Norah Jonesのアルバム『Come Away With Me』(2002)に収録。『Don’t Know Why』はシングルカットされる。

個人的な話なのだけれど、最近調子がすこぶる悪い。花粉症なのか風邪なのか合併症状なのかわからないが声がまったく出ない。おおげさに言って「まったく」なんて言ったけど、広い音域を歌うことができないというのが事実で、しゃべれるしささやき声でなら歌える。

自分が調子が悪いときに使える声域をしらべた。すると、ヘ音記号のちょうど真ん中の五線に刺さるレから上に1オクターブくらいだとわかった。この音域内なら、大きい声は無理だがささやく程度ならできる。

童謡や民謡には誰でも歌いやすいものが多く、多くの曲が1オクターブ程度の声域があれば歌える。そういうものならば、自分の声域に合うように移調すれば調子が悪くても小さな声でなら歌えるのだ。

童謡や民謡以外にも、魅力的な歌手たちや作曲家たちがつくった歌がある。その歌声の妙にほれぼれして、なんとなく「難しい」という印象を受けることがあるかもしれないが、意外とその音域は1オクターブ程度におおむねおさまっているものもあることに気づく。

そんな例のひとつがNorah Jonesの『Don’t Know Why』。B♭調で、シ♭から1オクターブ上のシ♭の全音となりのドまで出れば原曲キーで歌える。つまり移調すれば、長9度の音域があれば歌える。

この曲はJesse Harrisというソングライターの作詞・作曲。

Norahのアルバム、『Come Away With Me』が2002年リリースなのに対して、Jesse Harris and The Ferdinandos名義の同名のアルバム(1999年)に『Don’t Know Why』が収録されている。つまりこちらが原曲。のちに彼女へ提供された。これは知らなかった。

見事に完全な半音進行でつながれるカウンター・ラインが美しい。世界中の非音楽ファンまでもが、なんとなく耳にしているヒットソングだろう。そんな妙なる曲は、意外と9度の声域で歌えますよという話(あくまで声域のみについてだが)。

なんであんなことしちゃったんだろうという後悔の経験は誰もがあるのではないか。

一方、この曲はなんでそれをしなかったのかと歌う。

なんとなく何かをしてしまったり、反対にしなかったりすることが私にはある。けれど、実は、なんとなくその理由を自分ではわかっている。他者や自分自身に、その意思や感情を客観的にわかるかたちで表明しないだけだ。

Norah Jonesの歌う“I don’t know why I didn’t come” にはどこかそんな含蓄を感じる。カウンター・ラインみたいに意思や感情ははっきりつながっていて、周囲との関係や環境の変化によって複雑に響きを変える。半音で下がっていくところがなんとも、倦怠や鎮静を思わせる。

これをJesse Harrisが書いた。この曲はてっきりNorahの自作かと思い込んでいた。私には人の心も真実もぜんぜんわかっていないよう。彼女のような歌唱の妙で提示されたものはまるっと信じ切ってしまう自分を憎めない。こんな完璧に演じられては、誰がその本当の心を知るというのか。

青沼詩郎

『Don’t Know Why』を収録したNorah Jonesのアルバム『Come Away With Me』(2002)

ご笑覧ください 拙演