Apple Musicを使っているのだけれど、重宝している機能が「∞」。任意の曲を選んで表示させた状態でこのマークをタップすると、マークのとおり、延々と再生を続けてくれる。それも、いま選んでいる任意の曲と近い(と思われる)ものを。

何が「近い」のうちに入るのかわかりかねる。察するに、ジャンルとか時代とか地域だと思う。関連づけの要素にほかどんなものがあるのだろう。

要は、自分の好きな曲を再生してこの「∞」をオンにしておくと好みに近いものが次々にプレイされる可能性が高いということ。

そのおかげで、新しい出会いがあるのはもちろんうれしいが、既に知っている好きな曲が勝手にプレイされることがおおい。このおかげで、私は日々「味わい直し」を楽しんでもいる。

That’s the Way ...ではなく『ガッツだぜ!!』

この曲を久しぶりに聴いたら、改めて気付きがあった。

イントロ後にいきなりサビをかます曲。コードはBm。マイナーの響きは私にいわせれば粘着質。つまり、印象に残りやすいと思う。理由はわからないけど、まず「少数派」だからというのがあると思う。世に出ているポップやロックの歌の多数派はメージャー調だからだ。

その印象的なマイナーのフックを持って、サビでいきなり始まる曲。

そこまではいいとして。

あらためて聴いて認知したこと。

同主調間で転調

冒頭のサビを終えてヒラウタにつながるのだけれど、いきなりすっとメージャーコードに移行してしまうのだ。

サビ後〜ヒラウタのつながりをコードで記そう。

Bm|E7|Bm|E7|→(ここからヒラウタ)B

このように、Ⅳ7(サブドミナント)→Ⅰ(トニック)でつながる。

直後のヒラウタやBメロはBメージャーキーで進む。つまり、転調してしまった。Bm→B。同じ主音の調(同主調)の間での転調だ。

かつての私は、これに気付くことなく聴いてしまっていた。感じてはいたのかもしれないけれど、このように音楽的な仕組みを意識して聴いたことがなかった。

そのなめらかさ、スムースさもまたウルフルズの音楽的な仕掛けの巧妙さでもある。わざとくさくなくさらっとやってみせるのがとにかく吉だと思う。お手本にしたい。

ちなみにBメロのおしまいにⅤコードのF#(この曲の調におけるドミナント・コード)を置いて、またBm調のサビにすんなりと戻っていく。同主短調(同じ音を主音とするマイナーの調)とのあいだでF#は共通なので、これまた引っかかりなく滑らかにつながる。

初期のウルフルズのいくつかの曲にみられるような、ぐいぐい行くコミカルなイメージを継承しつつもファンキーでブルージーな匂いを4つ打ちのディスコビートに乗せた佳作。PVがとにかくヘンテコ。ストーリーがあるような破綻しているような…シュールで楽しい。インパクトに満ちた画面の連続。

ネタ元? That’s The Way

ガッツだぜ!!・・・ではなく『That’s The Way (I Like It)』KC & The Sunshine Band

こちらが「ガッツだぜ」というフレーズの発想元になったという。楽しい空耳。

青沼詩郎

『ガッツだぜ!!』を収録したアルバム『バンザイ』

ご笑覧ください 拙カバー

青沼詩郎Facebookより
“1995年のウルフルズのシングル曲『ガッツだぜ!!』。ファンクなディスコが当時の彼らの新境地だったのでは。12月にこのシングルを出し、翌1月にアルバム『バンザイ』リリース、2月に表題曲シングルカット、という流れ。
イントロ後すぐサビ。のちにヒラウタでメジャーコードにすっと切り変わるのが私的に音楽ポイント高し。
ヒラウタ直前の間はBm⇔E7を反復してる。Ⅰ-Ⅳ-Ⅰのカデンツ。最後のⅠmがメージャーコードに切り替わってヒラウタ。いいなぁこれ。
リズミカルにたたみかける歌詞も気持ち良い。終始テンション高め。”

https://www.facebook.com/shiro.aonuma/posts/3467039103389739