昨日Walk off the Earth という人たちの曲『HERE WE GO!』の動画を視聴していて気になったのが”Iko Iko”(アイコ アイコ)という歌詞。

気になりつつ、検索したり動画ザッピングしている最中、関連づけがあってか出会ったのがDr. Johnの『Iko Iko』の動画だった。

動画でDr. JohnIko Ikoの意味を説明している。「I Go」の意味らしい。司会者が「活用形ね」と相づち。「邪魔だ!ひくぞ のイミもある」「おどし?」「その活用形だね」と続く。会場の聴衆が笑う。…というやりとりがある。もうすでにニヤニヤして観てしまっていた私。

バンドが音楽をはじめる。Dr. Johnのピアノが高嶺を滑る石のように転がり込んでくる。

第一声。ダミった声色。冒頭の歌詞を意識して「ジャミ声」とでもいおうか。もうDr. Johnの虜への道に足を踏み入れていた。私は夢中になった。すぐにファンになってしまった。歌詞の英語がどこか聞き慣れない。心地よい違和感。「なまり」みたいなものなのだろうか? 音韻が魅力的。強く薫る、土の匂い。そんな感じ。

司会者はサクソフォニストだったのか。間奏のエレクトリック・ギター。なんだこのプレイスタイル?! スライドギターならば、楽器を寝かせてプレイするスタイルを私も見たことがある。普通にフレット上を押弦してのプレイで楽器を寝かせている人を初めて見た。スライドギターのプレイに長けた人なのだろうか? その彼が、スライド奏法じゃないときでもそのままのスタイルでプレイしてこうなった…といういきさつを考えた。この「Sunday Night Band」について私は無知。テレビ番組のセッションに見える。その日のために組まれた、特別なバンドなのか。それにしてはあまりにファンキー。技量もすごい。グルーヴが素晴らしい。動画の説明欄に「マーカス、オマー、ハイラムのベストメンバーで放送されたナイトミュージックより。」とある。

この『Iko Iko』で猛烈に思い出すのが、ウルフルズ『大阪ストラット』

歌詞の“あれもこれもあんで”が『Iko Iko』歌詞の”Iko iko unday”のところに重なって、痛快極まる。ウルフルズのことだから当然『Iko Iko』のことを知っていてのことだろう。

ちなみに『Iko Iko』はJames “Sugar Boy” Crawfordの『Jock-A-Mo』を原曲とする、アメリカの代表的なフォークソングThe Dixie Cupsが曲を有名にしたとのこと。

ウルフルズの『大阪ストラット』の原曲大滝詠一『福生ストラット』。『NIAGARA MOON』(1975)に収録されている。

掘れば掘る程、つながって楽しい。素晴らしいミュージシャンたちが「つなげて」くれている。私はその枝端の木の葉だ。

ちなみにDr. Johnは2019年6月6日に亡くなっている。ご冥福をお祈りする。先の『Iko Iko』動画の演奏前のトークのユーモアが愛おしい。

青沼詩郎

『Iko Iko』を収録した『Dr. John’s Gumbo』
大阪ストラット(フルサイズ・アルバム・ヴァージョン)』を収録したアルバム『バンザイ』