小山田壮平が配信シングルをリリース。

テレビ東京ドラマ25『直ちゃんは小学三年生』エンディングテーマ。初回放送日が配信日でした。

一聴してきらめき、絢爛さ。素敵だなあと思いました。

鉄琴のようなオルゴールのような金属的な芯を感じさせるトーンのメロディが間奏や歌のバックに入ります。ポルタメントする厚みのあるシンセ音がウィンウィンと唸ります。ストリングスのサンプリング音のような? オルガンのようなトーンも左のほうから。

といった具合に、シンセの音作り豊か

この新しさはRayonsをシンセサイザーに招いた結果でしょうか。

Rayons中井雅子のソロ名義。

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』『サヨナラまでの30分』など劇伴の実績ある音楽家で音大出身者。

映画『#ハンド全力』主題歌の『OH MY GOD』を聴いて私はアナログテープを用いたサンプリング楽器「メロトロン」を思い出しました。実際に曲にそれが入っているかわかりませんが…ギター、ベース、ドラムス、ボーカル以外の音を取り入れた曲想が新鮮でした。

今回の『恋はマーブルの海へ』はその豊かな音づくりの流れをさらに高め、ポップを極めた感じがしました。

『OH MY GOD』含む昨年8月リリースのアルバム『THE TRAVELING LIFE』、10月の福岡DRUM LOGOSでの『LIVEWIRE presents OYAMADA SOHEI LIVE2020』などをサポートしたギタリストの濱野夏椰の音作りの幅が極めて広いので、キーボードで鳴らした音もひょっとして彼のギターシンセかしらとも一瞬思ったくらいです。『恋はマーブルの海へ』では右から聴こえるアルペジオギターや左に入るスライドギターを弾いているのかもしれません。小山田壮平との弾き分けは厳密にわかりませんが、エレクトリックとアコースティックのコードストロークは小山田本人でしょうかね。

イントロの印象的なフレーズ含むドラムスは久富奈良、ベースは我らが“鉄人”(愛称です)・藤原寛

上に貼付けた、今回のツイートに添付されたコラージュ写真の左下が気になります。これは「部屋鳴り」を録っているのでしょうか。マイクロフォンが部屋の外側、カーテンに向けられているように見えます。レコーディング・ミキシングは佐藤雅彦氏。

https://www.youtube.com/channel/UCuKs3aMzO0-Z5XFdRTdWt-Q/community

小山田壮平YouTubeチャンネルがコード譜を公開しています。弾き語りに付すハッシュタグの紹介もしています。「やっていいんだよ」と自ら門を開いているのが嬉しく思いました。

カノン進行を思わせる鉄板のコード進行に、ⅢM(3度メージャー)などちょっと最近の小山田壮平らしいコードが入っているのがミソです。このⅢMはたとえば彼の近作でいうと『Kapachino』でも使われています。

歌詞は時間をおいても聴きたい心象風景。鑑賞するほうが変化するとまた違った印象を抱くのではないでしょうか。聴く人を映すような歌詞。それに対して、泣かないで 僕らのメロディーはやまない(『恋はマーブルの海へ』より、作詞・作曲:小山田壮平)では、こちらの胸に直接迫ってくる感じ。勝手にミュージシャンシップを感じてしまいます。

ドラマの台本を読み、発想した曲だといいます。彼の作曲と、周りとの関わりがどんどん新しいレパートリーを生んでいて、それが気持ちいいポップに。

青沼詩郎

小山田壮平『恋はマーブルの海へ』(2021)

ご笑覧ください 拙者カバー

青沼詩郎Facebookより

“小山田壮平『恋はマーブルの海へ』。
新年を迎えて配信したての曲。テレビ東京ドラマ25『直ちゃんは小学三年生』エンディングテーマ。
昨年8月リリースのアルバム『THE TRAVELING LIFE』、10月の福岡DRUM LOGOSでの『LIVEWIRE presents OYAMADA SOHEI LIVE2020』などをサポートした近年の小山田壮平布陣の面々、藤原寛(ベース)、濱野夏椰(ギター)、久富奈良(ドラムス)に加えてシンセサイザーのRayonsが新しい。
Rayonsは中井雅子のソロ名義。映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』『サヨナラまでの30分』の劇伴音楽など仕事してらっしゃる。
小山田壮平は10月のライブでもピアニスト宮崎真利子と共演していたし、この流れは「ある」なと思う。彼の音楽がどんどん広がっていきます。
……という新曲を弾き語りしてみた拙演、ご笑覧ください。”

https://www.facebook.com/shiro.aonuma/posts/3547111405382508