映像をみる 『君に、胸キュン。』 MUSIC VIDEO


強い色みのTシャツを着た3人。右に左に振った手の指をパチンとする動きに見えます。髪型はアップスタイルでしょうか、整髪料でやや持ち上げた感じです。

女性の顔のアップがところどころ挿入。アップのカット以外も含めてモデルさんが数人いるようですね。間奏のイタリア語のせりふのところではイタリアの女性でしょうか。

造花、ならぬ造樹? 樹々のイミテーションのセットでそれぞれ女性とたわむれるメンバー。ひとりひとりアプローチが違います。後背部に手をついて足を前に迫る細野さん。ホラーです。たわむれ、と書きましたが間違ったかもしれません。

楽器を持ったカットもあります。ダンスよりは演奏が本業であろうメンバーのことを思います。

YMOの功績をたたえる声はいつも音楽業界の内外にあふれています。その事実を逆手にとって笑いに変えているみたいに思えるのは、私があとから彼らの実績を知った人間だからでしょうか。「スゴイ人たちが、わざと素人くさいふるまいをしている」ように見えるのです(『君に、胸キュン。』のリリース時、私はまだ生まれていません)。

曲の発表名義など

作詞:松本隆、作曲:YMO(細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏)。YMOのシングル、アルバム『浮気なぼくら』(1983)に収録されています。

『君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス-』を聴く

シンセサイザーの音が多様です。ストリングス風の音。ベル風の音。ボーカルメロディに帯同する動き、カウンターする動き。音色数自体に大きな意味はないので数えていませんが、いったいいくつのパートが入っているのでしょうか。下行の分散和音でハーモニーを出すパートもあれば、シンセベースは上行を思わせるパターンです。

ドラムスのリズム。人工なのか自然なのかわかりませんが生々しく臨場感があります。リン・ドラムという機材を用いたという記述がWikipediaにみられます。アンプにつないで鳴らした電子のドラム音を生ドラムに共鳴させた音を収録して用いた、高橋幸宏の演奏した生音をリン・ドラムに読み込んで演奏した、といった主旨の記述もあります。つまり、自分の音をサンプルしてそれを電子ドラムのように演奏して収録したということでしょうか。あるいは、プログラミングによる自動演奏をスピーカーなどから出力し、生ドラムに響かせて余韻や残響を収録した、はたまた、それらを併用した複合的な手法でしょうか。

『君に、胸キュン。』における具体的な手法や収録・演奏など制作ノウハウついての詳細は他に譲ります。リズムが明瞭で締まりがある音色です。それでいてフィルインに聴くタムタムやフロア・タムを思わせる音は低音が広い空間に轟くような臨場感があります。ハイハットのような細かい分割を出すパートが左に聴こえます。タンバリンのようなリンリンと聴こえる鳴り物系トーンは中央あたりでしょうか。キックの音は丸く、それでいて輪郭が明瞭で正確。強拍で「ドド」と疾走を感じさせ、裏拍で背中を押し強拍のお膳立てをします。左からチキチキと細かい音、中央からはキックなどの基礎。フィルインでは左右に広げたタム。非常に華のあるリズムパートが群を成します。

数々のパートの音色や、それらが織りなす編曲の高度な設計の対比が、飾り気のない実直な歌唱です。怒られるの覚悟でいいますと、素のおじさんの歌です。もちろんメンバーらのハモリが重なるなど、音声のキャラクターは独自のものになっているのは言うまでもありません。少なくとも声楽的な技巧や、ボーカルアスリートのようなアクロバット、艶めきや華々しさで見せる二枚目風ではなく、肩肘張らない素朴な味わいです。多方面を極めたファッショニスタが見せる、無地Tシャツ一枚姿とでもいいますか。

コード進行など

イントロのモチーフ「ミ・ソ・シ・ド、レ・ソ・ラ・シ……」。Gメージャー調で、最初の「ミ・ソ・シ・ド」のところはCM7(ⅣM7)の分散。「シ」が根音に対して長7度。濁ったもどかしい音程です。後続の「レ・ソ・ラ・シ」のところはGの和音の分散形ですが、経過中に現れる「ラ」が根音(G)から9度の音程。先のCM7のときの長7度のくぐもったもどかしさよりは、しゃれた「ハズし感」のある響きです。

