『Fool on the planet』と『SYNCHRONIZED ROCKERS』

the pillowsを知ったのは、高校生のときだった。トリビュート『SYNCHRONIZED ROCKERS』(2004)より前だったか、あとだったか。Mr.Childrenによる『ストレンジカメレオン』、BUMP OF CHICKENによる『ハイブリッド レインボウ』で、その楽曲の良さを実感したのを覚えている。

ベスト・アルバムの『Fool on the planet』(2001)を繰り返し聴いた。そりゃもう、しこたま聴いたさ。先に手に取ったのは、トリビュートとどっちが先だったか。思い出せない。

『Funny Bunny』がくれる肯定感

Funny Bunny』この曲が大好きだ。サビの歌詞の“風の強い日を選んで走ってきた”(1999年、the pillowsによる。作詞・作曲 山中さわお)。このフレーズに、感動する。不器用な自分を肯定して感じるから。山中さわおが、the pillowsがそれを言ってくれているのでもあるし、それを能動的に聴いている「私から私へのメッセージ」でもあると感じられるからだ。

私も曲を書いて歌ったり演奏したりする者のはしくれだ。そのとき、私から私へ、ほんとうに言ってやるべきことを言えたとき、私は感動する。山中さわお、the pillowsが『Funny Bunny』サビの先程の歌詞に込めたものに私は共鳴している。

曲が何を言おうとしているかを解釈するのは受け手の自由だ。解釈が多様でいい。だから、ほんとうは、『Funny Bunny』の先程の歌詞も、「私がそう感じる」だけのこと。それなのに、それでいいのに、私は山中さわお・the pillowsから直接に、比喩でもなんでもなく、ど真ん中の「自己肯定」をもらったように感じるのだ。これが、私にとってのthe pillowsの魅力だ。これほどのものには、そうそう巡り合わない。私はthe pillowの大ファンである。

『Funny Bunny』のふたつのバージョンを紹介する。

『HAPPY BIVOUAC』(1999)収録の『Funny Bunny』

イントロのドラムス。バスドラの「ボッ」という音。太く、暖かい。真ん中周辺にアコギ。左に低いリズムギター、右に少し動きがあって高い音域のリズムギター。左がボーカル・ギターの山中さわおで、右が真鍋吉明のものか。右のギターはBメロでコーラスサウンドになる。ボーカルはダブったサウンド。

間奏で真ん中定位のギターが現れる。サビ前のアルペジオフレーズをアコギがユニゾンする。ギターの構成や音づくりが細やか。ドラムス含め、全体の音が、真空管やアナログテープを思わせるような暖かみと太さのある印象で好ましい。

この曲でとても私が認識を改めたのが、ベースのフレージングだ。手和音のときに、拍のアタマからいきなり第三音を引っ掛けている。このベースラインに大変衝撃を受けた。こんな歌い方もあるのだと、私は影響された。サポート・ベーシストは鈴木淳。彼が考案したフレーズだろうか。ブラヴォー。

『Funny Bunny(Rock Stock Version)』

the pillowsによる2枚目のベストアルバム『Rock stock & too smoking the pillows』(2009)収録。

再録バージョンだ。イントロのドラムス余韻が短く、キレがある。無機質で冷やっこい耳ざわり。1999年バージョンと対象的だ。あちらが真空管・アナログテープ的ならば、こちらはトランジスタ・デジタル的。イントロに幼女のような声で“I love you funny bunny”と入る。

こちらにはアコースティック・ギターがない。テンポが1999年バージョンよりも速い。繰り返し演奏してきた、the pillowsの歩みに沿った再録か。ライブでの再現度が高そう。エレキ・ギターのBメロでのコーラスエフェクトもない。より直線的。こちらのバージョンではアルペジオフレーズなどを含んだ真鍋吉明の演奏が左、山中さわおのギターが右に定位されているのでは。1999年バージョンとは逆さま。

ライブでみる『Funny Bunny』

ライブで客側から見ると山中さわおが左(センターだが)、真鍋吉明が右。音の定位もそうなっている。『Funny Bunny(Rock Stock Version)』のギターの定位はこれとは逆なので、より「ミュージシャン目線」なのかもしれない。

ピリオド

the pillowsについては、何を書こうか戸惑ってしまう。いつまでも「過去」にならないからだ。句点を打てない。どこから書き始めて、どこで筆を止めればいいかわからないのだ。彼らの曲が私にとって特別なものばかりだから。でも、とりあえず書き始めて、とりあえず点を打とう。彼らthe pillowsもきっと、そうしてきたように。

青沼詩郎

the pillows
http://pillows.jp/

ご笑覧ください Funny Bunny カバー