映像 オーケストラ・アンサンブル・金沢と共演

オーボエソロのイントロ。ストリングスがダウンビート。「Oh~~~」のメロディ、「Carry on Carry out」など、曲中の諸モチーフを諸パートが奏でるアレンジ。カットが入ってクロスで歌パート(フルコーラス聴きたかった!)。KANさんがグランドピアノの弾き語りでオケとコラボ。翼のようなものが背中についた衣装です。例のイントロのモチーフをフルオケと一緒に奏でる壮麗さ。ドラムスが映りますがアクリルボードのような遮音壁を使用しているようですね。大きな編成でも音のバランスをとる物理的な工夫。テレビ番組のスタジオライブ映像などでも見ることの多い遮音壁です。

間奏はなんと世界の大作曲家・ベートーベンさんの、なかでも特に日本人に好まれるという「第9」(歓喜の歌)のモチーフを引用。よろこびを表現したトリプレットのハネたグルーヴ。『愛は勝つ』とこんなつながり方をするとは。不思議とふたつの異なる楽曲が親和しています。どちらも愛の普遍が通底している作品だからでしょうか。間奏出口付近の打楽器のベルや金管楽器のリズムが華やか。

歌パートではピアノも強いダウンビートが目立ちます。ピアノのプレイが間近でみられるカットをふんだんに含んだありがたい映像。イントロの主モチーフは基本オクターブ奏法ですが、16分の細かい音符の瞬間は両手をつかって素早いフレーズのオクターヴを実現しつつ、リズムが急いていないところでは左手はベースなど伴奏を同時に担当。そういう瞬間は右手一本でメインモチーフのオクターブを奏でているのが映像でわかります。

エンディング付近で歌詞「必ず最後に愛は勝つ」を歌うとベートーベン先生の「歓喜の歌」のモチーフ引用の再来。エンディング付近で3度目に「必ず最後に愛は勝つ」を歌うところでリタルダンドし低音位が下行する音形でフィニッシュ。……かと思ったらコメディのオチがつきます。Ⅴ→Ⅰのカデンツ。鐘、1つとはお厳しい。

楽しい発想のお人柄のようなので、KANさん本人のアイディアかもわかりません。あらためて神妙に、もう一礼。

曲について

KANのアルバム『野球選手が夢だった。』(1990)に収録後、同年にシングルカット。 作詞・作曲:KAN。

KAN『愛は勝つ』を聴く

オクターブ・プレイのピアノがこだまします。イントロが記憶に残る。間奏やエンディングにも帰ってくるモチーフです。ストロークは強拍の4つ打ち。ダウン・ビートです。

ストリングスがささえます。やや奥でサスティンし音の厚さを常に確保。間奏で右から猛々しい低音域の弦が雄弁にウワァと立ち上がってくるところがカッコイイ。イントロでは右から先に低音域が立ち上がり、あとから高音域が左にあらわれるのがわかります。この流れの低音弦が間奏でも再現されているようです。そこで音量があがって目立ってきこえます。

「オーオー……」とコーラス(バックグラウンド・ボーカル)。ときおり歌詞ハモで重唱します。歌詞のラインの末尾の語句ですね。曲中ほとんどの部分でいます。間奏ですら出ずっぱり。「Love is all」など、メインボーカルにないフレーズを歌ってもいます。

ベース。1拍目に1発、3拍目に8分音符2発のアクセント。2・4拍目は休符にしてバンドを引き締めています。4拍目ウラは次の強拍にかけて打点をつくっているところもあります。

ドラムスはそのベースにあわせて「ドッタ、ドドタッ」というパターン。シンバルのパターンがピアノのダウンストロークにあわせて4つストローク。ハーフ・オープンのサウンドです。

ボーカルは基本ダブリングサウンドですね。オケやコーラスともよく調和し協調しています。伸ばすところで、ノン・ビブラートのプレーンな感じがするところと、彼固有の独特の揺れが加わって感じられるところがあります。思いや感情を全霊でまっすぐに表現しているように感じられる率直な声。クセも含めて素直に感じられるというのは稀有です。

ベル(鐘)のようなサウンドがうっすらきこえるところがあります。エンディングのピアノのモチーフと強拍でユニゾンするような感じ? ときおりフィルイン後の次の構成のアタマでカーンと鳴っているような気もします。ベルは目立ってはいませんが隠し味的にオケの壮麗さを演出している感じです。祝福、祝祭のような雰囲気も出ますね。ストリングス、ピアノ、コーラス、ベルの合音が絢爛です。

本編中ほとんどいない気がするのですが、フィルインのキメだけサウンドにドライブ(ハイゲイン)が加わって感じられます。もしかしてここにだけエレキギターの歪み系サウンドがいる……? ちょっとなんともいえませんね。ベースやピアノのサウンドの合音を私がそう感じているだけなのかも。

