にじ 園や生徒の愛歌

この曲は幼稚園や保育園の卒業の季節に重宝されているのじゃないかと思う。思うというのは、実際には私はそうした機会にまだ立ち会ったことがないからだ。

1990年に作曲されたというこの曲、にじ。私は1986年生まれだから、私が幼稚園児だった頃、それを卒業する頃にはまだ曲が存在しなかった、ということはさすがにない。でも、最近まで知らずに来た。

私はブログを書いたり音楽をつくったり歌ったり演奏したりする。それをTwitterで発信してもいる。Twitterでより深くつながることが出来た人に、保育の現場に通じた人がいて、その人のTwitterを見て知ることができた曲だ。

私が園児だったころは、この曲は発表したてだったろう。私が卒園の頃は1992年くらいだと思うから、その年の7月にようやく、この『にじ』を収録した、クレヨンハウスの月刊誌「音楽広場」プロデュースのCD『あしたがすき』(トラや帽子店・新沢としひこ)が出たところだ。

大人になってこうしてこの曲と出会う。私にはちいさい息子がふたりいるから、彼らが卒園するとか、小学生になって生活するとかする中で、今後この曲にふれることがあるかもしれないことを想像する。私みずから、地域やらどこかへ出て行って、大人や子どもの前でこの今日を演奏したり歌ったりしてもいいなとも思う。園児や児童の保護者が行事か何かのときに前に出て何かをやる機会もあるかもしれないから、そういうときでもいいだろう。息子たちは嬉しいか「(恥ずかしいから)ヤメてくれ(見たくない)」と思うかわからない。親は嫌がられるくらいでちょうどいいとも思う。

作者について 新沢としひこ 中川ひろたか

作詞したのが新沢としひこ。作曲が中川ひろたか。

新沢としひこ

シンガーソングライターで、絵本作家でもある。繊細な雰囲気ある声。

中川ひろたか


シンガーソングライターかつ、元保育士。
動画では四つの弦を張ったユニークな楽器を持っている。暖かい声。
2019年から、山野さと子、本田洋一郎とともにバンド『ヒネるズ』をやっている。

新沢としひこ、中川ひろたかはクレヨンハウスの月刊誌『音楽広場』で1987年から多くのこどもの歌を発表したおふたり。

曲・歌詞について

トリプレット(3連)のリズム。カノン進行のようにベースが下がっていく。しんみりさせる名曲をつくるならこのコード進行をえらべ! とは言わない。けれど、これに似た進行による名曲は本当に多い。何もしんみりさせようとか思って曲を作りたくはない。

“くしゃみをひとつ” が印象的。生理現象だし、自分の意志とはおおむね無関係にあらわれてしまうのだ。それがなんだか、児童性や純粋さを思わせる。

“にわのシャベルが一日ぬれて 雨があがってくしゃみをひとつ” (『にじ』より、作詞:新沢としひこ)

一日雨を浴びて、冷えきったシャベルがたまらずくしゃみをする。そんな擬人化ともとれる。雨に降られることは、寒さ、冷え、孤独を連想させる。そうした境遇から、サビの“にじが にじが 空にかかって きみの きみの 気分もはれて” (『にじ』より、作詞:新沢としひこ)と転じる。ここに爽快さがある。緊張感から解き放たれて、感動する。

青沼詩郎

【原曲について】

1990年に作曲された。月刊「音楽広場」で発表され、同誌プロデュースのCD『あしたがすき』(トラや帽子店・新沢としひこ、1992年)に収録された。

トラや帽子店」は中川ひろたか、増田裕子、福尾野歩によるユニット。

作詞: 新沢としひこ  作曲:中川ひろたか

【ご笑覧ください 拙カバー】

https://www.facebook.com/shiro.aonuma/posts/3367208893372761