瑠璃色の地球 2020 MV

手のひらを天にむけてやや上を向く松田聖子。海、帽子を被った彼女のモノクロ写真。スライドで静止画をクロスしてみせていきます。海にいる松田聖子を撮影したものが連続します。こちらに目線をやるカット、風に髪をゆだねた横顔。海のおもて。花のおもて。風景や対物写真はカラーになりましたね。デッキのような場所で過ごしたり海の中に立ったりする松田聖子。寝転んだ横顔のアップ。まっすぐに流れる髪がわかるカットが多く含まれています。海にむかってこちらに背をむけ座っている松田聖子。木の横にたたずみこちらに目線を送る縦長のカットでフィニsシュ。

公式チャンネルによるMVのよう。公開日に2020年7月15日とあります。これ、新型コロナウィルスの影響が私の頭をよぎりますが思い過ごしでしょうか。コロナ禍で大変な社会になったからこのような発信(MV)をしたのか、コロナ禍の社会だからこそ「できるコト」としてこの発信をしたのか。特に関係なく、もともと予定していたことなのでしょうか。

「瑠璃色の地球2020」ユニバーサルミュージック特設サイト

「コロナ」の文字は特にサイト内にみられませんが、“今こそ” “2020年の今、改めて危機に立つ全世界へ響くメッセージソング” とあります。松田聖子が2020年に40周年を迎えることは明らかだったはずですが、「何をするか」「リスナーにどんなものを届けるか」の内容がこうした形になったのはコロナ禍の影響があった……と私は思います。

「瑠璃色の地球 2020」スペシャルティザー映像 / 松田聖子

“大切な思い出” をテーマにした公募写真をもちいた映像。

1枚あたりにかける時間は短め。より多く採用するため、特定の1枚に鑑賞者の意識がとどまりすぎないための配慮でしょうね。風景、もの、人、生き物。エピソードと共に募ったようです。写真のかたわらに曲想に合ったフォントで歌詞が表示されます。ぱっと見、きれいなさしさわりのない画面にみえる写真にもきっと思い出の機微が込められているのでしょう。写真のみの募集でなくあえて「エピソードと共に」としたところに、「思い出」を尊重した企画の趣旨が読み取れます。私が選者だったら情がうつって選べなくなりそう。

曲について

作詞:松本隆、作曲:平井夏美。 松田聖子のアルバム『SUPREME』(1986)に収録。編曲は武部聡志。

松田聖子『瑠璃色の地球』を聴く

ピアノの下行音形リフ。折り返しにストリングスをまといます。

前奏をおえて松田聖子のていねいな歌がはいります。ピアノのアルペジオプレイ。Aメロ折り返しからストリングス(低)。ロングトーンで徐々にダイナミクスを上げて姿をあらわします。ストリングス(高)も麗麗と絡んできます。ワンコーラスはピアノとストリングスのみで完奏。

2コーラス目でベーシック(ドラムス、ベース)が入ってきます。ドラムスはリムショット。ベースは1拍目を中心に4拍目ウラにもひっかける打点です。ピアノのアルペジオが目立っていましたが2コーラス目はシンセキーボードっぽいトーンがアルペジオをプレイ。2コーラス目サビでドラムスのスネアがオープンに。左のほうから華やかな金属質なシンセっぽいトーンがきこえます。1コーラス目で目立っていたストリングスは脇役に。キレの短い刻みを添えているようにきこえます。ピツィカートではなくアルコで短く切った音でしょうか。でも奥の方に白玉(長く伸ばす)系の音もきこえます。パート分けしているのでしょうかね。エレクトリックギターの歪んだ長いストロークもサビの時点で入っているでしょうか。

Cメロでエレキギターが目立ちます。ここでの存在感は明らかですね。ボーカルに合いの手するタイミングでストリングスのアルコとピアノの分散和音。4度上行(Ⅱ→Ⅴ)形の細かい和音チェンジでリスナーの視線(耳線?)をかきまわしてフェルマータ(停止)、半音上の調のⅤを聴かせて転調。ラストのコーラスへ。

ドラムスパターンが「ボレロ」っぽい。8分音符を3つに割ったプレイ。1拍なら6連形ですね。壮大な曲想をかもすアイコン的アレンジともいえそうです。最後はコシのあるエレキギターの長いストロークも目立ったままサビ。“瑠璃色の地球”を繰り返し、3回目はピアノのメロディで “(瑠璃色の地球)” を表現。アウトロはベーシックが抜けて幻想・宇宙のひろがりを感じさせフェイドアウトで遠くなります。

でだしのコード進行

|D♭|D♭/C♭|G♭/B♭|G♭m/B♭♭|

|D♭|D♭/C♭|G♭/B♭|G♭/A♭|

ⅰ→ⅶ♭→ⅵ→ⅵ♭とバスが下行していくパターン。最近このブログで取り上げた井上陽水『帰れない二人』のイントロと似ています。保たれる共通音と移ろっていく特定の声部の対比が空や地平、その彩の変化を表現して思えるのです。夜、夜明け、朝などの情景を想起させますし、そういった曲想・歌詞と相性が良いように感じます。