Aメロがなんともよりどころのないふわっとしたメロディに聴こえます。それまでGメージャーでしたがAメロはGマイナーの旋律。おまけに、ハーモニーを感じさせるパートの厚みを意図的に省いているようです。

Aメロのコード進行例(おおざっぱ)|Gm|Dm|Gm|C|Gm|Dm|G|C D|

と、長短入り混じる和音で不安定を演出。

Bメロ、“まなざしのボルテージ……”のところで元の(出だしのサビと同じ)Gメージャーに戻ったような気もしますが、コード:G→C→A→Dといった具合に属和音を解決する4度上行の動きを反復し、調の安定感をおあずけにしたままサビに持ち込んでいます。

サビはざっくりⅣ→Ⅰ→Ⅳ→Ⅴのパターン。1和音でひっぱる長さを増やしました。その隙に入る、“キュン”の合いの手。メインボーカルが“君に胸キュン”と歌った直後です。この“キュン”に千金の価値。それくらいの衝撃があります。

私はどんなパーソナルを持ったミュージシャンが何を歌っても良いと思っていますが、推定ミソヂの男性3人が声を揃えて“キュン”。音楽の世界で高らかに鳴らしてきた彼らの“キュン”は、あらゆるリスナーの想定の外から降り注いだのではないかと思います。想像を超えたものを生み出すのは、あらゆるミュージシャンの願望ではないでしょうか。少なくとも私はそうです。

歌詞

“君に胸キュン 浮気な夏が ぼくの肩に手をかけて 君に胸キュン 気があるの?って こわいくらい 読まれてる”(YMO『君に、胸キュン。』より、作詞:松本隆)

サビからはじまる構成。“胸キュン”が主題。曲の印象の主成分です。“胸キュン”はWikipediaによれば山下久美子がきっかけとなって広まった表現で、YMOが初めてというわけではないようです。でもYMOがきっかけで胸キュンという表現を知ったという人もきっと多いことでしょう。誰が元祖なのかはあまり問題ではないかもしれません。若い世代の女性歌手が“胸キュン”の表現の拡散を手伝うならまだしも、30代男性のYMOの面々がこれを含んだ表現をパフォーマンスしたことは、1983年の当時であっても相当な衝撃だったのではないかと想像します。YMOの『君に、胸キュン。』はカネボウ製品のコマーシャルに用いられたようです。タイアップですね。“胸キュン”はそのCMのコピーでもあったそうです。複数の媒体が手をつないで世の中を盛り上げたのでしょう。化粧品の宣伝に出られるのは、特定の業界にとどまらない「超」がつく有名人というイメージがあります。あるいは、「超・話題人」でしょうか。YMOがそれに相当する面々だったのでしょう。

“君に胸キュン 夏の印画紙 太陽だけ焼きつけて 君に胸キュン ぼくはと言えば 柄にもなくプラトニック”(YMO『君に、胸キュン。』より、作詞:松本隆)

“印画紙”とは、時間のことをいっているのかもしれません。通常、フィルムに記録された図像を見やすく引き伸ばして投影・定着させる媒体が「印画紙」でしょう。ですが、“夏の印画紙”と言われると……これは、「ヴァカンス」の期間に、見たり聴いたり感じたりした一式のこと……一定期間の思い出や記憶のようなものなのではないでしょうか。

“太陽だけ焼きつけて”の「太陽」。これを名言するのは野暮かもしれませんが、胸キュン発生装置たる“君”ではないでしょうか。“君”は、主人公の胸に“キュン”をもたらす原因なのです。その“君”は、太陽。You Are My Sunshine〜♪なんて曲もありますね。

そんな“君”の前では、主人公は純情な人になってしまうようです。“柄にもなく”なんて言っているので、普段は違うのかもしれません。普段は純情にはほど遠いということでしょうか。純情に遠いということは……浮気者? 

