映像

フランク・シナトラ ライブ ニューヨーク 1974

観客に囲まれたフランク・シナトラ。ピアノのさりげないイントロから……例の名曲がさらりとはじまります。蝶ネクタイに黒スーツ(タキシード?)のいでたちです。熱心に聴き入る観客の表情を大写しに抜いています。ぐるりと観客にかこまれたステージにひとり。右手にマイク。左手を態度、表現にもちいています。ところどころ、歌のリズムのタメをかなり利かせています。途中でマイクを左手に持ち替えました。フェイクのきいた崩した(このときだけの?)ふしまわしも見せます。最後の「My Way」の歪みかかった迫力はさすが。大喜びの聴衆です。エンディングの編曲がややコンパクトだったかな? ライブのための特別な編曲だったのではないでしょうか。

エルヴィス・プレスリーのカバー ライブ ホノルル 1973

エルヴィス・プレスリーのマイ・ウェイです。歌い出しから、彼の持ち歌(オリジナル)のような違和感のなさ。ソロバイオリンがふんだんに絡んでくる編曲ですね。マイクを持つ手指のごてごてした指輪が目立っています。白い衣装に派手な装飾が照明を反射しきらめきます。前後にずらして開いた2本の足で舞台にカッチリ食い込むような立ち姿がロック。バックバンドのメンバーも白の衣装で統一。途中で曲調がトリプレットに! まさかの展開です。金管楽器が雄々しく鼓舞(管舞?)します。最後の最後の歌詞「my way」の“way”は大胆に主音の5度上へ。カバーも規格外ですね。

曲について

フランク・シナトラ(Frank Sinatra)のシングル、同名のアルバム(1969)に収録。作詞:ポール・アンカ(Paul Anka)、作曲:クロード・フランソワ(Claude François)、ジャック・ルヴォー(Jacques Revaux)。 『Comme d’habitude(コム・ダビチュード)』が原曲で、フランス語の原詞はクロード・フランソワ(Claude François)、ジル・ティボー(Gilles Thibaut)による。

Frank Sinatra『My Way』を聴く

チャリンチャリンとした……鍵盤楽器でしょうか。和音のストローク。メロウなエレキギターのアルペジオ。1・3拍目に比重のあるベース、キック。2・4拍目にリムショットのドラムス。折り返しからストリングスがウワァーっと支えてきます。したのほうから込み上げる管楽器も。ホルンが熱い。コーラス部分からさらに管楽器の定位とダイナミクスがワイドに。ボーカルもウワァーッとダイナミクスが出てきます。

2コーラス目からはグロッケンがチロチロと花を散らしたように。左に複数のフルートも入って哀愁。

右側の金管楽器の重奏のリズム刻みも目立ってきます。エンディングはボーカルダイナミクス、音域の高み。感情が込み上げます。涙が出てくる。

最後はやさしく言い添えるように主題の定句。そう、私の道はこうだったんだよ。こうやって……こうして生きてきた。自分に、言い聞かせます。誰もがこの主人公の心理になって、自分に言い聞かせる気分になれます。ねぎらうように、肯定するようにやさしく、誇り高くうなずきかけます。

『My Way』を収録したFrank Sinatraの『Nothing But The Best』

Frank Sinatraの『My Way (50th Anniversary Edition)』

ご笑覧ください 拙演