みつけた映像をいくつか

芹洋子

でっぱなからスケールの大きいサウンド。高らかな金管楽器、合唱団。派手に鳴り響くドラムス、シンバル。

芹洋子の歌唱はまろやかですっと入ってきます。間奏はコーラスの「ルールル……」。「秋」のところで芹洋子がセットの降りていき、ろうそくを持った人たちが彼女のうしろに入ってきます。歌謡祭か何かだったのでしょうか、このおまつり? ぱっとみた感じ、歌手やミュージシャンぽい個性的な人びとがろうそくを振っていて気になってしまいました。このコンサートのほかの出演者なのでしょうねきっと。見る人がみればそれぞれどれが誰なのかおわかりになるのかもしれません。最後のコーラスは歌詞でなく「ランララ……」で円団のフィニッシュ。

後半は前半と同じ映像にオリジナルの音源を重ねたものでしょうか。

ザ・ドリフターズ

ザ・ドリフターズ。まともな『四季の歌』はなかなか聴けません。『四季の歌』というタイトルの「曲」ではなく「コント」ですね。こういう、グループでのフル生演奏の音楽コントは意外と古今東西をみまわしても貴重かもしれません。今見ても笑える。ドリフは耐用年数ある普遍の笑いだと改めて実感しました。最後にようやくワンコーラス(たったのワンコーラスなのに……)演奏しきったときの爽快感。勢いにのって体操コントのおまけつき。バシっと決まって気持ちいい。最後はちゃんとスカすのはお約束。

曲について

荒木とよひさ作詞・作曲。1960年代、荒木とよひさが19歳くらいのときのことだそうで、彼がスキーをしていて骨折し入院。かなり入院生活が長引いてしまった大怪我だったようです。病室にギターを持ち込んで作詞作曲したそう。看護師らに歌をおくり、それが広まったといいます。春の部分のワンコーラスを書いて以降、ある程度時間の幅をもって四季にわたる歌詞を完成させたそうです。

彼の知らないところでも詠み人知らずのまま歌の評判は波及、ついにはレコード化へ。そのときにあたって、彼が名乗り出る(知人らの後押しで)という順番だったとか。この曲が彼の作詞(作曲)家のスタートです。

たくさんの歌手に歌われてきましたが芹洋子のヒットが大きいようで、今でも私が容易にアクセスできる音源に芹洋子版の歌唱が確かにあります。私の持っている複数の歌本(Cメロ譜集)にもこの曲が掲載されています。歌いやすいメロディが、歌をより広がりあるものたらしめたのでしょう。

プロ発信の歌が大衆に受け入れられていつしか愛唱歌に変わるケースはもちろんあると思いますが、もともと口伝ての歌がプロに拾われ広められ、ふたたび大衆のあいだの歌に帰化する、それも戻ったときには当初よりもはるかに大きな規模で広まるということもしばしばあるようです。このケースでいうと私は金子詔一作詞・作曲の『今日の日はさようなら』、京都竹田民謡『竹田の子守唄』を思い出します。前者の曲の規模を大きくした立役者は森山良子、後者は赤い鳥でしょう。

メロディについて(音楽家目線で)

順次進行を中心にしたなめらかな音程の移ろいを中心としたシンプルなメロディ。また、すべてにわたる音域がなんと短6度あれば歌えるのです!! この歌いやすさは驚異。身近な童謡をあれこれ思い浮かべてみても、なんだかんだ少なくとも1オクターブ(8度)超は使用してしまっているものがほとんどです。あの『ふるさと(故郷)』(♪うさぎおいし……のやつです)ですら、使用音域は1オクターブ+超2度(長9度)。『四季の歌』は、Jポップの側面をきちんと持つ曲としてダントツの音域の狭さ(うたいやすさ、一般の親しみやすさ)を持っているのです。もっとわらべうたの類まで含めていけば、「ほ・ほ・ほーたるこい」なんて完全5度におさまりますし、たった2音(長2度)でうたえるものも中にはあるかもしれません。

詞について

〇〇(季節の名前)を愛する人は……(中略)……僕の〇〇(人を指す名詞が入る)という形式で1〜4番が書かれています。

1番

春を愛する人は心清き人 すみれの花のような僕の友達(『四季の歌』より、作詞・作曲:荒木とよひさ)

特定の友達を「すみれの花のようだな」と思ったことが私にはありません。詩的ステキセンスです。「春を愛する、心の清い人」で思い浮かぶ友達が私にいるかしら……? 春を愛していることがわかるヒントって、友達付き合いの間で考えたらどんなことでしょう。お花見が好きで、一緒に飲んだり食べたりを共にしたことがある、とかでしょうか。日常生活で「おれ、春を愛しているんだよねぇ……」という会話になるのはなかなか考えにくいです。いえ、そういう友達、私は欲しいですけどね。

