映像

MV

上下に流れる画面。ぴょんぴょんと跳躍する3人。帽子をかぶったり膝丈のパンツを履いたりとカジュアルな軽装です。ここはどこなのか、左右のふたつのスクリーンにはさまれた通路のような場所。ミラーボールがまわっているのか、光のつぶがぐるぐると。公園遊具のような、天体を映し出すプラネタリウム専用の映写機のような球状の格子のようなものが中心でまわるカットがクロスします。3人がペンのようなものを空中に浮かべては再びつまみあげるカット。メンバーの顔がわかる寄ったカットなどもクロス。公園遊具のようなものの上半分に寄った構図がまたクロス。3人がぴょんぴょんする映像は終始コピー&ペースト、延々とくりかえされます。気持ちもふわつく不思議映像。

ライブ

Tokyo No.1 Soulsetと

ゆっくりとしたギターのストロークとともに「ナイトクルージング」。高い声の咆哮でバンドがはじまります。バンドメンバーが「らーらーららら……」と歌い、それはやがてシンガロングへ。時間をたっぷりとかけた長い導入。佐藤伸治ボーカルによる歌詞が入るまえにラップボーカルが入ります。オリジナルのラインでしょうか。そののちにようやくオリジナルのラインが聴けます。キレの短いストリングスシンセのようなトーンが原曲のギターリフを奏でます。それはバトンが渡るようにギターにタッチ(ファ♯シラド♯ーシラシ……というリフです)。オレンジ色のシャツ、キャップのいでたちの佐藤伸治。非常に高い声を恍惚とした表情で響かせます。佐藤伸治のパートののち、またラップ・ボーカルのオリジナル・ライン。カメラが寄ったり引いたり、フレームレートが荒くなったりピントがぼけたりするような画面の演出で動きと臨場感を出します。体を伏せこごめるようなキーボディストがピンピンとしたトーンでリフを奏で……息が止まってしまうかのようなブレイクののち、息を吹き返します。しばし、もうひとまわし……ののちに、エレキギターの主和音でかきまわしてフィニッシュ。

1997年6月7日、日比谷野外音楽堂。『闘魂’97』は公演名か。共演のパートナーはTokyo No.1 Soulsetだったようです。

’98 赤坂BLITZ

ギターのアルペジオのイントロが長くつづきます。らーらーららら……とよりどころないハイトーン。ゆっくりゆっくりと展開するステージ。時間をかけてようやくメンバーの姿がみえてきます。その場にいるのかいないのかも判然としないような画面が長くつづきます。揺れたり跳んだりする観客の頭が画面手前で上下します。「窓はあけておくんだよ」と高い声を出すボーカリストの様子に横からせまる画面。スポットライトが太陽のようにこちらに強い光をはなちます。ほかになにもわからない。青い光がメンバーのシルエットを幻想的に浮かばせます。スタジアムのような大きい空間を思わせるふわふわとした音響。1998年12月28日の赤坂BLITZでの様子のようです。

曲について

Fishmansのシングル(1995)、アルバム『空中キャンプ』(1996)に収録。作詞・作曲:佐藤伸治。

『ナイトクルージング』を聴く

チリチリというアナログノイズ。「ナイトクルージング」とボーカルの発声。「Ah」とハイトーンボイス×2、ディレイでこだま。「Up&Down」「Fi Fi Fi…」とフェイク。クリーントーンのギターがアルペジオでリフレイン。トレモロでゆらめくストロークギター。ピアノも1拍目以下にポーンと静かに音数すくなにストローク。ベースは発音の長さと休符の長さのバランスがミソ。ひょっとしたら発音時間の方が短く休符時間のほうが長いのでは。後半に左側に怪しげなガバガバとわななくギターのようなサウンドが入ってきて低めの音域にはりつきます。右側にボーカル「窓はあけておくんだ」「いい声きこえそうさ」。イントロ付近で聴いたようなボーカルの「Ah」がときにこだま。エンディング付近、いつのまにかなり出していたピアノのリフレインが存在感を強めます。残響や音量も徐々に上がって感じられるのは私の気のせいもあるのかどうなのか。やがてドラムスがOFF。ベースもやがて抜け、ウワモノだけに。ベーシックなギターのリフが落ち、最後は左側でわななく怪しいギター、ピアノのみになり、左側のノイズギターが長めに残りアナログノイズが孤独に残される。

終始、反復するギターリフ。旋律でアルペジオで曲のベーシックリズム。
3:37あたりからあらわれるピアノリフ。上行する動きのある1小節目、たじろぐ端境の2小節目、緩慢な3・4小節目。5〜8小節目と1〜4小節目は対。冒頭の小節以降がやや変化。

歌詞

“だれのためでもなくて 暮らしてきたはずなのに 大事なこともあるさ あー天からの贈り物”(Fishmans『ナイトクルージング』より、作詞:佐藤伸治)

自分のいいように生きること。私が大事にしていることです。佐藤伸治やフィッシュマンズメンバーもそうしてきたのでは。この曲が描く主人公も。そうしてここまで来たはず。それなのに、どういったわけか、他人を重んじて生きる自分もいる。1人では生きられないから当たり前といえばそう。他人を重んじることが、自分の存命や生活の質の保持につながるから。だから、誰かを重んじることは、結局まわりまわって自分を重んじることなのです。

誰かを愛しもするし、大事に思う人があらわれもする。そんな予定なんてなくても、そうなっちゃうことがある。それは奇跡だし、喜ばしい。自分以外の人やものごとを、自分のことのように思える。それこそが生きがいな気もする。つまり、自分ごとに「他人ごと」が含まれるようになったとき、この歌詞が描くみたいに、だれのためでもなくて 暮らしてきたはずなのに 大事なこともあるさ あー天からの贈り物って、ほんとうに心から思えるんじゃないかな。この歌詞のラインがうたわれるほんの刹那、ほんの一瞬にそんなエモーションが私に込み上げるのです。グっと来る1行。どう言い表せばいいのかわからない感情を射抜いた。閉ざされた空間でひとり膝を抱えている私も救われる。そんな錯覚がしてしまう。優しくて、自由で、尊厳ある、もろく切ない言葉でもある。

感想

ふわっふわに浮いたサウンドに精度高く心を射抜く言葉がゆらめく。残響づけ。佐藤伸治の声の高さ、質、キャラクター。余白を活かし、余白に生かされたようなベース。漂流して蒸発してしまいそうなすべてのパートを、大きな海にかろうじてつなぎとめるブイはドラムス。タイトでくっきりした輪郭でリズムを、旋律を、言葉を心の真ん中につなぎとめます。

主観で聴いて主観でこれを書いている。フィッシュマンズ、大好きなのです。我を忘れて、我になれる。そんなひとときを、フィッシュマンズの音楽が流れる間だけは漂っていられるのです。

青沼詩郎

フィッシュマンズ 公式サイトへのリンク

『ナイトクルージング』を収録したFishmansのアルバム『空中キャンプ』(1996)

ご笑覧ください 拙演