青空がみえない日もある。空はうつる。いろんなところに。

私と『青空』

私は自分の歌にコンプレックスがありました。高い声が出ませんでした。ピッチも不安定でした。声色も、くぐもっていて響かない。歌がうまい人がうらやましかったです。

中学生になったとき、エレキギターを始めました。入学した中学校ではギター友達に出会いました。彼とコンビになって、演奏しました。歌は、主に彼が担当しました。

高校に入学して、バンドを組みました。私はエレキギターを弾きました。ボーカリストがいるバンドでした。

ボーカリストが脱退して、ベーシストが歌うようになりました。

下手なりに、私も歌うようになりました。

好きになる曲があっても、自分にはキーが高くて、あるいは音域が広くて歌えないものが多くありました。でもザ・ブルーハーツの曲には、私に歌える高さ・音域のものがいくつかありました。ザ・ブルーハーツの曲は、当時、私と同じ軽音楽同好会にいた、私が尊敬する友人たちも歌っていました。彼らはすごく真っすぐに歌っていて、すごくかっこ良かった。私の憧れであり、尊敬の対象でした。

香取慎吾主演のドラマでザ・ブルーハーツの『人にやさしく』が用いられました。それで曲を知って、高校のときにこの曲を私もバンドで歌いました。

下手なりにも、私は歌を続けました。下手だし、コンプレックスだし、悔しいから今まで続けたのかもしれません。

大人になって、吉祥寺のカフェで知り合ったある友人が結婚したとき、そのご夫婦の結婚パーティで演奏してほしいと呼ばれました。

そのときに演奏したのが『青空』でした。

たまに地域のおまつりに誘われたり自分で出て行ったりして、出演する機会があったときにも、この『青空』を演奏して歌うことがありました。

この曲が発表された当時をオンタイムで共有していた人にとっては思い出でもあるでしょうし、私のように少しずれたタイミングで影響を受けた世代もあるでしょう。それでいて、このバンド、この曲をまったく知らない人にも聴かせたい曲でした。実際にそうしたときでも、きっとこの曲の良さは伝わる。歌詞も音楽も、心を揺さぶる。だから、私はあなたたちの前で演奏して歌いたい。そう思わせる強さがあります。優しさがあります。厳しさがあります。儚さがあります。それが、この『青空』という曲です。

THE BLUE HEARTS『青空』について

・彼らの3つめのアルバム『TRAIN-TRAIN』(1988)に収録
・シングルカットされる(1989)
・作詞・作曲、真島昌利
・「あおいそら」という読みだが「あおぞら」として定着、浸透した
Wikipediaより)

THE BLUE HEARTSは2020年で結成35周年なんですね。
https://natalie.mu/music/news/387064

青沼詩郎

カバー