演奏。柔らかい。「潮風」を演じているようにも思う。ロングトーンの息づかい、ダイナミクスの変化が美しい。

久しぶりに聴いた。イントロで期待感が高まる。懐かしさを感じる。ファンファンのフリューゲルホルンや野崎泰弘のピアノが新鮮に響く。佐藤征史の上ハモリが気持ちいい。岸田繁は頻繁にギターを持ち替え。レスポールを使用している。甘く広がりとコシのあるトーン。松本大樹のそれとも調和する。伴奏を止めてボーカルソロが映える。後半の松本大樹ソロ。彼の技術はヘヴィメタを通っていると聞く。幅広い音楽を取り入れて消火(昇華)し表現を生むくるりと松本大樹の相性の良さが妙にうなずける。

鍋の中のつみれ

今回のセットリストで特に私が見直した曲のひとつ。4月に配信、5月にCDリリースした『thaw』収録曲。CDブックレットのクジットによるとこの曲は2009年の作。音源では世武裕子がピアノを弾いている。『心のなかの悪魔』と近い時期の曲か。ここでは野崎泰弘のピアノが聴ける。渋い魅力。歌詞の内容が、今を生きるくるりや私、くるりや私の生きる社会のいろいろを映しているように聴こえるのだ。「白い宇宙 冷凍庫の中で眠る僕」「新しい命は産まれ アミノ酸にじませて 笑顔たちが遠くても 僕はひとりぼっち」(くるり『鍋の中のつみれ』から引用。作詞・岸田繁)。ステイ・ホームで動きを止めた私に、「冷凍庫の中で眠る僕」が重なる。でも、家の中で私は何かしている。活動を止めたわけじゃない。そこでできることをやっている。「アミノ酸にじませて」、何かをやっている。「笑顔たちが遠くても」。引きこもって、誰とも会わなくても。「僕はひとりぼっち」。別に今に限ったことじゃない。いつでもひとりぼっちだった。今までも、これからも。鍋(社会。地域。集団。家…あるいは?)の中で、ほかのもの(物。者。鍋の具…)たちと一緒に、混沌としながら。今回のセットリストで最大の賛辞をおくりたい。大好きになった。曲の最後の音を止めて、笑顔で舌を出す岸田繁。アンサンブルで何かあったのかな? 気付かなかったけど。

太陽のブルース

『鍋の中のつみれ』から、浄化作用があるような、救われるような曲順。スリーピース編成。テレキャスターギターでハーモニックなソロを弾く岸田繁。スリーピース時のギターソロは音の厚みを保つことに気を遣うのが私のミュージシャン目線。良かった。

私の地元のターミナル駅

トレイン・ロック・フェスティバル

嬉しい曲が聴けたと思う。今日のこの3人でこれが聴けるとは。ロッンロールギターの味付けが原曲の音源とはちょっと違って勢いがあって楽しい。ギターソロ、ず太いエフェクトを効かせた! ファズかな? かっこいい。パワー感を保ってる。BOBOの気合いを感じるドラムス。

東京

岸田繁の背影。正面から照明の逆光。しずけさの余韻たっぷりに寄るカメラ。ファン垂涎の名曲か。イヤ、私も嬉しい。黄金色のレスポールギターに持ち替えた。太いハムバッカーサウンド。ピックアップはセンター。サビ前で「バツ」っとブレイク(音を止める)する。ちょうど私は最近、妻と「サビ前のブレイクについて」談義で盛り上がった。そのときに思い出して曲をかけて盛り上がったのがこの『東京』。ハイポジションを交えたギターストロークリフ、このカッティングを私はさんざん真似した。全国のバンド子女たちが一体何人真似したことか。青春である。「上京してきて井の頭公園のトイレで寝た」という岸田繁の話をいつかどこかで聞いた。トイレが「寝心地よかった」とも(出典不明…すみません。私の妄言かも)。レスポールのサウンドはこの曲で重要。複数の弦を鳴らしながらのチョーキングなどかっこいい。BOBO&佐藤征史のエンディングのコーラスボーカルが胸熱。ユニゾンが揃っていてまっすぐ。BOBOさん歌える!

