2010年からbandshijinというソロユニット名をつかって私は音楽活動をしている。だから2020年は10周イヤーなのだ。ひとり「ああそうか」くらいに思う。それだけだ。テン・イヤーズ・アニバーサリィ・全国ツアーをやろうか。記念にベスト盤でも出そうか。そのいずれも妄想のまま2020年もあと4か月を切っている。

過去につくったアルバムを配信しようと思って昨日は作業をした。今年の2月にもCDRで発表済の『TORCH』という6曲入りのEPの配信作業をしたからそれ以来だった。こういう事務作業はチマチマしてつまらない。でも決して間違いがあってはならない。そのまま配信されてしまうからだ。厳しくチェックを重ねてくれる共同作業者もいない。ひとりレコード会社だから。ひとりじゃぁ「会社」じゃないか。だれとも会うことも集まることもないし、社屋もない…と言って気付く。この頃は、そんな会社でいっぱいじゃないか? 誰とも会わないし、とくに社のビルに日常的に集うこともない。そういうスタイルの会社、いくらでもあるんじゃないか。レコード会社がそうかどうかは知らない。私は愛好家だから。音楽を仕事にするとかしないとかそれ以前の次元でずっとやってきた。

私のひとり音楽ユニット、bandshijinがテンイヤーズアニバーサリィだとかいう割には、まともに音楽を聴くようになったのはこのブログを始めて以降だと最近頻繁に強く思う。

じぶんの過去のアルバムを、配信のためにアップロードするファイル形式に変換した音楽データにおかしいところがないか、また歌詞の入稿もミスがあってはならないので間違いがないか、入念にチェックしながら、送信する音源を聴きながら作業をした。

自分が一度「Go」と判断して、会場手売りで発表したアルバム。それにしたって、やっぱりぶさいくで、許せないところがいっぱいあるのだ。でも、それを改めてそのまま配信することにした。それでいい。

いまの自分だったら、このことばづかいで歌詞を書きはしないだろうという点がたくさんみつかる。それだけ私が変化したのだろう。それはたとえばサウンドでもそうだ。こういう音にはしなかったというところがたくさんある。それを聴くに、うわぁ嫌だなぁと思う。けれど、直そうとは思わない。その頃の自分の揺るがぬ記録だから。これは、職務でもなんでもなく自分の表現としてやってきたから。もしこれが「商品」だったら? レコード会社の社員を、バンドに関わってくれるミュージシャンを、ライブハウスの人を、流通にかかわるあらゆる人を食いつながせる、その利益を生み出すための商品だったら? そんなものは実現しなかったのではないか。…いや、案外そこまで違うものになってはいないのかもしれないが。それは今の私にはわからない。

こんど配信しようと思って作業した私の作品のタイトルは『奏詩曲集』。そのなかから一曲、YouTubeにあがっているのを貼っておく。

ブログを書くために、音楽をよく聴くようになった。記事を書くためにそれをする。けれど、それは実はじぶんが新しい音楽を書くヒントにするためでもある。そうして、少しでも個性的な音楽との出会いをかさねようとしている。ずっとこのままでいいとも思わない。でも今はそれでいい。

昨日は南佳孝の『スローなブギにしてくれ(I want you)』が素敵だと思った。これを斉藤和義がカバーしていた。私はそっちを先に知った。『紅盤』に入っている。南佳孝の原曲はシングル、アルバム『SILKSCREEN』(1981)に収録。ドアタマの長3度をかさねたオーギュメントが必殺。”I Want You”。ブルーノートをつかったメロディが最高。昨日は『SILKSCREEN』をかけながら食事した。いつも家族を巻き添えにしている。

青沼詩郎

『スローなブギにしてくれ(I want you)』収録アルバム
『スローなブギにしてくれ(I want you)』が入った斉藤和義のコンセプト・アルバム