ビッキーズ。「みんなのうた」で、『赤い花白い花』の認知を広めたようです。

山本潤子の弾き語り。

赤い鳥の音源。

曲について

1970年の赤い鳥のシングル『人生/赤い花白い花』(1970)、アルバム『竹田の子守唄』(1971)に収録されています。

作詞・作曲者は中林三恵。彼女が歌ったのが群馬県の大学を中心に広まり、それが巡ってやがて赤い鳥メンバーに伝わった。当初は、赤い鳥メンバーにはこの歌の作者が分からなかったが、ラジオで彼らが呼びかけることで作者が中林三恵(当時は遠藤三恵)と判明した。そしてシングルなどの音源化に至る……といった経緯のようです。

その後はみんなのうたでビッキーズに歌われる、また芹洋子にも歌われるなどの広まりを見せます。当初の赤い鳥のパフォーマンスは歌詞が2番までですが、芹洋子のものについては、芹洋子側の要望で中林三恵が書き加えた3番があります。

【参考サイト】

新井啓介 もうひとつの夕景工房 >「赤い花白い花」と中林三恵さん

ニコニコ大百科>赤い花白い花

赤い鳥『赤い花白い花』リスニング・メモ

ギター

右と左にそれぞれ振ったアコースティック・ギター。どちらも非常に透明なサウンドです。右がクラシック・ギターでしょうか。芯の柔和な音です。ナイロン弦のギター(ガット・ギターなどとも呼びますね)でしょうか。間奏ではオクターブ奏法で旋律を奏でます。

左はスティール弦のアコースティック・ギターでしょうか。イントロでは16分音符の細かいアルペジオで繊細で豊かで複雑な線を出しています。どんなハイエンドな楽器なのかと思う、素晴らしい音色です。

右はやや大まかなラインと主なカウンターライン、左はディテイールの細かいリズムとハーモニー面のバッキングといった役割分担です。

ベース

ベースはウッド・ベースですね。アコースティック・ベース、アコベなどと呼びもしますね。フレットがないので、抑える場所を狙い済まして自分で緻密に音程をつくる必要があります。

エレキ・ベースやギターは通常、フレット・バーという金属の棒が指板に埋め込まれているので、フレット・バーに挟まれた範囲内でしたらどこを押さえても結果として音程はほぼ同じになります(押さえる圧力による微妙な音程の差異はありますが)。単にフレットのないベースはフレットレス・ベースともいいますね。この場合はボディの大きさは普通で、指板に金属のバーが埋め込まれていないものを指すことが多いでしょうか。

赤い鳥の『赤い花白い花』で使われているのはコントラバス型のいわゆるウッド・ベースでしょうね。本体に響く深みが感じられます。

フレット・バーがある弦楽器は、そのおかげで瞬時に音程をつくれはするのですが、音質も金属の棒を起点とした弦が震えている音質になります。いっぽう、フレット・レスタイプの弦楽器は、押さえているその指からが弦の長さの起点になります。あえて大袈裟にいうと、フレットのあるギターやベースを用いて、ハーフ・ミュートを効かせてプレイしたような音色になるのです。つまり、フレットのない弦楽器は、・サスティン(音の伸び、保続)短め ・アタック音が柔和 といった特徴を持つようになると私は考えています。

赤い鳥『赤い花白い花』の話から逸れてしまって申し訳ありません。つまり、この曲ではそんな、柔和であたたかみのある音がする楽器が選ばれているのです。

1・3拍目の強拍にコードチェンジポイントがあるので、ベースはそこに打点を合わせた演奏です。その直前のウラ拍に8分音符を引っ掛ける定番パターン。オカズ(フィルイン)的に8分音符で動かすところも2小節〜4小節に一回のペースでつくっています。

ボーカル

山本潤子の透き通る声はまさに財産。繊細な語頭の立ち上がり、抑制の効いた息の量とスピード。適切な声帯の支えを感じます。

イントロの鉄琴風の音がポーンポロンと鳴り、ギターがアルペジオし始めた直後のコーラスはなんと発声しているのでしょうか。He He? Hui Hui? ヘ・ヘ〜、フィ・フィ〜などと聴こえます。この発声に私は、神話や寓話のような遠さ、尊さ、畏れを感じるのです。主題の花の儚さをあらわしているようでもあります。時間が地上のこまごました者たちの肉体を朽させるのを、遠くからいつまでもいつまでも見守っている、それこそ月のような存在感の神秘を思わせます。空にぽつんと浮かんで、くっきりとした輪郭をいはなったり、かすむ空気にぼやけてぽかんと浮かんでいたりするのです。

イントロの以外では、歌詞でハーモニーパートを奏でたり、母音を伸ばしてカウンターラインで動くこともあります。

鉄琴?

イントロのポーンと浮かんだような、浮世離れした美しい音はオルゴールに聴こえます。鉄琴にも似ています。ビブラフォンのような激しい揺れはありません。キーボードで出せそうな音ですが、生楽器でしょうか。澄んだ美しい音です。ドあたまのポーンという音と、それが済んだあとにコーラスが入ってくるところの音もまた違って感じます。音域が違うからでしょうか。イントロが済んでしまうともう出てきません。

感想

私は『翼をください』、『竹田の子守唄』などで赤い鳥をこれまでに鑑賞していましたが、ますます彼らの音楽の豊かさと質感を堪能する機会を『赤い花白い花』はくれました。美しく神妙なアレンジは見事です。ベースのポジションを2拍単位で動かした分数コードの響きをはじめ、その音楽はどこも非常に垢抜けていて、時代の移ろいに朽ちるどころかむしろ錬磨されて、ますます洗練が際立ちます。

植物の種子や花粉を運ぶ鳥。その前にも後ろにも、脈々と音楽の繁栄・進化・継承の赤き血がが流れているのです。私もその一端で、託された血潮を継いでいくつもりです。わずかばかりでも、今日この記事を読んでくださったあなたにも何かが継がれたことを願います。

青沼詩郎

『赤い花白い花』を収録した赤い鳥のアルバム『竹田の子守唄』(1971)

ご笑覧ください 拙演