ロックンロール

再びフルの6人編成に。7月のLIVEWIREでも抜群にかっこ良かった。メンバー構成も全く一緒なのに、前回と違ったタップリめなグルーヴを感じる。コーラスボーカルに加わる鍵盤の野崎泰弘が映る。ここでも松本大樹のソロが見もの。ずっと聴いていたい。半音でずりあがるベースフレーズを合図に(?)シメ。シックスティーンでタンバリンを振り叩き続けるファンファンも気合いなのではないか。

怒りのぶるうす

『ベスト オブ くるり / TOWER OF MUSIC LOVER』初回限定ディスク3でおなじみだったこの曲は4月に『thaw』に収録された。『ロックンロール』からのこのモッタリ粘っこいブルースロックがメリハリを出す。激高して何言ってるかわからんような畳み掛けるボーカルと激しいオルタネイトギターストロークを演じる岸田繁。そのままサスティンの強いエレキギターの浮遊した後奏。向こう側の景色を見せられて終わる感じ。

Tokyo OP

ライブでこの曲が聴けるとは。ギターの変則チューニングのエチュード(練習)として生まれたフレーズをきっかけに別の構想を足してできた曲だとインタビューhttps://mikiki.tokyo.jp/articles/-/19158?page=2で読んだ。最初収録するつもりがなかった12枚目のアルバム『ソングライン』の当初の構成にこの曲を足してアルバムが12曲の構成になったんだとか。運指に釘付けになる。トランペットのストップ・アンド・ゴーなリズムがかっこいい。32のギターストローク。シンセのチープな音が怪しい。岸田繁のエレクトリック・ギターもときおりギターシンセのような珍妙な音を出す。ボトルネックも交えて。突然現れる教会音楽風から、狂ったような調子の変移。ベースもグルーヴを支えつつ随所でユニゾン。岸田繁と松本大樹の2本のギターの息もピッタリ。バツっとカットアウトで暗転。きまった。かっこいい。

ブレーメン

ファンファン、佐藤征史、岸田繁の3人に。アコースティック・ギターを持った岸田繁。前半に岸田繁楽団とゲスト・シンガー小山田壮平で聴いた曲がまさかの再登場。一連のステージで同一の曲の異アレンジが聴ける機会はそう多くない。選曲の意図、構成にあたっての考えに興味が湧いた。このまま河原で3人でやっていてもいい。大所帯のオケとホールやったこともあるであろう。曲の懐の深さを思う。岸田繁のまなざしはまっすぐで真剣。オケとやろうとも、3人でやろうとも。今日のような楽団やゲストとやろうとも。「この曲にはこのアレンジだろう」という曲も世にはあると思うけど、さまざまな局面で新しい解釈を生むのもまた名曲の要素。

キャメル

イントロが印象的。曲中、このフレーズが帰ってくることはない。ファンファンのくるりへの加入時期に近い頃の曲だったかと記憶している。映画の主題歌でもあったと。強拍のストロークがほんのりスウィングを帯びる。そのやんわりとしたハネの中でのフラットでイーブンなエイト・ビートがスパイスになる。かわいらしいタンバリンと持ち替えるファンファン。エンディングで3人でコーラス。イントロのみのモチーフ、エンディングのみのモチーフに挟まれた曲。いい。非常に面白い。こういう構成もあるのか。私はくるりから学んでいる。

宿はなし

暗転を経て。優しいギターのストローク。音博のラストといえばこの曲、と。音博「配心」予告ムービーにもこの曲が使われた。歌い出しもやわらかい。ファンファンのトランペットが夕焼けを想起させる。エンドロールの字幕がせり上がって重なる。最後にメンバー3人でのシメ。7月のLIVEWIREでもこの編成で終わり3曲を聴いた。引き算のすばらしいアンサンブルに感動。

笑顔とポーズを決めた6人の写真でフィニッシュ。ああ。よかった。梅小路公園に思いを馳せる。

青沼詩郎

くるり オフィシャルサイトへ

京都音楽博覧会Twitter
https://twitter.com/kyotoonpaku