最近私は高田渡を味わって、それから西岡恭蔵の『プカプカ』を聴きもした。関西あたりで起きたフォークミュージックの盛り上がりもあったことなどが見えてくる。

関西フォークとは違う流れかもしれないけれど、1970年代フォークの文脈でネットを泳いでいて出会ったのが泉谷しげる『春夏秋冬』。

泉谷しげるというと、「怒り親父」的なテレビタレントとしてのキャラクターを私はまず思い浮かべる。その頭でいたから、嘆き、つぶやくみたいな平静な歌い方が意外だった。

これまでの私の中の泉谷像に近いのはこちら。

ギターをジャカジャカとかき鳴らし「ィエーーーーーー」と歌う。

歌詞

歌詞に引き込まれた。

“季節のない街に生まれ 風のない丘に育ち 夢のない家を出て 愛のない人に会う”(『春夏秋冬』より、作詞・作曲:泉谷しげる)

「季節のない街に生まれ」>都市のことなのか。私の生まれ育った街は都心へのアクセスにほどほどに便利なベッドタウンだった。だから、都心でも田舎でもないんだけれど季節感に溢れる風景の中で育ったのとも違う。そんなことから、このワンフレーズから感じるものは多い。「風のない丘に育ち」にも似たことを思う。そもそも、平野部の街に私はいたから「丘」もあまりない。私のバックグラウンドに照らしていうならば、「風」といえは「ビル風」なのである。「風」は「季節の便り」の象徴でもあると思う。都市にいると、それは届きにくい。人々の経済活動の情報がどんなに届きやすくとも、そこには「風」は届かない。

そういう経済活動の都合で結ばれた人々の輪の中で生活していることを思うと、「愛のない人に会う」もそれに沿った表現だと思える。集団でいても、孤独なのだ。それは都市でなく、自然の中にいたとしてもそうかもしれない。

順番が前後したけれど、そういう経済活動の都合のために選ばれた土地に住んでいる家庭で生まれ育つことを思うと、「夢のない家を出て」というのもわかる気がする。これには、ある程度「田舎」で育って、都会に憧れて上京していく人もうなずくかもしない。その場合は私の思っているニュアンスと少し違うかもしれないが、本質は結局一緒な気もする。

そんなヒラウタを唱えてから、サビで

“今日で全てが終わるさ 今日で全てが変わる 今日で全てが報われる 今日で全てが始まるさ”(『春夏秋冬』より、作詞・作曲:泉谷しげる)

と歌われる。これは抽象度のある表現で、どんな生き方をしてきた人も括り、含み、認めるような表現でもある。

「今日」は一瞬であると同時に、これまでの全てを含んでもいるし、「これからの全て」の始点でもある。

この歌のこういうところが、すごくいいなと私は思った。

「怒り親父」的なこれまでの泉谷しげる像は一転し、静かなる風と詩の人に変わった。当時から、その奥に熱を秘めていたのかもしれない。

青沼詩郎

チャボ氏と。

泉谷しげる『春夏秋冬』(1972)

ご笑覧ください 拙カバー

青沼詩郎Facebookより
“泉谷しげる『春夏秋冬』。1972年の同名のアルバム収録。以後、カバーやセルフカバーも多い彼の代表曲か。
「__のない__」という型の歌詞のメロと「今日ですべてが__」という型の歌詞のサビが印象的。両者が対になっていて、この構成の間にもまた別の歌詞が入る。淡々とつらねた独白のようでもあるし、自己から漏れ出た二人称への投げかけでもある。
「今日」はこれまでを括る特別な区切りであるとともに、特別視するにはあまりに平凡な一瞬の積み重ねのようにも思う。
私の中で「吠えるオッサン」キャラのタレントとしての泉谷しげる像は覆った。詩と平静な歌い方が魅力。”

https://www.facebook.com/shiro.aonuma/posts/3536791766414472