映像

エキストラのダンサーたちに彩られて

拍手の中ドレスの赤で起こる映像。軽快に体を揺らして歌う美空ひばり。いくらからだを揺らしても姿勢がきれいです。背筋がすっと通って崩れない。笑顔も出ますし「Yeah!」とかけ声。ノリを演出しています。間奏では謎の小躍り?のようなしぐさも。エンディングのフェイクもバリバリにキメています。

ブルー・コメッツと

笑顔のキーボディスト。ドラムスがど真ん中で前にせり出したセットです。サビはシングアロング(全員で歌う)。 翼のように演奏メンバーが向かって右に広がり、向かって左はキーボディスト。間奏でちょっと彼にカメラが寄ります。美空ひばりの髪型、服装、そして表情や身振り手振りが独特で気になります。

無伴奏の歌唱のイントロ

ゆっくりしたテンポ、伴奏なしボーカルのみのイントロ。真赤なドレスで上手(ステージの向かって右)から登場。後頭部にも真赤な太陽のような大きな花のような頭飾りをつけています。サビで手拍子をあおるようなパフォーマンス。間奏にギターソロ。ボーカルフェイクも「Ye! Ye!」と息巻く熱を感じます。かと思えばラストの歌詞「恋の季節なの」を繰り返すところで繊細な表情の歌声を見せぐっと注意をひきます。駆け抜けるように終わってしまう。清涼感と熱情の両方を備えた曲。美空ひばりもコンサートの演目として重宝していたのではないかと思えてきます。

尾崎紀世彦と

黄金色に輝くえりもと。レモンイエローのドレスに白い手袋。34歳……現在の私に近い年齢なので気になってしまいました。普段私が持っている美空ひばりのイメージよりお若くみえます。尾崎紀世彦と共演してこの曲を演っていたのですね。彼は黒い上下。美空ひばりを立てていますがサビで張り上げた声がいかにも彼です。カウンターメロディを歌ったり、重唱したり。テレビ番組の映像ですね。

曲について

美空ひばりのシングル(1967)。アルバム『歌は我が命~美空ひばり芸能生活20周年記念』に収録。作詞:吉岡治、作曲:原信夫。作詞者は『おもちゃのチャチャチャ』をこども向けに補作詞した人ですね。

美空ひばり『真赤な太陽』を聴く

あやしいチープ感ただようオルガンのイントロ。定位は右側寄りです。平歌では短く2拍目や3拍目ウラをとる2小節、ロングトーンする2小節をくりかえします。

サックス。左側に定位してオルガンと対の存在感です。イントロのモチーフやカウンターメロディ、オブリガードを奏でたり、右側のオルガンと協調して非常に短い音でリズムを演出したりしています。

エレキギター。左側に定位。2拍目にストロークしてリズムのアクセントに加担しています。サウンドは柔和。エッジのまるい音作りです。トーンのノブを半分くらいに絞っているのかしら。サビでのストロークはダウンの4つを重んじつつオルタネイトで味付けしている感じがしますが、トーンの性格もあって埋もれてややわかりづらいです。オルガンとサックスがとてもエッジの効いた音をしているので、バンドのバランスをよくみて、いくぶん譲った音づくりともいえるかもしれません。あるいは「特に積極的に引いた」というわけではないのかもしれませんけれど。耳に心地よいアタックなのです。私ならついエッジを立てて下品にしてしまいそう。ウォームにバンドの音を「面」で支える感じです。いなくなったら絶対さみしいはず。

ドラムス。中央でリズムを支えるとともにサウンドの核にもなっています。平歌のスネアストロークは非常に繊細。構成の端境でリムとヘッド両方を同時にヒットしたような「カン!」という甲高いアクセント。演出家が舞台稽古を仕切る際ダイナミクス・表情に富んだ素晴らしい演奏です。

ベース。やや右寄りの定位ですね。ピックストローク。ペキンパキンとしたアタックにズゥゥンと深い響きが追随します。キックとシンクロしたストローク。サビでは8ビートのダウンストロークでたたみかけます。サビ前半4小節のベースの上下の動きが激しく、ただならぬ緊張感を醸します。5度圏内を中心にセブンスも含めて動かしています。すばらしいベースライン。

ボーカル。バンドメンバーがサビで美空ひばりとユニゾンしています。またはパートを分けて重唱。エンディングの歌詞「恋の季節なの」を繰り返すところでは抑制を効かせてひそめたようなあやしげな発声。隠しごと(秘めごと)をしているかのようなあやしさ。バンドメンバーの歌唱が美空ひばりをフォローします。

美空ひばりのボーカル。ノンビブラートから、伸ばすトーンの後半でビブラートを強める移ろいが見事です。また細かいしゃくりの色付けが繊細で機微があり妙です。ピッチのハマりのパーフェクトな気持ちよさは今さら私が言うことなし。情感いっぱいに、それでいて軽妙さも漂います。私が真似したらついクドくしてしまう。美空ひばりはバランス感覚も超(スーパー)サイヤ人クラスです。

感想、後記

美空ひばりとバンド、ジャッキー吉川とブルー・コメッツの関係がかなりイーブン。両者がどちらに著しく譲るでもなく、双方が魅力を高めあっています。夢のようなグループです。こういうバランスの仕事は、美空ひばりにとって新しい境地だったのかもしれません。私が美空ひばり史をもっとちゃんと知れば、そのへんの裏付けももっと分かってくるかな。バンドマンにも絶対聴いてほしい。もちろん純歌手にも。演奏(バンド)と歌唱(ボーカル)の関係の理想モデルのひとつでは。

青沼詩郎

美空ひばり 公式サイトへのリンク

『真赤な太陽』を収録した『美空ひばりベスト 1964~1989』

『真赤な太陽』を収録した『歌は我が命 -美空ひばり芸能生活20周年記念-』

ご笑覧ください 拙演