ツヤッツヤの衣装にキビキビした振り付け。両腕の先を左右にパタパタとすばやく開いて閉じる動きが印象的。衣装をさらに派手にするゴムバンドのようなものをストールのように首にかけています。サビの終わりでこれの一角を足で踏み、ほかの角は両腕でひろげて縦に長い三角形のかたちをぱっとつくってみせます。威嚇するくじゃくのようでもありますし、デルタ翼の戦闘機のようでもあります。ブルドッグが秘めた闘志の印象に与する振り付けと小物による演出の妙です。

について

1977年発売のフォーリーブスのシングル曲。作詞:伊藤アキラ、作曲・編曲:都倉俊一。

リスニング・メモ

闘志剥き出しの、がなるような複数メンバーのやボーカルが印象的。

ブルドッグは牛(bull)と闘う犬、という由来があると思われるかもしれませんが、愛玩犬として認知されているブルドッグと、本当に牛と闘った犬種は別物だともいいます。

ブルドッグをそうした闘志の象徴として曲の主題に用いたのはわかりませんが、ボーカルには、そうした戦闘に臨むような勇ましさがあります。

イントロや間奏の16ビートの猛烈なエレキ・ギター、ベースのユニゾンプレイ。私だったら指がもつれてしまいそうです。レファレドレドラド……といったフレーズはマイナー・ペンタトニックスケールですね。第2・6音を抜きます。Dマイナー調なのでミとシを抜いてフレーズをつくればこの感じになります。

上記のベース、ギターのユニゾンにドラムもチキチキチキチキ……とハイハットで加担。タイトです。イントロや間奏のところでは拍の表で1小節に4回スネアを打つパターンを入れて文字通り鼓舞しています。

ベースは非常にファットな音作り。さきほどから話題にしている16ビートユニゾンプレイのところで臨場感が出ていて心がわさわさしてきます。高揚しますね。

エレキギターが左の方でカタカタとカッティング。サビではボーカルの休符に鋭く攻撃的なチョーキングをかまします。2拍目ウラですね。

ストリングスもベーシック隊のささえのもと、華麗に舞います。

にっちもさっちも

にっちもさっちもとは、打ち消しを伴ってつかう言葉で、物事がどう工夫しても滞ってしまう様子を表現します。ですが、この曲では打ち消しをともなっていません。それどころか、「にっにもさっちもどうにもブルドッグ」です。ギリギリのところで意味の超越をぶちかましてきます。この曲のロックなところだし、ポップなフックでもあります。天才かと称賛したいです。伊藤アキラ氏の作詞

おまけにウワォ!みたいなのがつきますね。これ好ポイントで大事。ブルドッグの咆哮でしょうか。

先述しましたが、ブルドッグの愛玩犬としての側面に闘志はあまり関係ないかもしれません。

曲では、恋愛と遠い硬派なキャラクターを描くのにブルドッグが、超越した発想で組み合わせられた妙な曲。実際の愛玩犬としてのブルドッグは、結構健康にナーバスでケアを要する生き物。それも含めて、男子どもはにっちもさっちもどーにもブルドック、なのかもしれません。

青沼詩郎

『ブルドッグ』を収録した『ザ・ベリー・ベスト・オブ・フォーリーブス』

『ブルドッグ』のセルフカバー『ブルドッグ 2004』を収録したフォーリーブスのEP『少年よ大志を抱け / four leaves again』(2004)

ご笑覧ください 拙演