Radioheadを知った高校のとき

Radioheadが抜群に好き。アルバム『OK Computer』は中でも1番好きかもしれない。『Hail to the Thief』(2003)も好き。『Kid A』(2000)も(…あ、見境なくなってきた)。

高校生のときにツタヤで色々借りた。その中でRadioheadを知った。それで1番好きになってしまった。1番好きなバンドを聞かれたら、Radioheadと答えた。今でもそう答えるだろう。もう17、8年になるか。

OK Computer』はツタヤで借りたのち、あまりにも気に入ったので高校生だった自分の小遣いで輸入盤を買った。中でも抜群に好きな曲がある。4曲目『Exit Music(For a Film)』。いや、『No Surprises』も。あ、『Electioneering』も…(全部好きなのだが)。

Exit Music(For a Film)

『Exit Music』は(For a Film)とあるように、映画『ロミオ+ジュリエット』に書き下ろされた。

父ちゃんに見つからないように服を着て荷物を詰めて逃げよう的な刹那が描かれていてその空気の温度(冷たさ)や緊迫が鋭く描かれている。

その鋭さと対立するかのような、柔和なマイナーコードのアコースティックギターのストローク。艶やかで妖しい。トム・ヨークのヴォーカルは極限のささやき。子音の破裂音なんか最高。

曲の後半で1回だけ盛り上がる構成。緊迫した繊細な表現をぶち壊すぶりぶりブーストしたベース

うろうろする調性。基本Bmなのだけれど、部分的にはAmやG-Cモーションもある。長短の3和音が基本で分数コードづかいが妙味。

メロトロン

人の声を思わせるサウンドが使われているのだけれど、どこか「嘘くさい」。これはメロトロンという楽器で(たぶん)、元祖サンプリング楽器。オルガンの様な箱形の鍵盤楽器のなかに、アナログテープが入っていて、鍵盤を弾くとそのテープに収録された音色が再生されて鳴る。

音色にはいろいろ定番があって、フルートやストリングス、この曲にも用いられているであろうコーラスヴォイス風もあって他のミュージシャンの他の曲でもしばしば出会う。たとえば最近だと私は小山田壮平『OH MY GOD』にもこれにそっくりのトーンが使われているのを認めている。

アナログテープを通るとこのように「嘘くさい」音になるのだろうか。「嘘くさい」と否定的な表現をしているけれど、これは愛の裏返し。私はメロトロンのトーンだ大大大好きなのだ。

メロトロンのフルートのトーンがアタマの中に鳴っているのだけれど、何の楽器をどう使ったらあの音になるのかわからなかった時代があった(つまり、メロトロンという楽器を知らなかった)。そのとき私はリコーダーを自分で演奏して多重録音し、「メロトロンのフルートトーン風」を手作りしたこともあった。フルートとリコーダーは楽器の仲間としてとても近親なので当たらずとも遠からず、良き思い出。メロトロンという楽器の存在と実態を知ったときは、そういうことだったのかと深く思った。

ちなみに、トーンを変更するためには箱を開けてアナログテープをガポッと入れ替える。メロトロンっぽい音は、たぶんいろんなキーボードやシンセにあらかじめサンプルされて(サンプルのサンプルか)デフォルトパッチに入っていたり、いくらでも後から追加できたりするだろう。だから、メロトロンがなくても多分それっぽい音は出せる。でも実物そのものの音はやっぱり格別だろう。楽器(実機)はとても貴重。これを備えたスタジオはどれくらいあるのだろう。エンジニアやミュージシャンの私物がほとんどかな。

青沼詩郎

『Exit Music (For a Film)』を収録したRadioheadの『OK Computer』(1997)

ご笑覧ください 拙演『Exit Music (For a Film)』

青沼詩郎Facebookより

“Radioheadが好きで特にアルバム『OK Computer』は抜群に好きで「無人島に一枚持ってくなら」とか「棺に入れて欲しい一枚は」とかいうつまんない質問が仮にあったならこのアルバムを挙げるのもいいなと思わないでもない。
これを聴いていたら暗いと言われたことがある。
特に収録曲のなかでも暗いかもしれない『Exit Music』みたいな曲を私が愛好するのは、その暗さに憧れるからなのか、あるいは自分との同調を感じるからなのか。
暗いという表現を使いはしたけど、Radioheadを暗いと思ったことはない。そう表現する人が周りにいて「そうか(そう感じるのか)」と知った。暗いというか普通に一番かっこいいと思ってた。今でも思っている。
『Exit Music』にはメロトロンのコーラスボイスみたいな音が使われている。メロトロンはぱっと見、オルガンみたいな箱型の鍵盤楽器だけど中にテープが入っていて、鍵盤を押し下げるとテープに収録された音が再生される元祖?サンプリング楽器。フルートやストリングスやコーラスボイス?のようにいろんな音色のバリエーションがある。けど、どうもそのサンプリング元の楽器とは決定的に違う音になるみたいで不思議。アナログテープを通るとそうなっちゃうのか。「既存の楽器(声)に似ているのにどこか違う」その音はメロトロンかもしれない。
…というRadioheadの名曲をやってみたらまじ誰得動画になりました。”