お盆に見た星

お盆に休みをとって私は山梨県北杜市に滞在した。ノンビリ過ごして、星を見た。空気が澄んでいた。私の住む東京では見られない星々。

ちょうど流星群が来る時期とぶつかった。しばらくじっと見ていると、ひとつ、ふたつ星が流れる。毎日夜空を見つめて、「見よう」と思ってから数分間で1個は星が流れる。私が見逃している数を合わせればもっとだろう。

そんなに都合よく流れ星が見られるなんて、子どもの頃の私には夢のような話だった。私の育った街はそれなりに都市化され、星空観察には都合が悪い。

今回のお盆の滞在先だった北杜市のある森では、スマホの電波は悪かった。星空観察にはいいけれど、世俗とつながるには不都合だった。なんにでも都合のいいようにはいかない。世俗とつながる都合を普段の私がいかに重んじているかを、星空とともに感じた。


夏の大三角というのがある。その中に、ベガという1等星がある。北杜市で私も見たかもしれない。星座にうといのでたぶんだけれど。1等星なら、東京でも天候しだいで見られるだろう。東京といっても地域差はいろいろだ。

キセルの活躍

キセルのことは、くるり主宰のコンピレーション『みやこ音楽/V.A.』(2006)というCDで知ったという話は、まえにこのブログに書いた。

キセルを知ってからというもの、彼らの活躍を知るとうれしくなった。

斉藤和義ベガ

斉藤和義のことは以前から好きだった。『紅盤』という、カバーがたくさん入ったアルバムがあって、それにキセルの『ベガ』(作詞・作曲 辻村豪文)が入っている。『紅盤』を聴くのと、キセルを知るの、どちらが先だったっけ。確か、『紅盤』をするっと認知してからキセルをちゃんと知って、そのつながりを改めて感じたんだったと思う。ちょっとアンニュイな斉藤和義の『ベガ』が良かった。

YUKI 砂漠に咲いた花

キセルとつながりのあるミュージシャンほかの選曲によるアルバムが『タワー』(2005)。これに、YUKIに提供した曲『砂漠に咲いた花』が入っている。作詞がYUKI、作曲が辻村豪文というコラボ(キセルは兄弟ユニットで、お兄さんが豪文。弟の友晴はベースほかを演奏する)。私が初めて買ったCDアルバムはJUDY AND MARYなくらいだから、このつながりも嬉しかった。

原田知世 くちなしの

キセルのB面・未収録・カバーなどを集めたSUKIMA MUSICS』(2011)にキセルバージョンが収録。原田知世のMVが美しくすてき。

キセルの最近

ハイライフ 八ヶ岳2020@ 山梨県・サンメドウズ清里

高原、スキー場でおこなわれるフェス。コロナでいろいろ中止になった夏だったけれど、空気の良いところで、感染症にきをつけながら楽しめる。

AGF企業CMに『ビューティフルデイ』

  ここでも原田知世。曲は『magic hour』(2008)、『Kicell’s Best 2008~2019』(2019)収録。

『寝言の時間』

「お兄さん」弾き語り配信ライブのアーカイブ。

青沼詩郎

キセル

http://nidan-bed.com/