坂本九の『明日があるさ』は1963年、シングルとして発売。

作詞:青島幸男作曲:中村八大

恋に奥手?な感じの男性目線の歌詞。

歌い進むにつれ、少しずつ進展している? だが、たいてい心に思い描いた通りの「行動」を主人公はできずに終わる。そして“明日があるさ”と唱えて自己擁護し、段を結ぶ。それが6番まである構成(6番はやや異質だが…後述)。

歌詞リンク

“いつもの駅でいつも逢う セーラー服のお下げ髪 もうくる頃 もうくる頃 今日も待ちぼうけ”
(『明日があるさ』より、作詞:青島幸男 作曲:中村八大)

1>彼女がだいたいいつも訪れる時刻や場所をなんとなく把握しているのだろう。彼女を姿を目にすることを期待する主人公。だがこの日は来なかったようだ。“明日があるさ”。

“ぬれてるあの娘コウモリへ さそってあげよと待っている 声かけよう 声かけよう だまって見てる僕”
(『明日があるさ』より、作詞:青島幸男 作曲:中村八大)

2>“コウモリ”とは、簡単にそっくりかえってしまうような簡素なつくりの持ち運びに便利な頼りない類の傘のことだろうか。それに彼女を招き入れようとはなかなか大胆不敵というか、ちょっと「至らない」感じが漂う。ぜったい体がはみ出して両者の半身は濡れるだろう。「ん!!」と半ばむりやり彼女に傘を押し付け、自分は濡れるのも厭わず駆け出し去っていく養生人物をアニメ映画『となりのトトロ』に見た記憶がある。私の中であのシーンはかなり理想。彼をかっこいいなと思うし可愛らしいなとも思う(誤解なきよう言っておくが私に小児性愛嗜好はない)。話が逸れたが、そんな“コウモリ”の下に身を寄せ合う二人を想像して待つが結局黙って見過ごしてしまう。そして“明日があるさ”。

“今日こそはと待ちうけて うしろ姿をつけて行く あの角まで あの角まで 今日はもうヤメタ”
(『明日があるさ』より、作詞:青島幸男 作曲:中村八大)

3>いよいよ、それまでよりも深く長い彼女とのつながりを欲してしまう。そんな思いから、彼女のあとを尾行してしまう。これはどうだろう、ちょっとかなりグレイな気もする。一緒に歩いて行かないかと提案できない弱い気持ちのあらわれなのだろう。その気持ちには共感する。そして、何もしないよりは確かにコソコソだろうと後を尾けたほうが、何かがはじまる可能性は多少高いかもしれない。同時に、そんな態度を嫌われる危険もかなりある。気づかれた場合だが。好きな相手を尾行するのはリスキーである。そんな私の余計な心配を察してか、彼は“今日はもうヤメタ”だそうだ。“明日があるさ”。

“思いきってダイヤルを ふるえる指で回したよ ベルがなるよ ベルがなるよ 出るまで待てぬ僕”
(『明日があるさ』より、作詞:青島幸男 作曲:中村八大)

4>いつ電話番号を入手したのだろう。なかなか私の知らないところでヤってくれる。ざっとここまでの歌詞を見返して思ったが、二人の間にはお互い悪いようには思っていないことがわかるような何かしらのシグナルが交わされているのかもしれない。たとえばだけれど偶然目が合ったときに微笑みを返したとか、そんなような微細なシグナルが。それがあるから、尾行したり待ち伏せしたりすることが許容されそう(歓迎されそう)だという見通しを主人公はなんとなく持つことができているんじゃないだろうか。そうでなければ、待ち伏せや尾行はかなり過ぎた行動に思えて仕方がない。だが、両者のあいだでそれを歓迎する意思が共通しているのであれば、それは問題なくなる。勝手に盛り上がってくれ、である。相手がそれを嫌がっている事実があれば、それはおまわりさんが出てくる事態にもなりかねないのだが。

話がそれたが、いつのまにか主人公は彼女の電話番号を入手している。家の電話だろう(作詞の年代を思うに)。家族が出る可能性が高い。電話する日時をあらかじめ彼女に伝えておけば直接出てもらえる可能性もある。コールしている間に切ってしまったのだろうか?“出るまで待てぬ僕”とは、待てない心をただ表現しただけかもしれないし、待てずに切ってしまったのかもしれない。どちらともとれる。どっちでもいいが。彼女に電話するアポイントメントをなるべく詳細かつ具体的な日時でとっていれば、直接出てもらえる可能性がだいぶ高まる。不安感が高く、出るまで待てない心なのはおそらくそれがないからなのではないか? 番号をもらっただけなのだろう。いつ電話するとは告げていない。そういう状況を想像する。このとき、二人はつながることができたのだろうか。いや、できなかったのじゃないか? 何せ、“明日があるさ” と唱えているのだから。

