MV(PV)

時計の内部機構の様子から始まり、すぐさま公園の時計にフェード。それを見上げる人物がヘッドフォンをつけると、繋いだ手の記憶がクロス。バンドメンバーの演奏シーンも挿入されます。この曲をヘッドフォンで聴いているという演出でしょうかね。シーンは公園から街へ。直立した主人公を見上げる構図が意味ありげです。

街の通りを歩く主人公。立ち止まりどこかに視線をやります。手の中には懐中時計。それにクロスして、懐中時計の鎖を絡めて繋いだ誰か2人の手のカットが挿入されます。ぶら下がった懐中時計が揺れる。雪が降っている場面のようです。主人公と、親密だった誰かの手でしょうか。

ヘッドフォンを外して首にかけつつ主人公が入ったのは時計店のようです。老齢の職人が横を向いて細かい作業をしています。職人は主人公のほうを見向きもしません。集中している様子。研磨のような作業に見えます。やっと主人公に気づき、着席を促す職人。主人公は会釈して着席。再びヘッドフォンを着けたり、本を手に取ったりして店内で過ごす主人公。入店前の場面で挿入された、繋いだ手と懐中時計と降雪のカット、滑り台の階段に腰掛ける主人公のカット、時計の内部機構が動く様子のカットなどがクロスします。回想や時間経過の表現でしょうか。映像中、バンドメンバーの演奏シーンも断続的に挿入されます。

職人の仕事が一段落したのか、ようやく接客してもらえた主人公は懐中時計を職人に差し出します。修理の依頼のようです。品物を見つめ、主人公と何かの合意を交わした様子の職人が作業にあたります。解体されたり組み立てられたりする懐中時計の様子。数度挿入されている時計の内部機構のカットは、この懐中時計の内側の様子だと思うと合点がいきます。拡大鏡を持ち上げた職人のカットの挿入。直る見込みが立ったのかそれとも主人公が持ち込んだ品物に感心しているのか、彼の表情がわずかに柔和に見えるのは気のせいでしょうか。滑り台に腰掛けて空を見上げる主人公のカットを経て、通りに立つ主人公、そしてスタジオのバンドメンバーの構図にも雪が交う演出。

修理が終わったようです。懐中時計を受け取る主人公。安心した表情で一礼。職人が主人公が首にかけたヘッドフォンに興味を示しました。主人公がヘッドフォンを職人に手渡すと、職人はそれに触れながら視線をやり、主人公も覗き込むように注目します。何かをつぶやきつつ、職人はまたすぐヘッドフォンを主人公に返しました。何を話したんでしょうかね。 職人「珍しいね、それ。ちょっと見せて」 主人公「はい(手渡す)。」 職人「へぇ……立派だ。どこにつなぐのこれ。ああ、ここ。へぇ……ありがとね(返す)」……無難に想像するとこんな感じでしょうか? もっと何かハイコンテクストな会話かもしれません。

「(懐中時計を)大事にね」とでも言う感じで、主人公が持った懐中時計を指さして頭を小さく縦に動かすと、脱いだ作業着を腕にかけ、トレイを持った職人は奥へ引っ込みます。主人公は店内に背を向けてヘッドフォンを付け直し、微笑みました。少し口を開いて笑うほどに嬉しそうです。店の外に向かって進み出る主人公でフェードアウト。 

MVの感想

感情の抽出物の象徴(歌:バンド)、それを持ち歩く物の象徴(ヘッドフォン)、時間の経過の象徴(時計)、時間(過去:思い出:記憶)を持ち歩ける物の象徴(懐中時計)、それを修理:ちょうどよく整えてくれる他人の象徴(時計屋の職人さん)など、深読みが面白いさまざまなモチーフを登場させて、ひとりで街や公園にいる彼女を主人公にした、ちょっとさみしいような、ちょっと心あたたまるような絶妙な小さな物語のMV。「雪」が必須だったかどうかちょっとわかりませんが、見た目に華が出ました。「雪」を「小さい小さい光」と思うのもいいかもしれません。雪は儚く溶けてしまう存在ですが、でもこの恋しい思いはずっと胸にあって、その感情もまた小さい小さい光なのだという対立をもたらします(深読みしすぎ?)。全体としてとても良かったです。

曲、バンドについて

GO!GO!7188のサード・シングル、ファースト・アルバム『蛇足歩行』(2000)収録。作詞:浜田亜紀子、作曲:中島優美。ユウこと中島優美がギター・ボーカル、アッコこと浜田亜紀子がベース・ボーカル、ドラムスがターキー。

