時を越えた歌本の記名スペース。6年間どころじゃなく重宝している。

財津和夫の『切手のないおくりもの』は、気付いたらなんとなく知っている曲だった。

どこで初めて触れて知ったのかもはや覚えていないのだけれど、『新版 歌はともだち《カラー版》』(教育芸術社、1983年)にも掲載されている。この本は小学校の音楽の授業で使われていた。どういうわけか、現在私の手元にあるのは5歳上の兄が同じ小学校で使っていたものだ。彼のフルネームがひらがなで、裏表紙の内側の記名スペースに書き込んである。

きれいな順次進行を大部分にした滑らかで歌いやすいメロディで、うるっとする歌詞。

http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=F01127

歌詞の“○○○…あなたへ”の○○○…の部分が番ごとに変わる。世界中にいるであろうあらゆる人が、あらゆる“あなた”に向けて歌うことができる。広く一般に歌われることを想定したんだと思う。Wikipediaを見たら『You Are My Sunshine』のような曲を、というオーダーのもとにつくられたのだとか。なるほど、すごくわかる。

シンプルなようでいて、滑らかで綺麗な順次進行のうしろでは、なかなかコード進行が工夫されている。ディミニッシュやⅤマイナーなどを織り交ぜて響きを変化させる。ベースラインも転回形(分数コードとも)を含めて半音進行や順次進行させるなど、音楽的な趣向が凝らされている。が頭の中に再生しているのは、1996年の再リメイク版か。女声のコーラス入りのもの。
この曲が私は大好きで、ローカルなおまつりや小さな無料のイベントで何度も演奏した。聴き手を選ばないから、重宝した。最近は新型ウィルスの影響でそうした機会もすべて失ったけど。

財津和夫『切手のないおくりもの』の最初の発表は、テレビ番組の『歌はともだち』(NHK、1977年)。1978年には『みんなのうた』で放送された。反響を繰り返したロングヒットだ。そうやって、いくつもの機会に渡って浸透した曲だからか、私の中でも「気付いたら知っていた名曲」だった。

そうしたこともあってか、私は財津和夫率いるバンド・チューリップをろくに聴いたこともないうちから『切手のないおくりもの』を認知していた。未だにちゃんとチューリップを通っていないなと思って、今朝再生したアルバム『魔法の黄色い靴』(1972年、東芝音楽工業)。これが私に刺さった。これがそう、なんたる「ビートリー」さか。表題曲から想起するのはThe Beatles『Hello, Goodbye』で間違いない。チューリップをちゃんと通っていなかった私は、財津和夫に「和製ポール・マッカートニー」なんて通り名(キャッチコピー?)があることも知らなかった。確かに、ポール・マッカートニーを思わせるメロディ・ハーモニーの甘美さ、アレンジメントや歌詞の強烈なフック。もう、敬愛が全面に出ている。これほどまでとは知らなかった。感服のリスペクトとオリジナリティ。

財津和夫は福岡出身で、LIVE & 喫茶 照和に出演した人でもある。井上陽水、武田鉄矢、甲斐バンド、長渕剛…。近年(?)だと長澤知之もここに立った経歴を持つ人のようだ。

松田聖子への楽曲提供とか、財津和夫(チューリップ)まわりでおもしろいことが一朝一夕ではとても掘り尽くせない。

『切手のないおくりもの』はセルフカバーアルバム『サボテンの花 ~grown-up~』(2004年、Victor)に収録されている。

青沼詩郎

ご笑覧ください 切手のないおくりもの カバー

財津和夫オフィシャルサイト
http://www.zaitsukazuo.com/

切手のないおくりもの Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%87%E6%89%8B%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%8A%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%82%82%E3%81%AE