“はじめて行った喫茶店 たった一言好きですと ここまで出て ここまで出て とうとう云えぬ僕”
(『明日があるさ』より、作詞:青島幸男 作曲:中村八大)

5>なんと喫茶店にどうこうしているではないか。嫌いな相手と喫茶店に行くやつがあるか。破談や別れ話が目的ならそれもありうるがここでは考えない。そもそも嫌いな相手に電話番号を渡すこともない。二人の仲は順調に思える。思い描いた行動を実現できずに“明日があるさ”と心の中で唱えてしまうような彼のことを、決して彼女も悪く思っていないのではないか。私がああだこうだいうこともないのである。しかし、喫茶店で巡り会うことができた状況で、“たった一言好きですと” してしまう状況はかなり現実離れしている。今日はいい天気でよかったねとか、待たなかったかとか、お互いの身のまわりのこと…たとえば学生同士であることがわかっているのなら最近の学校での様子とか何か訊いて会話するのが自然ではないか。店内で待ち合わせたのか一緒に入店したのか知らないが、二人が同席したところで一言「好きです」はかなり飛躍している。徐々に好意を伝える方向に自然に持って行くコミュニケーションスキルのない彼なのだろう。そして何度もいうがおそらくそんな彼のことを、彼女はきっと悪いようには思っていない。むしろ私みたいなのが相手だとして、ペラペラやったら軽薄と思われるかもしれないし、ただの「話しやすい異性の友達」と思われるのがオチである。彼のような慎ましさを私も身につけるべきかもしれない。ああ、私よ…“明日があるさ”。(さも私が自然な会話のできるコミュニケーションスキルを持っているかのような言い草をした。現実はどうか知らない)

“明日があるさ明日がある 若い僕には夢がある いつかきっと いつかきっと わかってくれるだろ”
(『明日があるさ』より、作詞:青島幸男 作曲:中村八大)

6>急に場面が抽象化した。もう、ストーリーに幕が降りていて、この場面は終演後の舞台挨拶のシーンなのかもしれない。映画やドラマならエンドロールの部分かもしれなくて、メタフィクション?みたいになっている部分なのではないか。何が“いつかきっと わかってくれるだろ”なのだろう。彼女への好意を言葉にして伝えることが実現するところは描かれていないところを見るに、彼女が、彼の抱く彼女への好意を認知することを望んで“いつかきっと わかってくれるだろ”なのだろうか。その前の項では“若い僕には夢がある”と言っている。単に恋愛についてのみの話でもなさそうにも思える。未来を抽象している。いずれにせよ、6番は本編と現実の中間にあたる世界なのではないか。この歌にふれている私に、あなたに、直接誰かが語りかけているシーンなのではないか。明日というのは、当日になってしまったらもう「今日」である。つまり、常に「未だ来らず」の存在なのだ。…あぁ! なんだか急に二人の仲が不憫に思えてきた。“明日があるさ”では、永久に結ばれないのでは?!

後記

「明日やろうは馬鹿野郎」という言葉を聞いたことがある。出典元はわからない。ずっと未だ来らずではまずかろう。現実を変えようぜという激励なのだともとれる。一方で「明日があるさ」は現実を(早急には)変えられない厳しさを受け入れる言葉だ。それは優しいとも甘いともとれるかもしれない。両手をあげて「明日があるさ、ばんざい!」とは私には言えない。しかし、膨大な量のやるべきことや希望や願望を明日に押しやったまま日々を流れているのも事実。『明日があるさ』は、紛れもなく私の歌でもある。そして、大勢がきっとそう思った。この曲は大ヒットしたのだ。

2001年。ウルフルズ、そして吉本芸人集団のRe:Japanがカバーし、坂本九や中村八大、青島幸男らから託された「明日」に新たにハンコを押し直し、彼ら、そしてリスナーはまた「明日」へとバトンをつないだ。Re:Japanのものは大勢で歌い、ソロをまわす量が必要だったのか、青島幸男はこのときに歌詞を追加していて全体は長大になった。ウルフルズの『明日があるさ(ジョージアで行きましょう編)』は福里真一が替え歌を作詞。小さな恋の物語から、勤労者の悲哀やおかしみを思わせる新しいニュアンスが生まれた。

青沼詩郎

Re:Japan

ウルフルズ『明日があるさ(ジョージアで行きましょう編)』

『明日があるさ』ほか私の大好きな曲『心の瞳』『見上げてごらん夜の星を』『上を向いて歩こう』も収録した『坂本 九 ベスト~心の瞳』

『明日があるさ(ジョージアで行きましょう編)』を収録したウルフルズ『ベストやねん』(2007)

Re:Japanの『明日があるさ』(2001)

ご笑覧ください 拙演