映像

ミャンミャンとひびくギターのイントロ。白いシャツを着て腰に手を当てたメンバーからカメラが引いて4人がうつります。ステージ立ち位置は左からボーカル、ギター、ベース、ギター。ベースはコントラバス型です。カプセル型のまるっこいフォルムのマイクがかわいい。楽器メンバーも弾きながら全員歌詞ハモします。なんだかとっても密集して立っているように見えます。4人キュっとコンパクトにまとまって声と演奏に一体感が出ているかもしれません。

こちらのほうが後年ですね。あのときと同じ並び方のステージ立ち位置のようです。さきほどの映像では腰に手をあてていた左端のボーカリスト、黒澤久雄はこちらの映像では右手でマイクを持った左手の肘を抱えました。映像の外から管弦楽の演奏がきこえてきます。衣装はシャツにズボンをドレスコードにしているのかもしれませんが一人ひとり違った色をしています。長い年月、それぞれの人生を歩んだメンバーの再集合を表現したような衣装ですね。編曲もオリジナル音源をよく再現した感じがします。

曲について

ザ・ブロードサイド・フォーのシングル『若者たち -空にまた陽が昇るとき』(1966)。 テレビドラマ『若者たち』(1966)主題歌。 作詞:藤田敏雄、作曲:佐藤勝。

ザ・ブロードサイド・フォー『若者たち -空にまた陽が昇るとき』を聴く

ストリングスのトリル。パーパパパ……とトランペット。やさしげなギターのアルペジオ。のどのおくに響くエエ声の歌。歌詞ハモ。のちの「uh~」のハモ。ストリングスが高らかに。バイオリンソロがやや奥〜右で間奏。のち、“君の行く道は希望へと続く……”のところでトランペットが歌にがっつりかぶってきます。ミュートの効いたサウンドです。とっても意味ありげな舞い上がるような音形。最後“空にまた陽がのぼるとき……”をくりかえします。Ⅵ♭の和声をかまして意外性。トランペットが中央で爆裂するダイナミクス。劇的に終わります。やさしい歌に意外なドラマ!

ドラムスのリズムはなくベースもオケのコントラバスがピツィカートしているサウンドですね。ギターのアルペジオとコンバスがおもにリズムします。

ブロード・サイド・フォーというくらいです。4本くらいいるボーカルの協調したハーモニーがミソであり具ですね。メインボーカルが左に寄っている定位です。

1オクターブにおさまるメロディ

若者たち 譜例 Cメージャー
譜例 in C。

原曲はB♭メージャー。譜例はin Cです。

“君の行く道は……”でひと山。“はてしなく遠い”でもうひと山。キレイな音形の反復です。この間、コードはずっとⅠ。“遠い”の着地でⅤになります。

そこから(4小節目おわり〜)折り返しの音形。前4小節に対するカウンターです。音価も上がって緩慢になります。けれど4拍目にフレーズの起点があるせいか冗長しません。前4小節で「山」を感じましたが、“だのに なぜ”の音形には「波」を感じます。山と来たら海!

“歯をくいしばり”の音形に注目してください。なんと1オクターブ跳躍。上行です。「くいし“ばり”」でオクターブ上の主音にすっ飛んでいく。歌詞のごとく、歯をくいしばることでジャンプアップするかのような音形です。さらっと歌っていますね。ボーカリストはこういうとき気張ってはいけません。かといって気張ってはいけないことを気にしすぎてもいけないんだよな……。塩梅がむずかしいけれど、むずかしくないと思ってやるのが一番だと思います。下の主音にいるときにすでに上の主音を歌っているような感覚を持つのが良いと思います。……話が歌唱の実技のほうへ逸れてしまいましたね。

この“歯をくいしばり”のところで和音がⅥmなのが良いですね。エモいです。がんばれ、若者! という気持ちになります。その着地がⅣの和音というところもまたいい。歯をくいしばることで拓けた新世界の景色です。このⅣが良い!!(しつこい?)

9小節目(8小節目4拍〜)“君は行くのか”の、“のか”のところにこまかくⅡmとⅢmを充てているところ、好きです。ボーカルメロディとベースラインが反行しているのですね。ちなみにハーモニーパートはその限りではなく、ベースラインと平行しているヤツがいます。若者ったら独自の道を走るやつ、人の顔色をうかがうやつ、いろんなやつがいますからね……良いじゃないですか……(誰)。

最後の“そんなにしてまで”の音形はまるでなだらかな丘とさざなみを合わせたような音形。ストーリーテラーが客観でぽつりと結びの句で締めたような恙なさ。美しい。

1オクターブに山も海も人生も描いてみせた。すばらしいメロディです。100年いけるんじゃないの……? 1966年作品ですから、あと45年くらいか……。

後記

この歌、歌本で知っていました。

小学校でつかった歌本『歌はともだち』(教育芸術社)に載っていましたね。

なんかつつがなさすぎてつまんないなと思っていました。

マジ謝ります。私まちがっていた。あらためてこの歌のすばらしさを実感しました。

アレンジがすごくいいですね。本に掲載された曲の骨子(メロディ、コード)のみを知っていましたが、原曲を聴いたことがなかったのです。Ⅵ♭の和音がつくエンディングなんかも歌本では割愛されていたので知りませんでした。

何か意味ありげにとどろく、歌にカブるトランペットなんかも歌本には表現されていませんでしたし。

つつがなさを表現したブロード・サイド・フォーの歌唱も見事です。客観の役どころですね。恋したり青春したり涙したりヘトヘトになったりして感情をいっぱいに動かしている若者本人に非ず。平静な歌唱です。彼らを見守り、そのありのままを紡ぐ永遠の吟遊詩人みたいでもあります。ああ素敵。

青沼詩郎

余談

ザ・ブロードサイド・フォーの黒澤久雄は映画監督・黒澤明の御子息とのこと。へぇ。

Wikipedia > ザ・ブロードサイド・フォー

『若者たち若者たち -空にまた陽が昇るとき』を収録した『若者たち ザ・ブロードサイド・フォー・フォーク・アルバム』。

『若者たち若者たち -空にまた陽が昇るとき』を収録。ザ・ブロードサイド・フォー中心、ほかザ・ライジングサン・トリオ、ランブリング・バーミンズ、モダン・フォーク・フェローズ、PPMフォロワーズによる『ザ・ブロードサイド・フォー&60’s カレッジ・フォーク・コレクション』。

『歌はともだち 6訂版』には『若者たち』は入っていませんでした。『パプリカ』(作詞・作曲:米津玄師)が入りましたね……ヒュゥ(?)。

ご笑覧ください 拙演