宝くじを買った話

宝くじを買ったことがある。人生で1回、それも1枚だけだ。当てる意志は薄弱。外れくじを引く自分を小馬鹿にする感覚で買った。1枚300円。10枚買うと絶対1枚当たる(300円相当)と聞いた。1枚買って、運が向いて1万円くらい当たっちゃったら愉快だなと思った。

ジョークのつもりで買ったが、なんのジョークにもなっていないと思い直す。18か19か20歳くらいの時だったか。

私が買った1枚きりの宝くじは外れた。多数派だ。結果を待つドキドキに価値を感じた記憶もない。300円で1枚買っただけじゃ、そんな程度のものか。100枚くらい買ったらドキドキは増したんだろうか。改めて試す予定はない。

バンドをやってる友達が教えてくれた野外動画

バンドをやっている友達がいる。ずっと前に彼と飲んだ。そのときに、こんな動画があると教えてくれた。

君が僕を知ってる』だ。忌野清志郎と仲井戸麗市。野っ原でやっている。高原? どこだろう。

これに似た…というか同じ機会にやったであろういくつもの曲の演奏が同じようにYouTubeに散見。エンドロール?が入っているものもあって「テレビ愛知」とある。いつの放送だろう。ありがたい映像だと思う。

演奏された曲のなかに『宝くじは買わない』もあった。

動画概要欄に「1994年、北海道旭川の牧場にて」とある。映像の冒頭には「提供 角川書店」。

宝くじは買わない

RCサクセションのデビューシングル(1970年)。とってもシンプルな曲なんだけど、コード進行の細かいところに、私個人の手癖にない動きを感じる。

歌メロディはほぼペンタトニック。Cメージャー調で、ファとシを抜かしたヨナ(4・7)抜き音階。

歌詞がいい。「お金で買えないものがある」じゃなく、「お金で買えないものをもらったんだ」。恋が、それにあたるのだろうか。作詞:忌野清志郎 、作曲:肝沢幅一。後者は前者の変名。どうして分けたんだろう。ジョークのつもりだろうか。

青沼詩郎

忌野清志郎 公式サイト 地味変

https://www.kiyoshiro.co.jp/

『宝くじは買わない』を収録したRCサクセションの『KING OF BEST』

ご笑覧ください 拙カバー

青沼詩郎Facebookより
“バンドをやっている友達とずっと前に飲んでいるときに、こんな動画があるとおしえてもらったのが、忌野清志郎と仲井戸麗市が野っ原みたいなところで『君が僕を知ってる』を演奏しているものだった。
同じ機会に演奏した曲がほかにも公開されている。その中に『宝くじは買わない』もある。1970年、RCサクセションのデビューシングル曲。ペンタトニックの歌メロとシンプルなコードなんだけれど、意外と私の手癖にないコードの進み方をする部分があって面白い。
仮に「お金で買えないものがある」と表現すれば、綺麗事くささを感じなくもない。でもこの曲では「お金で買えないものをもらったんだ」と歌フレーズを結んでいる。似ているようで全然違う(後者が良いなぁと思う)。
英題が’CAUSE I’M FALLIN’ IN LOVEとされているよう。「宝くじを買わない理由」を英題が答えているみたい。恋をしている事実はきっと、宝くじを買わない理由のひとつでしかないんだろう。恋の事実がないならないで、買わない理由はほかにもあるんじゃないか。それとも、恋をしていなかったら買うんだろうか? 恋が満たすものがあるとして、それをお金が満たすとは思えない。
宝くじを買う人だって、ほんとはお金が欲しいんじゃなくて幸せがほしくて買うんじゃないの? 好きにしたらいいんだけどさ。”