Cメロ(大サビ)のコード進行

2コーラス目のサビ後、“ひとつしかない 私たちの星を守りたい”と歌うところ。

|D♭/C♭,B♭7|E♭m|C7,C7/E|Fm ,B♭7,E♭m,A♭7|

ブロックのアタマからセブンスを低音に配置した分数コード。直後にⅣの和音を予感させますがここはⅥ7に進行します。さらにその先のⅡm(E♭m)につなげるためのドッペルドミナントです。さらに次の小節でC7→C7/Eの配置転換。1小節をつかって次のFmにつなぐドミナントです。Fmに解決したかと思えばここで1拍に1和音をあてがう、めまぐるしいコードチェンジ。FmをⅡmに読み替えればⅡm→Ⅴ7、これを長2度下げて同型反復。反復時のE♭m→A♭7で元の調・D♭のドミナント・モーションにさりげなく戻っています。ここでフェルマータ(音を伸ばして停止)。

主和音・D♭に解決するかと思いきや、ドラムスのフィルインを入れて半音上の調のドミナントを1拍。新調のDに転調してラストのサビです。

緊張の連続するこの大サビ〜ラストコーラスの流れがトリッキー。「これは……」と思い作曲者を検索。平井夏美と出る……井上陽水『少年時代』のあの平井夏美じゃないか! なるほど、この音楽のフックの起伏や角度、なんかわかる(彼の特長)かも……と1人納得。唸りました。

単語の反唱

“夜明けの来ない夜は無いさ あなたがポツリ言う”(『瑠璃色の地球』より、作詞:松本隆)

松本隆のことばづかい(歌詞における単語づかい)に私はたいへん影響をうけました。

具体的にいうと、同じ単語同じ単語を用いたほとんど同じ言い回しのやや違う単語、あるいはほとんど同じことを意味する単語や言葉づかいのつづけざまの使用です。

上に引用した歌い出しのラインをご覧ください。“夜明けの来ない夜は無いさ”。「夜明け」「夜」と、近い位置に「夜」が位置しています。

文章を書くときのことばの取捨選択の方針のひとつに、「重複をさける」「同じ言い回しをさける。その必要があるときは、意味が近い別の言い回しを考える。それが無理なら、同じ言い回しのあいだになるべく距離をとる」というのがあると私は考えています。

ですがどうでしょう、『瑠璃色の地球』では、歌い出しから“夜明けの来ない夜は無いさ”

私が松本隆の作詞から学んだことのひとつは、歌詞をかく時の言葉づかいと、文章や記事を書くときの言葉づかいの方針は別ものであるということ。

私の好きな松本隆の作詞のひとつに、大滝詠一『君は天然色』“過ぎ去った過去(とき)”というフレーズがあります。こちらも、“過ぎ去った” “過去(とき)”といった具合に、ほとんど意味するところのおなじことばづかいの連用がみられます(「過去」と書いて「とき」と読ませるのは、ひとヒネリ効いていますけれどね)。

「重複をさける」はもともと、新聞記事を書く際の方針に由来する教訓です。新聞記事では、記事のスペースが限られます。限られるスペースで、意味の近いことや似た表現を繰り返していては、他の大事なことを伝えるスペースを圧迫してしまいます。「短く・端的に」=「短・端・文(たん・たん・ぶん)」と肝に銘じ、限られたスペースに、重要度に順番をつけて、優先度の高い情報から順に、無駄を削ぎきって報じるのです。それはパズルにも似た「正解のある文章の世界」かもしれません。

これが歌詞となればまったくお門が違います。

新聞記事よりは、演説の世界と近いかもしれません。大事なことは繰り返すことで印象づけるのです(逆もあって、筆や声が走って紡ぎ出した「繰り返し(リフレイン)」こそがその歌の核となることもあるでしょう)。同じ表現や意味の連用や反復がむしろ、歌詞においては吉となりうるのです。

もちろん、さまざまな畑のことばづかいの特長やポリシーを知ることで、それぞれの畑に革新をもたらすヒントが得られるかもしれません。松本隆の言葉遣いの秘密のひとつに気づけたのも、私が歌のことばと記事の書き方の両方に関心を抱いていたからにほかなりません。まぁ「革新」はおおげさかもしれませんけれど、「ことばの世界のおもしろさ」を深めてくれる……くらいの見返りは私が保証しておきます。

まとめのひとこと 後記にかえて

平井夏美の音楽の語彙の豊富さ。こりかたまった心に染み入る松本隆の言葉つむぎ。音楽とことばを透明に映しとる松田聖子の歌唱。Cメロ(大サビ)の緊張の連続に「おっ」と思い、それをきっかけに細かくみていくほどに良い曲。裏表のない美しさに出会えた稀。普遍を究めるほどに、いろんな個人や社会の境遇に響くのです。さながら、三賢人の楽船か。

青沼詩郎

松田聖子 公式サイトへのリンク

『瑠璃色の地球』を収録した松田聖子のアルバム『SUPREME』(1986)

ご笑覧ください 拙演