以前、このブログで『走れ正直者』を取り上げた

西城秀樹が歌う『走れ正直者』はアニメ『ちびまる子ちゃん』2代目エンディングテーマ(1991)。作詞:さくらももこ、作曲:織田哲郎

アニメを象徴する曲として広く知られるのが『おどるポンポコリン』ではないか。1990年、初代エンディングテーマ曲。B.B.クィーンズが歌う。ボーカルは近藤房之介と坪倉唯子の二人だ。当時は覆面ユニットだったそう。ヒットと要望の大きさによってメディアへの露出へ踏み切ったようだ

作詞:さくらももこ、作曲:織田哲郎。『走れ正直者』と同じ二人だ。

コード進行はめっちゃシンプル。

Aメロ|Ⅰ|Ⅵm|Ⅳ|Ⅴ|

Bメロ|Ⅳ|Ⅳ|Ⅰ|Ⅰ|Ⅵm|Ⅵm|Ⅴ|Ⅴ|。1つのコードにつき2小節に渡る。出だしをⅣにすることで雰囲気を変えた。

サビはAメロと同じパターンだが|Ⅰ|Ⅰ|Ⅵm|Ⅵm|Ⅳ|Ⅳ|Ⅴ|Ⅴ|と1コードでひっぱる長さを変えていて、そこはBメロを踏襲。変化の移ろわせかたが巧い。

こんなシンプルなコードのはこびで珠玉のポップが生み出せるのだとオダテツこと織田哲郎氏は私に教えてくれているよう(「つるり」と1分ほどで作ったとか)。

意味なしリフレイン

この歌詞の前に私が何を論せるか。不安しかない。

“ピーヒャラ ピーヒャラ パッパパラパ ピーヒャラ ピーヒャラ パッパパラパ ピーヒャラ ピ おなかがへったよ ”(『おどるポンポコリン』より、作詞:さくらももこ 作曲:織田哲郎)

意味がなく気持ちがよい響き。テキトーでソラゴトをつぶやいてもこうはならないのではないか。靴下で人の心に上がり込むこの感じ。しょうがないからお茶くらい出してしまう。なんなら流れで煎餅も卓に現れるだろう。「おなかがへる」のは人類共通の生理である。手術で胃がない人もいるが栄養は採る必要があり、生きている者に共通する方針であり宿命。それが、「おなかがへる」ということなのだ。これはさくらももこの体感覚の普遍性と独自性のバランスがなせる業ではないか。

B.B.クィーンズに近藤房之介

B.B.クィーンズにピンと来たのは、2020年8月に見た特別番組『磔磔というライブハウスの話』に近藤房之介が出演していたからだ。彼がB.B.クィーンズの一員だったことに当時の私はピンと来ていなかった。たまたま最近『おどるポンポコリン』のことを思い出して、B.B.クィーンズについても検索して知ったことで、「ああ、あの近藤房之助!」とつながった。『おどるポンポコリン』は知っていても、B.B.クイーンズのメンバーが誰かまでは長いこと意識したことがなかった。

オリジナル音源の坪倉唯子の声は、再生速度を速める処理をして、声質を少女のそれに近づける演出をしているというが私にはライブとの違いがよくわからない。近藤房之助の合いの手ボーカルの熱量がライブだとより高くてうっとりする。

余談

近藤と坪倉の間には当初の報酬条件に違いがあったらしく、近藤が印税で坪倉が買い取りだったという。大ヒットによって印税が圧倒的に高くなっただろう。そもそも『おどるポンポコリン』のメインの歌唱は栗林誠一郎の予定だったのを変更して坪倉になったという。そのへんの事情が待遇にあらわれたのか。近藤は坪倉に1度や2度くらい飯をおごっているかもしれない(邪推)。また、織田哲郎には当時「まる子」と同じくらいの年代の娘がいて、彼女を喜ばせやしないか意識して作曲したともいうがヒットしたこの曲に対する本人の反応は思ったほどでなかったという。なんだか『ちびまる子ちゃん』の本編内でも出会えそうな「とほほ」な感じのエピソードが現実にも盛りだくさん。

青沼詩郎

B.B.クィーンズ 公式サイトへのリンク

B.B.クィーンズのシングル『おどるポンポコリン』(1990)

『まるまるぜんぶちびまる子ちゃん』(2004)。B.B.クィーンズ『おどるポンポコリン』ほか多数収録。

『おどるポンポコリン』を収録したB.B.クィーンズのアルバム『We are B.B.クィーンズ』(1990)

ご笑覧ください 拙演