最近ソウル・フラワー・ユニオンのレパートリーをよく聴いていた。アイリッシュ音楽の重要人物・ドーナル・ラニーと彼のバンドとの共同名義のアルバム『MARGINAL MOON』には『満月の夕』『潮の路』といった佳作が入っている。また、『アリラン』『竹田の子守唄』と民謡への接近もみられる。

『竹田の子守唄』は赤い鳥のレパートリーとしても私は知る。『翼をください』をB面にした、彼らのシングル曲でもある(個人的に『翼をください』のほうが合唱曲として学校教育の中でも親しんだので、B面というのが意外だった)(あまりAやらBやらに差異もないか)(両A面なんてのもある)。

『竹田の子守唄』は子守奉公の少女が主体になった唄である。そういう労働歌でありブルースのようなものであると私は認識している。実際に京都府伏見の竹田に伝わる唄だったものを、尾上和彦という人物が採譜しそれがフォーク・ミュージシャンたちのあいだで広まった。それをキャッチして演奏するようになったのが赤い鳥のメンバー。そんな風に私は認識している。

子守奉公とは。貧しいときは、子供が家から出てくれた方がその家としては経費が減って楽だろう。そうやって「奉公」に出された時代があったようで、私の祖父がその世代だ。その奉公の仕事内容が「子守」であればそれが子守奉公。裕福な家の幼児の面倒をみる、ちょっと年上のお姉さんという感じだろう。しかしこれもまたつらいものがあるのかもしれない。決して幸せを感じる奉仕環境とは限らないだろう。むしろ辛く厳しいものだったからこそ『竹田の子守唄』のような哀歌が生まれたのではないか。実家に帰りたくても帰れない、望郷の唄でもあるのかもしれない。

『竹田の子守唄』はそんな、奉公に服す少女が主体になった唄であるが、実は「子守り」をされる側の目線のあまりにも有名な歌がある。それが『赤とんぼ』。

作詞者の三木露風は両親の離婚を経験している。祖父の家で育ったそうだ。そこに、子守奉公の少女、つまり曲中で歌われている「姐や」がいて、幼い(幼いというよりは児童くらいの年齢か)三木露風の面倒をみた。曲中ではその姐やも嫁に行ってしまう。「曲中では」というか、三木露風の実話だろう。実際に彼は「自分の思い出を書いた」といった事実がわかる資料も存在するという。

曲中で「お里のたよりもたえはてた」と歌われる部分があるが、これは「姐や」の嫁ぎ先から発せられる「姐や」からのメッセージではなく、離別してしまった三木露風の実母が送り込んだ?子守奉公の少女である「姐や」づてに三木露風に伝わる彼自身の実母に関わる音沙汰のことであるとする説がある。実母がつかわす「姐や」づてに三木露風少年は実母のようすやメッセージを知ったのだ…という説だ。姐やが嫁ぐことで、その音信さえなくなってしまったという状況だったのかもしれない。

そういったことを、後年の自分がいま目の前のさおの先にとまっている赤とんぼを見て回想している…という解説が立つ。時間や情景のスケールの移ろいを完璧なまでに表現している。

参考

Wikipedia 赤とんぼ (童謡)

Webサイト 池田小百合 なっとく童謡・唱歌

野口義修『歌い継がれる歌と、消えゆく歌の違いとは? 「童謡の法則」から学ぶ作詞・作曲テクニック』(2018年、全音楽譜出版社)

富田千種氏による歌唱。

『決定盤 山田耕筰 歴史的名唱集』。初めての『赤とんぼ』の歌唱といわれる変声前の児童期?の金子一雄と山田耕筰のピアノ伴奏による演奏や、山田耕筰指揮・コロムビア交響楽団の伴奏による原信子の歌唱など複数のバージョンの『赤とんぼ』を収録。

『さだまさしが歌う唱歌・童謡集[アルバム「にっぽん」より]』。『赤とんぼ』をこの人の歌で聴きたいと思ったらあった。彼の童謡・唱歌カバーアルバム『にっぽん』(1992)、『にっぽんⅡ~通りゃんせ~(唱歌・童謡集)』(1996)からの選23曲にオリジナルを2曲加えたアルバム。

さだまさし 公式サイトへのリンク

『赤とんぼ』ほか童謡などを題材に作詞・作曲を学べる野口義修氏の著書『歌い継がれる歌と、消えゆく歌の違いとは? 「童謡の法則」から学ぶ作詞・作曲テクニック』

ご笑覧ください 拙演

後記

1オクターブと完全4度という広い音域を赤とんぼが空に舞うみたいに一気にかけあがる稀なメロディ。それなのに歌いづらくない、滑らかで美しい旋律。シューマンの『序奏と協奏的アレグロ ニ短調 op.134』に、これにそっくりの旋律が出てくるとWikipediaで読んで聴いてみたら後半のほうにくりかえし現れるメロディが本当にそっくり。山田耕筰ともあらば、当然先人の音楽の研究にも熱心だったのではないか(たまたまかどうか知りませんけれど)。

知ろうとすることもなく知っていた名曲『赤とんぼ』を今さらどう扱っていいものか。でも自分の好きな音楽をただひたすらに辿っていたらいろんな関連が見えてきた。この曲のモチーフに子守奉公というものがあり、それはこの国の世や社会の様子を物語る事実の記録としても機能している。そのことを知らずにこの曲の何を知っているのかと今の私なら昔の私に言ってやれる。当時の世を見てきたわけじゃないし、なんにも知らないのは当然なのだけれど。

青沼詩郎