GO!GO!7188『こいのうた』(シングル版)を聴く

カノン進行風のコードですが、ベースのポジションのとりかた、それからギターの音の構成にもクセがある感じです。ぱっと聴いて「カノン進行ね」と思うのですが、飽きない。「ここの低音位は絶対コレで!」「上声の構成音は絶対にこれで!」などとギタリストとベーシストが強要しあうことなく、お互いがお互いの範疇を任せ合ってやっているためにこういう音の響きが出来上がったのではないでしょうか。バンドのメンバーシップ、ワークシップが功を奏している好ましい例だと思います。

ボーカルもギターもベースも、音の定位は自然にまとまってきこえます。よく聴くとちょっとだけ音の中心がメイン・ギターが右寄り、ベースが左寄りかしら。ドラムスのシンバル類を左右に振って音像を広げています。

ライブでほとんどそのまま表現できる編成をパッキングするポリシーを感じます。ですがBメロで左にトレモロ・エフェクトのギターがきこえてきます。歌い出しやAメロのギターは1本の感じですが、サビでストロークギターを2本くらい重ねているかもしれません。パワーコードの感じと、歪みエフェクトをオンにした感じが出ています。ギター・ソロ部分でもバッキングをダブって音が薄くならないようにしています。ギター・ソロ直後でベースと歌のみのAメロになるので、温度の落差がよく出ています。シンプルな編成のバンドなので、間引くところの温度の下の限界をギリギリまでつかうことで演奏にメリハリをもたらしています。ここではBメロを介さずにサビに直結する構成になっていて、これも冗長感を遠ざけて曲を無駄のない優れたバラードにしていると思います。ソロ前のBメロがサビに行かずにソロに行く構成になっているので、あとで回収した感じです。繰り返しのない静かなAメロをはさんでエネルギーを伏せておき、転調してサビ。巧みな構成です。

構成メモ

サビ → Aメロ → Aメロ’ → Bメロ → サビ(2) → Aメロ(2) → Aメロ’(2) → Bメロ(2) → ギターソロ → Aメロ(3) → サビ(3)(転調:半音上げ) → 擬似サビ(さらに半音上げ)の「ラララ……」エンディング 

歌詞

“きっとこの恋は 口に出すこともなく 伝わることもなく 叶うこともなくて 終わることもないでしょう ただ小さい小さい光になって あたしのこの胸の温度は下がらないでしょう” (中略) “きっとあなたには 急に恋しくなったり 焼きもちを焼いたり 愛をたくさんくれて 愛をあげたい人がいるから ただ小さい小さい光のような 私の恋心には気づかないでしょう”(GO!GO!7188『こいのうた』より、作詞:浜田亜紀子)

片想いを胸にとどめている感じのする歌詞です。せつないですね。付き合ったりすることがなくても、頻繁に会う機会のある相手への主人公の思い、という感じです。学生の恋を想像します。でも、その思いは“小さい小さい光”のようなのだと聞くと、主人公はこの恋を自分の人生の糧にしている、支えにしているように思えます。聴いているこちらが勇気づけられる一因かもしれません。

後記

私はGO!GO!7188が実際に活動している期間にはあまり触れていませんでした。私が高校生くらいだったとき、級友や後輩にコピーしている人がいたのを思い出します。今になって鑑賞したきっかけは上に貼ったライブ動画でした。ROCK IN JAPAN FES.と概要欄にあります。ステージ上部の横断幕に2004とみえます。スリーピースバンドで芯のあるメロディ、歌詞をいいコードに乗せてやるというのは私の理想のひとつでもあり、いいなぁと思いました。解散していなければ……と思わなくもないですが、「アツイものは冷えてからいただく」というひねくれものが私なので、この出会いもまたさだめ。おかげで『こいのうた』は不滅であるとわかります。少なくとも2021年初夏時点の私の心を揺さぶりました。というか、冷えてなんかいませんね。私にとっての適温なのです。

青沼詩郎

『こいのうた』(シングル版)を収録した『ベスト・オブ・ゴー!ゴー!』

『こいのうた』(アルバム版)を収録した『蛇足歩行』。イントロのボーカルが楽器ナシのまるはだか。

『こいのうた(とのさまツアー2001)』のライブ音源が入っています。

ご笑覧ください 拙演