しろくまっぽい

今日もネットを散歩する。(健康的なんだか不健康なんだか)

音楽レビューサイトが引っかかってくる。(私が引っかかりに行った)

名前は知っていたけど、あまりちゃんと鑑賞したことがなかった「蓮沼執太」が気になる。

動画のリンクがあった。『RAW TOWN』

『メロディーズ』(2016年)収録曲だ。

“生のきみに会いにいくって” と繰り返される歌詞。

新型コロナウィルスで、生で会えなくなっちゃった世の中になってしまったいま聴くと、新しい意味や文脈が束になってごっそり絡んでくるかのよう。(発表当時の2016年にはこんなこと思いもしなかった。)

作詞は鴨田潤。イルリメ名義で知られる。

歌詞 https://www.uta-net.com/song/202210/

作曲が当の蓮沼執太。

この両人で、フィールドワークを行って作られたという。

実況中継のよう。場所を伝えてもらいながら、時間を共有しているかのよう。いや、実際には4分間の演奏時間の楽曲と一緒にたくさんの東京の各地を巡るのは不可能だけれど。

私も作詞や作曲をする。きれいに音韻の数に定型をもたせて、それをきっちり踏んでいると、行き詰まることって結構ある。そこで、1音符あたりに多くの音韻数をたたみ掛ける部分をつくってやると、気持ちよい表現に昇華することがある。この『RAW TOWN』の歌詞にも、そんな気持ちよさがある。それでいて、サビは覚えやすく印象的、かつ平易なことば選び、そしてメロディ。

アルバム標題にあるように、身体性、つまり自分の声そのもの、そしてその声によるメロディをこのアルバムの出発点にしている、というようなことがわかるインタビュー記事があった。

「蓮沼執太フィル」名義で彼は活動してきた流れがあって、そこから個人名義での『メロディーズ』という流れ。器楽、シンセ、環境音。そんなものを多くの表現の素材にしてきた流れがあったうえで「声」、それも自分自身の声に焦点を当てたところが、新しい挑戦というには大げさだし、原点回帰なんていうのもやっぱり歯が浮くけれど、すごく「なるべくしてなった」通過駅だったんじゃないかなと思う。

イルリメこと鴨田潤と蓮沼執太は東京駅で待ち合わせて、鴨田潤はことばを書き蓮沼執太は写真を録ったり音を録ったりしたという。

MV出演の女性は歩乃圭(ほのか)と蓮沼執太ご本人。

ラストシーンが「ええーー!」って感じで面白い。2人が待ち合わせる、出会うストーリー、じゃなかった…私は大好きである。こういうハズし方もMVって長編映画とかよりもやりやすいのかもしれない。「ええ?!」というオチだけど、それでいて爽やかさが残る。歩乃圭の最後の表情の演技が素晴らしい。

振り返ってみると、冒頭でメモに「Raw Town.」と書く蓮沼執太が映る。一瞬、歩乃圭のほうを視線をやって認知したようにも見える。ふたりがパートナーどうしだったら、ここで気付いてすぐさま「合流」が自然ではないかと思うが、そうはならない。あるいは、視線をやって認知したように見えただけにも思える。そもそも他人だったら認知しない。0:30〜頃のあたりでも、2人は普通に同じ路上で視界に入りうる状況でお互いスルーしている。なんとなくぼ〜っと見ていると2人が出会う(合流する)ストーリーに見えがちだけれど、ただただ「他人を並行して見せていただけ」なのだ。あるいは、いや、「それは違う」という解釈も非常に面白い。そのパターンを考え始めると広がる。それはともかく、役者がさわやかだし、東京の街が魅力的。朝からメチャ素敵な気分になれたし音楽と歌詞がすごくいい。

青沼詩郎

蓮沼執太
http://www.shutahasunuma.com/category/cv/

少女記録より 歩乃圭
https://www.shoujokiroku.jp/stories/honoka/20160308/a/