2番

夏を愛する人は心強き人 岩をくだく波のような僕の父親(『四季の歌』より、作詞・作曲:荒木とよひさ)

波にはかたちがありません。というか変幻自在です。というか、波に意思があって自由にその姿を変えるというわけではないと思うのですけどね。そんな波でも、10年?100年?1000年?どれくらいかわかりませんが、長い時間打ちつけ続けることで、頑強に思える磯や断崖の岩さえもけずります。それを父親にたとえるところが詩的ステキセンス。岩のような父親ではなく、岩をくだく波のような父親だなんて! 私もなりたいかも。

3番

秋を愛する人は心深き人 愛を語るハイネのような僕の恋人(『四季の歌』より、作詞・作曲:荒木とよひさ)

ハイネというのはドイツの詩人だそうです。その詩が作曲家たちの題材になった例も多いのだとか。また、恋の詩の大家でもあるとかないとか。もし恋人が、愛を語るハイネのような人だったとしたら……ハイネがどんな人か正直知らないですが、愛の語られかたによっては個人的にはちょっとメンドくさいかもです(笑)

ちなみに、荒木とよひさの作詞は、1番の友達と3番の恋人が反対だったそうです。作詞者目線でそのオリジナルを味わうと、なんとなくそっちのほうが納得いきます。友達とならば、理屈捏ねて詩を談義しあったりしたいもの。また、恋人をすみれの花以上の何にたとえられましょう!

なぜ意図した作詞と反対になってしまったのかというと、口伝てで歌が広まる過程でそうなってしまったそうなんです。荒木とよひさは、大衆に定着してしまった間違った方の歌詞を尊重してそのままにしたとのこと。それもまた、詩的ステキセンス。

4番

冬を愛する人は心広き人 根雪をとかす大地のような僕の母親(『四季の歌』より、作詞・作曲:荒木とよひさ)

寒さが厳しく、実りの乏しい冬(という季節)は嫌われても仕方ない。そんな冬にさえ慈愛をかけることのできる人は、確かに心が広いかもしれません(そんな意味は込めていないかもしれませんが)。

母親は、胎盤でつながった赤子に栄養をおくります。母親の体温で、赤ちゃんはずっと過ごしやすい環境でいられます。母親は、それだけで根雪をとかす大地のような温もりをもった存在なのかもしれません。

誰しもが、誰かの母親になれるわけではありません。自分の子にとってのみその人は母親であって、お互いは特別な(、かつ普遍の)存在なのです。

母親は子を特別に思っています。ある意味、子に対してだからこそ発揮できる行動力を持っているのです。それは、ときに私の目に情熱にも似て映ります。それは必ずしもお互いにとって快適なものとして現れるとは限りませんが、それもまた、根雪をとかす大地のような……という形容に沿う、温度感なのかもしれません。

5番

春夏秋冬愛して僕らは生きている 太陽の光浴びて明日の世界へ(『四季の歌』より、作詞・作曲:荒木とよひさ)

この部分は芹洋子はラララで歌っています。5番まで歌詞で歌って音源化した歌手がいるのか? ちょっと今日の時点では私にはわかりませんでした。

5番の前半の一行はことばの音の数が多く、メロディへのハマりの面でやや余る気もします。一番ヒットした芹洋子がラララで歌ったから一般の愛好者にもラララで普及したというのもあるかもしれませんけれど、そもそも芹洋子の時点で選択的にラララがよろしいと思ったからそのように「いい形」になったのかもしれませんね。もちろん5番がよろしくないというのではありませんけれど、四季なのだから歌詞は4番までで全部!というのはわかりやすくきまりがいいように思います。

5番の歌詞は抽象度高め。春夏秋冬を総ざらいして総論してふわっとさせた感じです。愛しても愛さなくても春夏秋冬は生きていれば巡る。(ならば愛したほうが良い?)一年を通して、その季節なりの太陽の光があり、世界は明日へと向かうのです。

感想

あまりにもシンプルなメロディですし、ことばも普遍的な表現に思えて、この曲を深く味わうことで何が見えてくるのか不安がありました。私が昔から持っている歌本にもあたりまえのように載っていましたし、存在を「知っている」で済ませてしまってスルーを繰り返してきた曲のひとつだったかもしれません。

いざ味わってみると、その親しみやすさ、たとえば音域が6度で歌えてしまうといった具体的な要素への気づきがありましたし、歌詞もさまざまな思考を許す懐の深いものだと思い知りました。人々の口から口へと、耳を通ってまた口へと広まっていったという歌の来歴にも納得です。

青沼詩郎

ご笑覧ください 拙演