1972年のシングル曲。9月と、年内後半にリリースされましたが第14回レコード大賞をとったようです。感極まった様子がこちらにも伝わってくる映像です。

について

イントロ

おおらかな動きのメロディのイントロです。少し歪んだエレキギターの開放的なストロークに、トレモロ(連続したストローク)の音が重なります。楽器はなんでしょうか、クリーンサウンドのエレキギターの音にも聴こえます。

これにストリングスがさりげなく対旋律を添えます。ストリングスは弓で弦を擦り減衰せずに長い音符を演奏できます。イントロのおおらかな音形はいかにもストリングスのために書かれたもののように感じますが、これをギター類が奏でているところに何か意図があるのかしらと思います。

ストリングスは集団で演奏した音色を用いることが多いですが、エレクトリックギターなどの撥弦楽器は1本もしくは音像が聴き分けられる程度の本数に限定して重ねることが多いです。

ギター類の撥弦楽器に主旋律を持たせていることは、私にこれから紡がれる物語がパーソナルなものであるのを予感させます。

イントロのメロディ。

Aメロ

つぎつぎにモチーフが展開するヒラウタ。規則性のある音形を反復するタイプの楽曲と違います。それでいて、Aメロ3小節目の上行パターン(シ・ド♯・ソ♯)が8小節目に再登場します。1番の歌詞でみると、3小節目が“恋の”にあたり、8小節目が“黒い”にあたります。恋人が亡くなったことの暗喩でしょうか。

規則性の乏しいモチーフが展開するうえ、小節数も半端です。“黒いふちどりがありました”を言い切り、語尾が伸びている小節までで11小節。12小節目にBメロのフレーズ“あれは三年前”がガッツリはみ出して来ているともとらえられます。

規則性に乏しく、小節数もイレギュラーなのですが、とてもすんなりと入ってくるメロディと歌詞。覚えにくさはありません。むしろ自然に口ずさみたくなります。

どうしてこんなフレージングが生まれたのでしょう。詞先(歌詞を先に書いてあとから曲をつける手法)で書いたからというのが私の仮説のひとつです。

しかし、2小節目からいきなりすごい跳躍。“幕が開き”“幕”の部分の跳躍距離は1オクターブです。

言葉のイントネーションに順当に従った作詞・作曲ともいえません。かなり、単語本来の発音のアゲサゲを無視しています(作詞・作曲者の生まれ・育ちの地域次第で、単語の音程のアゲサゲや強調の位置が違うこともあります)。そ

れが歌に躍動を与えているのかもしれません。発音のアゲサゲやアクセントの位置を守ると、言葉の意味が伝わりやすい・聞き間違いを防ぐといった効果はあるかもしれませんが、自然すぎて聞き流されてしまう可能性もあります。

Bメロ

かなり上下にメロディが動くAメロとは対称的に、特定の音程に分布の偏ったBメロです。原曲はEメージャー調。Bメロはソ♯の保持率が高いです。

Bメロの最後はかなり上まで音域を広げます。この曲は広めの声域を要します。歌手の技量が問われますね。あるいは技量を発揮しやすい曲です(たとえば宮本浩次ほか、名カバーが多いですね)。原曲でいうと下のミからオクターブを越してド♯まで。1オクターブ+長6度にわたります。

Bメロは“止める” “アナタ” “駅” と、弱拍に引っ掛けたフレージングが印象的です。強拍を一瞬がまんして弱拍で語句を発するので、その時間が力のタメになります。音にパワーが宿り、たたみかけるリズムで聴き手に迫ります(歌っても気持ち良い)。

ひとつ下の音程から持ち上げる音程だったBメロの前半に対し、続く4小節目のフレーズ“動き始めた汽車に”では同音連打。緊張感を高め、次の小節の和音・サブドミナント(Ⅳ)に緊張のバトンを託します。

さらに次の小節で、最たる緊張の和音・ドミナント(Ⅴ)上でこれでもかとハイトーン“飛び乗った” 。歌詞だけでなく音程も字の通り、高揚の極みに飛び乗っていますね。

そしてまた、先程の規則性の乏しいAメロのパターンに戻ります。言い換えれば多様なモチーフが連なるAメロパターン。Bメロとの性格の違いが際立っています。

作詞:吉田旺、作曲:中村泰士です。

青沼詩郎

ちあきなおみ 日本コロムビア アーティストページ

『喝采』を収録した『決定盤シリーズ ちあきなおみ大全集』。

ご笑覧ください 拙演