原曲リスニング・メモ

空高くから光がさすように熱い口笛が高鳴るイントロ。

ストリングスは中央、やや高域でⅴ→ⅵ→ⅶ→ⅵのカウンターラインを奏でます。固定音でいえばラ♭→シ♭→ド→シ♭。曲のキーはD♭メージャーです。

エレキギターのリズムストロークが左に。アルペジオを交えた旋律的なメロディのエレキギターは右です。

ベースが真ん中でズンズンと響きます。ドラムスは右にズレています。

サクソフォンも左側でⅴ→ⅵ→ⅶ→ⅵのカウンターライン。

朗々と歌うボーカルです。何歳くらいなのでしょう、貫禄ある磨かれた声です。渋さもあります。サスティン時にしっかりとビブラートがかかっています。要所でハーモニーパートのボーカルも入ってメロディのコシを強めています。

間奏の右から聴こえるエレクトリックギターの和声的なプレイが巧みです。管楽器が照りのある音色でぷぁ〜〜とせり上がります。複数のコーラスも入って和声を補強します。

作曲について

なんといってもカウンターラインのⅴ→ⅵ→ⅶ→ⅵ(ラ♭→シ♭→ド→シ♭)が要です。この動きがそのままコード進行です。コードネームで表すと、D♭→D♭6→D♭M7→D♭6。このカウンターラインのふくらみがなだらかな山を形成しています。Aメロの最初の数小節間はそのままこのコード進行です。

歌メロディもカウンターラインのように、2小節くらいの周期でなだらかに山を成し、それを連ねます。

歌い出しの跳躍も肝ですね。“そよかぜ”というフレーズは♪ラ♭レ♭ミ♭ファ〜。移動ドでいえば♪ソドレミ〜です。はじめにソからドへ跳躍して、続けてドレミ〜と順次でのぼります。最後のミが次の小節の強拍に位置しており、このミはコードの性格を決める重要な第3音。

ベースが主音をとっているので、ベースと歌だけを取り出しても主音+第3音になっていて、この瞬間はきれいな調和です。ここのメロディ、それも強拍に第3音がいると、そこからメロディが展開していく気配をまといます。どんな未来に音が転がっていくのか期待感のある第3音です。この曲では♪ソドレミ〜ソラ〜ソミレドミ〜ドラ〜となるのですね。先ほどから強調しているように、安定感のある山形の音形です。美しくなだらかで、信頼できる存在感です。トリプレットの曲調に乗って、未来へのロマンを語っている感じです。メロディが安っぽかったら「この人を信じてついて行って大丈夫だろうか」となってしまうところですが、これなら「共に参りましょう」となりませんか?

Bメロ

Bメロではコード進行にドラマがあります。ⅢM(Ⅵ調のⅤ)→Ⅵm、ⅡM(Ⅴ調のⅤ)→Ⅴと、借用の和音を頻出させてベースが4度循環する劇的な進行です。旋律は相変わらずマイルドですが、Bメロに突入するときに半音進行を用い、Bメロ後半では同音連打を見せてそれを破る非固有音。借用和音であるⅡMに合わせて、固有音を半音高めて上方変位させそのまま属音(ドレミファでいうところのソ)へリーチ! ドラマチックです。そしてAメロのかたちに戻るのですね。

曲について

ザ・サベージのデビューシングル曲(1966)。作詞・作曲は佐々木勉で、ホリ・プロダクションに所属したフォーク系のソングライター。彼はザ・サベージのメンバーではないようです(B面の『恋の散歩道』を、当時のメンバーでベースを担当した寺尾聰が作詞・作曲しています)。

トリプレットの曲調のバラードで、加山雄三の『君といつまでも』を思い出さずにはいられません。似てもいますが、こちらはこちらで美メロです。加山雄三の方がキャラクターも曲もヤンチャ心がある気がします。ザ・サベージのほうが育ちが良い感じですかね。

青沼詩郎

『いつまでも いつまでも』を収録した『ザ・サベージ コンプリート・コレクション』

ご笑覧ください 拙演