昨日に引き続き、The Flaming Lipsが私を巡回している。いや、逆か。

The Flaming Lipsが発したもののまわりをうろうろする私。

昨日は彼らの曲『Race For The Prize』を中心に取り上げようかとよっぽど思った(「よっぽど」ってなんだ?)が、その気持ちを抑えて新しい曲の『Flowers of Neptune 6』にフォーカスした(記事はこちら)。急ぐ優先度が高いと思ったからだ。

で、結局1日遅れて『Race For The Prize』を取り上げる。

The Flaming Lips『Race for The Prize』はアルバム『The Soft Bulletin』(1999年)の1曲目だ。(2019年発表のオーケストラとのコラボ盤もある。)

浮遊する転回形ベース

私が大好きなポイントは、ヴァースの低音の転回形だ。

コード進行的には、たぶん

|C|F|G|C|F|F|C|C—G|

とみていいと思う。シンプルだ。

と、あえて転回形を外して書いた。

今度は、演奏から聴き取った低音のポジションを反映させてコードを書いてみる。

|ConG|FonG|Con|FonC|FonCCC—G|(ざっくり)

シンプルなコード進行に浮遊感を与えつつも、ボーカルの旋律と調和している。

私がよく好んで聴くような、シンプルでアナログな編成のロックバンドの演奏で、なかなかこの低音の転回形のポジショニングに出会うことはない。

歌詞のない?多幸コーラス

この曲でいう、コーラス(サビ)はどこなんだろう。オープニングの、ストリングシンセ?みたいなトーンが音楽をリードする部分。あれがコーラスみたいなもんか。この部分は、人間の声を加工したみたいな音を連れて何度も帰ってくる。コーラス部が、さらに厚みをもって膨らむ。

歌詞のないコーラス(サビ)、とでも言おうか。この部分のシンセストリングス?のメロディがまた、いい。

ずっと、低音に対して7度の音程で進行するのだ。

コード的にはこう。

|FM7|—|Em7|—|Dm7|—|CM7|—|

この進行のうえで、メロディは

|ミー|ーソーラソ|レー|ーソーラソ|ドー|ーソーラソ|シー|ードーレ|

みたいな感じ。

動きを出してるけど、基本、低音に対して長7度・短7度の音程を取っている。セブンスの響きが、音の輪郭を複雑にする。

下に広い低音

ここで、低音がきちんと順次進行で下がっていくのがミソだと思うのだけれど、実はこの曲、なるべくローなポジションでこの低音の下降を鳴らすには、一般的なエレクトリックベースのレギュラーチューニングの音域を逸脱してしまう。

エレキベースのレギュラーチューニングで出せるは、下のE(ミ)まで。ところが、この曲ではその2全音下のC(ド)まで低音が聴こえる。C(ド)はこの曲の主音とみていい。大事な音だ。

ライブ映像を見てみても、通常よりも低い音が出る太い弦が加えられた「5弦ベース」を使っている様子はなさそう。通常の4弦ベースで、チューニングを下げているのかもしれない。

ブリッジに入ったところでは、大胆にベースが脱落する(ライブでは弾いてたりする)。上では、ハープらしき音がポロンとメージャーセブンの響きを乗せる。コーラス前に盛り上がりをグっと抑えたうえで、コーラスに入る。多幸感が爆発する。

それぞれの「Prize」

歌詞に描かれる情景のひとつが、「サイエンティスト同士の競争」だろうか。人類のために、犠牲になるのは誰か? その一人ひとりに、家族やパートナーがいて・・・。

タイトルにもある、「Race」という単語。競争という意味もある。で、種族、人種といったような意味もある。つづりも発音もまったく一緒。ここには、必ずやダブルミーニングが込められていると私は思う。

Prize」は賞とか、目指すべき価値あるものといった意味か。

サイエンティストにとっての「Prize」とは何か? 人類にとっては? あなたや私にとって・あなたや私の大切な人たちにとっての「Prize」ってなんだろう?

むすびに

The Flaming Lipsの編成は豊かだ。ギターやシンセ類のウワモノが多い。近年のライブ映像にはドラマーも2人いたりする。ワーナーの日本サイトのThe Flaming Lipsトップページのアー写だとメンバーが7人写っている。おそらくこれが最新の編成か。どんどん新しい可能性に挑戦する彼ら。その軌道に沿って、変態していくバンド。たまたま今(最近)の姿がそれだというだけで、また未来、変わっていくかもしれない。私が注目し続けていきたいバンドの最たるものだ。

青沼詩郎

動画、いろいろ見ましたので貼っておきます。

小林幸子感あり(?)

覆われて、マイクハウってます。すごい演出。

客席に伸びた電飾に、いろんなメタファーを考える。

こちらの曲含むアルバムのきっかけとなったのは、実在するバンド・ボアダムズのヨシミさんみたいですが、曲中で描かれるヨシミさんはそれはそれで架空の存在だとか。

リンク

POKKA GALLERY ウェイン・コイン(The Flaming Lips ボーカリスト)へのインタビュー
http://www.largeprimenumbers.com/pukka-gallery/interviews/int-wayne.html
めっちゃ貴重なソースに思うんですが、インタビューの書き手の「古國 宴代」さんについて、あまり多くわかりませんでした。でも、素晴らしい内容でした。