ゆず『嗚呼、青春の日々』

サウンドリスニングメモ

イントロのキメ。エレクトリック・ギター&ベース、アコースティック・ギター、ドラムスのフロアタム&スネア。シンプルだけど強烈に印象を残す。岩沢厚治のハーモニカがここぞとばかり響く。

オルガンがさりげなく主要なサウンドのうしろに。白の画用紙に塗る白の絵の具のような存在。ピアノやリードギターの合いの手(オブリガード)も入る。ストリングスも入って歌の規模感を広げている。

ギターは両側にダブってあるけど演じ分けられていてオブリガードは主に左トラック寄り。ピアノのオブリガードは右トラック寄りで左右のバランスを取っている。1、2回目のサビ前や2度目のBメロ前などのギターのグリッサンドは両側から聴こえて臨場感と高揚を煽る。

後奏のハーモニカとボーカルフェイクが重なるところが華。エンディングでイントロのキメの再現があるがピアノも加わってより余韻に厚み。音を止めた瞬間にそれがよく分かる。

2度目のBメロ前はエレキ勢とドラムを削ぎ、アコギとピアノとストリングス主の編成で構成に清涼感。

ドラムスがタムやシンバルで定位を出して派手さを演出していて気持ちいい。ベース&エレキギターはドライな音作りがロック。歌の内容や原初のゆずの持つフォークスタイルのアプローチを捨てた訳じゃなく、融合が図られていてむしろ魅力がブーストしてジンと来る。

歌の内容から思うこと

1通の手紙のような曲。亡くなった友人に宛てたメッセージが込められているのか。その宛先の人と自分に共通するたくさんの友人・知人一同と連名で故人に宛てた友愛の歌であるようにも思う。

そのコミュニティの誰もが「わかる」、うなずける内容で限定的な時事・近況を枕に離れたところにいるその人に思いを伝えている。

いずれは誰もが行くことになる「そちら側」。今だけは、束の間かもしれないが、そこには川の流れのような隔たりがある。あるいは、「あちら側」に行くと、存在はその川の流れの一部になるのかもしれない。「こちら側」というのはつまり岸の上ということになる。私はそこから川を眺めている。ゆずの2人も、この歌を聴いたり歌ったりできるあらゆる人がその岸から「川」を眺めている。

結びに 今はまだ、道半ば

歌の内容が目立つからあえてサウンドに注視してみた。当時のゆずの挑戦、それも「それまでの自分たち」を認めた上で新しい1歩を踏み出そうとしているかのような姿勢が、歌の内容と呼応して感じられた。

確かに、故人に宛てた手紙のような曲かもしれない。「故人」という存在には、「それまでのゆず」という存在が重なる。あるいは北川悠仁・岩沢厚治各個人の過去かもしれない。この曲『嗚呼、青春の日々』でそれをひとまず区切り、足跡を残した。“俺もそのうち行くけどさ”(ゆず『嗚呼、青春の日々』より、作詞・作曲:北川悠仁)とも言っている。今はまだ、道半ばなのだ。

青沼詩郎

ゆず 公式サイトへのリンク

余談

ジャケットイラスト

『嗚呼、青春の日々』シングル。本宮ひろ志の描いたジャケットイラストの強い印象。ゆずの2人の似顔絵。スーツを着て、ネクタイを締めている。口を開いて笑っているような希望のある表情。

1拍3連のリズム

1拍を2つに分けるエイトビートの曲は多い。それに対して、1拍を3つに分けると、「歌詞を詰め込みたいところにはたくさん詰め込める」し、「長く伸ばした音はよりたっぷり伸ばしている錯覚が得られる」のではないか。

1拍を2つに分けると、2つの音符の「長さ」はイーブン(5分5分)。カタカナであらわすと「タタ」。

1拍を3つに分けても、もちろん3つの音符の長さは均等(3割3分3厘以下略×3)。カタカナであらわすと「タタタ」。でもこちらは、前のふたつを結合して「タータ」とするか、うしろのふたつを結合して「タター」とするかで、音の「長さ」に「強さ・弱さ」の関係が生まれる。これによって、フレージングに波が生まれる。1拍を2つに分けたときよりも、その「うねり感」は強いものになる。

ゆず 嗚呼、青春の日々 横浜の公演?

ゆず『嗚呼、青春の日々』を収録した『トビラ』(2000)

ご笑覧ください 拙カバー

青沼詩郎Facebookより
“ゆず『嗚呼、青春の日々』(2000年)。リリース時、私は中学生。まさしく青春の日々の只中。ギターをはじめたのも中学生になるときだった。ゆずのコピーを仲間とやった。
岩沢厚治メインボーカルの曲は声域がまるで合わなくて歌えなかった。北川悠仁メインボーカルの曲はかろうじていけるものもあった。私はとにかく歌が下手で声域も狭いというコンプレックスがあった。ハーモニカも当時は弾きながら吹けなかった。弾き語りしながらのハーモニカを身につけたのは大人になってから。青春の日々に聴いて真似した先人のスタイルに回帰した現在の私…(いや、元々どこにも行ってはいないが…思い出の曲を思うと独り言?が多くなる)。
亡くなった人に宛てた手紙のような曲。実際そんなようなものらしい。もう決して会えなくなったときに初めて素直になれる…そんなことを思わせる。
聴くだけじゃなくて歌ってみるとなお良かった。「手紙メソッド」のお手本のような作。”

https://www.facebook.com/shiro.aonuma/posts/3513528015407514