1991 天国のドア

1991年3月、大阪城ホールでの公演『CONCERT TOUR 天国のドア(THE GATES OF HEAVEN)』で披露した『守ってあげたい』の映像。衣装が奇抜です。ピシッとからだに沿っていて艶かしくギラつきます。まるで未来から訪れた爬虫類?

広い音域にわたるボーカル。Aメロの低いところからサビの高音まで声質の魅力が堪能できますし、(その衣装のように)音程もピシっと抜群に決まっています。客席で歓喜する女性の姿。同性が惚れてしまいそうな魅力の正体はなんなのでしょう。博愛の器の大きさ、包容、先進、洗練を感じます。

シンセや、ギターのコーラスがかった透き通って多層な厚み。パツンと引き締まった明瞭でキレの良い音像のドラム。コーラスに参加している歌手も華があります。遠藤由美、高橋洋子、奥井雅美とのこと

2009 TRANSIT

こちらは2009年のコンサートツアー『TRANSIT』。バンドの音づくりが素直に自然になった印象です。1991年の洗練された音と対照的ですね。幸福そうにのびのびと歌うユーミン。余裕を感じますし、会場も温かそうに見えるのは気のせいでしょうか。照明のせいかな。鈴?を振るパーカッショニストの女性の演奏もユーミンと呼応するように開放感があり、こちらまで楽しくなります。

オリジナル音源(『昨晩お会いしましょう』収録)リスニングメモ

声質があたたかく感じます。ハーモニーが少なくとも2声部、またメインもダブって録っている感じで厚みが出ています。歌の主題を抽象した「包容」を感じます。やや奥の上のほうにキラキラした感じのトーンのキーボード。「トスっ」とまるみのあるマイルドなドラムス。エレピの音もかなりまるくさわごこちが優しいです。エレクトリックギターのカッティングも丸い。エレピもエレキギターもコーラスがかってもいるでしょうか。ハイエンドなアコースティックギターのオブリガードが滑らかによぎります。Bメロに入るところなど、要所できらりと輝きを演出するシンセ。コーラスボイスが奥ゆかしくも良演。イントロのワイド感とバンドが入ったあとのサビでは音づくりのマッピングを分けていそうです(当然かもですが)。サビで左方に小気味良いタンバリンが加勢。アウトロで左右に異パートのアコースティックギターが残って全体が消えていきます。

曲の主題がもたらす印象のとおり、あたたかく懐の広い音像になっています。音作りにおいて、かなり意識したのかもしれませんね。だとしたら、今私に意図のとおりに刺さっています。秀逸な音源です。

後記

曲は1981年リリース。シングル曲かつアルバム『昨晩お会いしましょう』収録曲です。1991年、2009年のツアーの記録と聴き比べるとそれぞれ違って非常に面白かったです。オリジナル音源が一番暖かかったですね。1991年の硬質な透明感もまた格別です。低ノイズ高音質の方向に時代がかなり行っていた頃なのでしょうか。2009年はそちらの方向から少し自然体になった印象。飾らずカジュアルで友好的な雰囲気を感じました。2021年6月でこの曲のシングルをリリースしてちょうど40年です。ずっと守り、守られている博愛の曲。

青沼詩郎

松任谷由実 公式サイトへのリンク

『守ってあげたい』を収録した松任谷由実のアルバム『昨晩お会いしましょう』(1981)

1991年の大阪城ホール公演収録の『WINGS OF LIGHT “THE GATES OF HEAVEN” TOUR』

ご笑覧ください 拙演