浮気それ自体は咎められるべき面もあるかもしれませんが、個別の対象への気持ちはホンモノ……すなわち純粋な想いである、という可能性を考えるのはそれ自体が浮気者の考えでしょうか?! 私自身は自分が「浮気者」という自覚はありませんが、それこそが浮気者の真の姿か?!(いや、純粋なつもりなんだけどなぁ……)

ちょっと「プラトニック」の解釈をはずれたかもしれません。つまり、肉体の直接のつながりを伴わない想い合いや関係のこと。

普段の主人公は、恋愛と、肉体の関係が直結しがちだったのかもしれません。

それが、“君”のことときたら、主人公は、肉体の快楽などは排除したうえで胸をときめかせている……すなわち“キュン”となっているのでしょう。なんだか、かわいいですね。

10代だろうと20代だろうと、当時のYMOの面々のように30代だろうと……“胸キュン”に資格は不要なのです。きっと40でも50でも……そうに違いありません。

間奏のイタリア語

ところで、間奏のところにほかの言語がきこえます。どうやらイタリア語のようです。

なんと言っているのか気になりました。駅のホームの乗車案内みたいにも聴こえます。特に意味をわかっていない状態で聴くと、そう感じました。事務的なことをさらっと言っている……そんな印象をうけましたが、どうでしょう。

“Chao bello’ una notte con me, che ne dici? Mi piaci tanto, Vorrei Vedere cosa sai fare al letto Dai vieni a divertirti con me.”(YMO『君に、胸キュン。』間奏部より引用)

歌詞サイトやサブスクリプション音楽サービスなどからこの文面が引き出せます。これをネット翻訳にかければ意味がざっくりつかめるはずです。ご関心のある方はおのおのなさってみてください。

結論をいいますと、さも肉体の関係を提案するようなえっろいせりふなようなのです……あれ?? “柄にもなくプラトニック”なんじゃなかったの?? そう、“僕はといえば”ですので、主人公の想いはプラトニックなはず。

イタリア語は女性の声ですし、女性のせりふととらえます。だから、お相手たる“君”は、主人公が思うよりもずっと非プラトニックな目で主人公を見ている……のかもしれません。そもそも、このせりふの主=“君”とも限りませんけれどね。

柄にもなく純情な気持ちで胸をときめかせている主人公とは裏腹に、お相手のほうは肉汁したたるモーションだったとしたら……この絵図にはおかしみがあります。異なるキャラクターが異なる想いを抱くところにドラマが成立するのです。

“伊太利亜の映画でも見てるようだね”(YMO『君に、胸キュン。』より、作詞:松本隆)

と続きます。何を見て主人公はそう言っているのでしょう。やはり、イタリア人の女性に恋しているのでしょうか。やはり“君”=イタリア人の女性、なのかもしれません。何気ない所作さえも、映画のワンシーンのように見えてしまう……主人公はYMOの面々の実際のパーソナリティの通り、日本人男性かもしれません。私自身、人種のちがう西洋の人をみるとそれだけで年上にみえることがありますし、「かっこいいなぁ」とか「絵になるなぁ」と愚直な思いを抱くことがあります。

“君に胸キュン 浮気な夏が ぼくの肩に手をかけて 君に胸キュン 気があるの?って こわいくらい 読まれてる”(YMO『君に、胸キュン。』より、作詞:松本隆)

プラトニックな主人公。気があることを鋭く見抜く意中のお相手。ふたりのあいだに、恋愛の舵取りにおける強弱の不等号が見えるかのようです。このギャップがおかしみですね。“こわいくらい”に、相手に霊感や超能力でもあるのじゃないかと思わせるほどのひりついた緊張感を覚えます。浮つきを引き締める言葉のスパイスです。

主人公が「こわさ」の正体を特定しかねているとしたら、実はそれは、自分のプラトニックな想いとかけ離れた、“君”の剥き出しの肉欲だったりして……ああ、ひりひり。

“君に胸キュン 愛してるって 簡単には言えないよ”(YMO『君に、胸キュン。』より、作詞:松本隆)

イタリア語のせりふの間奏明け直後です。歌詞中、「恋」という単語はみられません。「愛」ならばここにありました。でも、それは容易には告げられない、と。告げてしまったら、「浮気」は「本気」? 簡単に告げられる「愛」も疑いたくなります。でも、「愛」って難しいものなの? それも違う気がします。

むすびに

多様な音楽に浮気してきた精通者グループが「散開」前の最後期にプラトニックになったのはいわゆる歌もの、ボーカルミュージックのポップスだったのです……なんてオチを考えましたが、この曲こそが私にとってのYMOのクチ(入口)。音楽への関心の深さを問わず、最も知名度のあるYMO曲のひとつではないでしょうか。私と同じように、『君に、胸キュン。』がYMO入門だったという人、少なくないのでは?

青沼詩郎

『君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス-』を収録したYELLOW MAGIC ORCHESTRAのアルバム『浮気なぼくら』(1983)

ご笑覧ください 拙演