灰色のページが光彩をはなつ

はっぴいえんど、大滝詠一、山下達郎、松本隆などへの興味からKinKi Kids『硝子の少年』を最近鑑賞しなおし、それからジャニーズの歴史をかいまみるとフォーリーブス、初代ジャニーズなどがあることに思い至り、その初代ジャニーズが歌った曲のひとつに『涙くんさよなら』があり、それを作曲したのが浜口庫之助で、浜口庫之助の作品は枚挙に暇がありませんがひとつに『みんな夢の中』があります。

私はこの歌の発売当時を知る世代では全然ないのですけれど、音楽のネタさがしに歌本(ポップスのコードメロディ譜を集めて掲載した本)をよく利用していて、それで出会うことができました。歌本は自分が聴いてこなかったメロディに出会えるので重宝しています。ネットでのスポット検索や関連の表示でももちろんこうした「自分の知る世代以外のもの」といくらでも出会えると思いますが、意外とそれも自分のネットの使い方の凝り固まりのせいで同じようなもの、偏りのあるものとの出会いばかりになってつまらなさを感じる日もある……気がするので、やはり紙の本での出会いも面白いのです。

ネットをつかって自分の知見を更新していると、紙の本で以前何気なく読み飛ばしてしまったページに目が止まるようになることも多いです。たとえば、浜口庫之助が作詞・作曲した『涙くんさよなら』も『みんな夢の中』も、私が頻繁に開いている同じ歌本に載っているにも関わらず、以前の私は「ふぅん、こういうのもあるのね」程度に読み飛ばしてしまっていました。ところが、冒頭で述べたように、自分の興味にしたがった地続きの音楽の数珠繋ぎが自然に至ったとき、かつては灰色だったページが光彩を放って存在を示し始めるのです。

『みんな夢の中』曲について

高田恭子のソロデビューシングル。1969年発売です。作詞・作曲:浜口庫之助、編曲:小谷充。

『みんな夢の中』高田恭子の映像

「今週の歌は」とはじめるナレーション。当時の毎週放送の何かしらのテレビ番組の映像でしょうか。「キングレコードの新人」と紹介していることから、「歌手といえばレコード会社に所属」が主流だったのかなと想像します。いまでももちろんそれはあるでしょうけれど。

カラーだったらどんな色なのでしょうね。木々は葉っぱのあるものも冒頭付近に映りますが、ほかの木々の枝の多くは裸にみえますので撮影時期は冬でしょうか。映像中の高田恭子の服装だと寒かないかい? などと余計な心配をしてしまいます。衣装の両ソデのドット柄がなんとなく年代を思わせます。現在こういうファッションをすると、60〜70年代に関心のあることを示す自己主張にもなるかもしれません。もちろん、当時は当時で、こうしたファッションの特徴はさらにさかのぼった年代の何かしらのリバイバルなのかもしれません。ファッションに疎いのでわかりませんが。「社会の成熟」で片付けたくはありませんが、現在ではファッションもある程度選べる豊かさや多様性があり、この映像の高田恭子のような服装・髪型・化粧をした人が今この瞬間の街を歩いていても悪目立ちしないはずです。

みんな夢の中 リスニング・メモ

タンバリンがシャリシャリと華やか。シェーカーかカバサのようなシャッシャッという音も聴こえます。ライドシンバルの音色・スティックの共鳴がブライト。ドラムスはスネアがリムショット。ストリングスのメロディ、グロッケンが彩ります。

高田恭子の歌唱は、歌謡や演歌の匂いもしますがちょっと垢抜けた感じも持ち合わせていて絶妙。

ドラムスはBメロでリムからオープンサウンドへ。

ガット(ナイロン)のギターが中央付近から、12弦のスティール弦のギターが左のほうからオブリガード。エレキ・ギターがン、チャッチャといった感じで2拍目のオモテ・ウラ付近にアクセント。

ワンコーラス後の間奏には木管(クラリネット?)ソロから12弦ギターへソロ渡し。

2コーラス目はヒラウタにも木管楽器の存在感。

エレキベースのピック弾きのグリグリしたアタック音がエンディングで目立ちます。

歌詞

冷たい言葉で暗くなった夢の中 みえない姿を追いかけてゆく私 泣かないで なげかないで 消えていった面影も みんな夢の中(『みんな夢の中』より、作詞・作曲:浜口庫之助)

3コーラス目の歌詞が妙に私にすっと入ってきます。現実のあれもこれも、みんな夢の中……と結ぶ。境目がなくなって溶けてしまいそうです。つらいこと、理想とちがうことは現実じゃなかったらいいのに。これが夢だったらいいのに。夢を現実に置き換えたらどうでしょう。どうせ現実だもの。あれもこれも、み〜んな現実。夢も現実に含まれているのです。反対じゃないかって? 夢と現実の呼び方が、私の思っているのとひっくりかえっているのじゃないでしょうか。みんな夢の中。現実さえも、夢に含まれるのです。そんな歌(違う?)。

後日の高田恭子?

なんと、後年のパフォーマンスでしょうか。高田恭子が「浜口庫之助の門下生となった」とナレーション。なるほど、作詞・作曲家のもとに歌手がつくという関係(ならわし)があったのですね。

歌唱の印象がオリジナルとだいぶ変わりました。歌の乗せかたの、うしろ方向へのひっぱり方がかなり熟した印象です。

青沼詩郎

『みんな夢の中』を収録した高田恭子『夜もバラのように』(1970)

高田恭子『みんな夢の中』を収録したコンピレーション『青春歌年鑑 ’69 BEST30』

玉置浩二『みんな夢の中』を収録した『群像の星』。エレピ、少しゆらめくエフェクト(トレモロとコーラス?)をかけたようなアコースティック・ギターがまったりとした空気。女声コーラス、ふくよかな音色の金管楽器、オーボエもいて曲想を彩ります。

村上紗由里『みんな夢の中』を収録した『遠雷』。波の音にはじまり波の音に帰ります。ウクレレ(定位:左)、スライド奏法のアコースティック・ギター(定位:右)に囲まれたボーカル。すっきりと澄んだ歌声です。

私がよくネタ探しにつかう歌本の最新版『歌謡曲のすべて 下 2021年度版 (プロフェッショナル・ユース)』

ご笑覧ください 拙演