転調のはこび

コード進行、調のうつろいがユニークです。

曲はDメージャーではじまりますがエンディングで長2度上がってEメージャーでフェイド・アウトします。

DメージャーでAメロ。Dメージャーのドミナントの和音、Aを出口に、Bメロアタマ「キャーリオン、キャーリアウッ」のところで長2度上にスライドしてBのコードにつながります。このBメージャーコードが新たな主和音。すなわち、ここからBメージャー調になります。

Bメロの出口「愛されるよろこびを知っているのなら」のところの終わりではBメージャー調のドミナント、F#を経て元の調のドミナント・Aコードにつながります。ここにはメインボーカルに「Oh~」を充てて、1小節のかさ増しをしています。F#→Aと、長和音どうしの短3度上行。異世界の響きに心がフワっとし「高まる!」ポイントです。この1小節をのりしろに、またAメロのAメージャー調に戻るのです。

つまりAメロとBメロの調性の関係はD⇔B短3度の関係になります。コーラスを重ね、エンディングでD調からさらに長2度上のEメージャー調へ進化。調の流れを記すと、D→B→D→B→D→Eとなります。なんだかこれだけでもコード進行みたいですね。

感想

いくつものライブ映像をみると、途中でベートーベン先生の引用をするのは恒例のよう。イントロのメインモチーフのストローク数をある部分だけちょっと増やすとかいった、生演奏時の恒例アレンジがあるようです。

KANさんのピアノは非常に優雅です。動きに無駄がなく的確。ストロークが引き締まっていてイケメンです。相当素養があるのでしょうか。

昔から知っていたヒットソング。豪華絢爛、全部盛り! なイメージを勝手に抱いていましたが、意外とベーシックパートの数はコンパクト。きっとピアノ、ベース、ドラムスと歌だけでも素晴らしい演奏が味わえる骨子を有した曲だと思います。

もちろんこれらにドレスを着せる壮麗なストリングス、バックグラウンド・ボーカルのハーモニー・ワークがリスナーに与えるイメージは大。編曲は小林信吾です。KANとの棲み分けのラインがどこにあるのかはわかりません。ある意味、棲み分けのラインを感じさせない共同(プロデュース、編曲、etc…)こそが正義であるとさえ思わせる。そんな気づきをくれます。

ベーシックが意外にコンパクトなのに絢爛な響きを備えている理由としてはやはり、緻密なピアノのオクターブ・プレイを推します。両手をフルに活用して、歌がいないところでも常に広い音域にわたる豊かな響きを確保しています。イントロのモチーフのピアノ奏法としては、小節のアタマやコード・チェンジ・ポイントでは右手でオクターブをとり、左手で下声部を確保。後続拍での動きでは左手をモチーフのオクターヴィングに加勢させます。細かい16分音符の移鍵が複数の指で素速く弾けるのでフレーズが滑らか。4分音符のようなおおまかな動きにおいても体の重みやスナップのスピードを分散させることなく出力できます。

愛は勝つ ピアノ モチーフ

歌メロディについて。経過音の入り口と出口、それから跳躍進行などで、そもそも歌メロディに和声の格が備わっています。美メロのゆえんです。

歌詞。「愛は勝つ」なんて、どうしてそんなこといえましょう。でも、「これこれこういうわけ」ゆえに「愛は勝つ!」という因果があるとして、その具体条件は人によって違うはず。むしろ、「愛は勝つ」を証明するのがリスナーに託された宿命なのです。答えを用意したから、この答えになる問題を一人ひとりが考えてね、と。その人生を実演してね、とKANさんからのバトン。あるいは、すでにそれを、誰もがしてきているはず。この曲に私が猛烈に感動するのは、そういうところなんじゃないか。自分がしてきたことを肯定し、勇気に変えられる。勇気はそれのみじゃ役に立たないけれど、行動のための着火剤にはなるでしょう。

ところで、愛ってなんなの?……ってのもまた問題。でも、そんなもん人に訊いてる暇はないね! 愛ってのはオリジナルだから。独創なきところに愛はなし。

青沼詩郎

KAN 公式サイトへのリンク

やはりKANさんは児童期にクラシックピアノを学んだようです。小学校〜高校受験期に7年半とあります。教会で讃美歌の経験もあるとのこと。幼少期(6歳頃?)にはヤマハ音楽教室にも行ったそう。詳しすぎてちょっと可笑しい豊富なKANヒストリーを貯えた公式サイト。

Wikipedia > 愛は勝つ

『愛は勝つ』を収録したKANのアルバム『野球選手が夢だった。』(1990)

ご笑覧ください 拙演