こちらのバージョンの編曲者:西村直人さんを私の地元・西東京に迎えて、ある集いでこの曲をみんなで歌った。

順次と跳躍と分散と同音連打

歌い出しの“ともだちになるために”。「とーもだ」は順次。「ちーにな」は跳躍で、きれいに「ソミド」。ドミソの和音を高いほうから分散して降りた形。ここがほんとうに巧いと思う。クレヨンハウスの月刊誌『音楽広場』(1987〜1996年、現・月刊クーヨンの前身。参考サイト:クレヨンハウス)で名曲を連発した、作詞の新沢としひこ・作曲の中川ひろたかのおふたり。

順次下行、跳躍上行が波状に。

“ひとはであうんだよ” は美しい順次進行。ここまでの4小節をほぼ再現する形がつぎの4小節でもあらわれる(Aパートと呼ぶ)。

順次下行。なめらか。

Aパートでは、先ず上にとった音程から下行する形を多く採ったのに対して、“いままで であったたくさんの” と歌い出すBパートでは先に下に音程をとってから上行する歌い出しになっている。

“きみときみときみときみときみときみときみと” 「きみと」を7度繰り返している。同音連打による印象づけ。それでいて、途中から符割りを細かくしたり、最後は音程を4度跳躍させて上にポジションし直したりして、歌詞 “きみと” のリフレインに尺を与えつつも冗長感やクドさを遠ざけている。

同音連打。符割り、跳躍で変化を加えている。

ふりつけ歌

あなたは、ふりをつけてこの歌をみんなで歌う場面に遭遇したことがないだろうか。園や学級や何かの施設での集まりや催し物で、特にプログラム(式次第、セット・リストetc…)の締め付近で歌われることがあるんじゃないだろうか。私はそうした場面に立ち会ったことがある(本稿冒頭YouTubeリンクのキャプション参照)。

歌詞「きみと」を連発するところで、「きみと」の数に合わせて、その場に集まった人を指差していくのだ。そうした「ふりつけ」を意識した作詞・作曲かどうかまではわからない。みんなで歌うことを想定してつくったことは間違いないと思う。

“誰かを傷つけても 幸せにはならない”(『ともだちになるために』より、作詞:新沢としひこ)

SNSで、匿名での誹謗中傷、攻撃があるらしい。事実として存在するのは明らかだけれど、幸いにも私自身は遭ったことがない。自殺に問題が及ぶこともある。1987年につくられたというこの歌の一節を、私はそこに響かせたい。聴けというのではない。あなたが耳を傾けたときに、そこに響くこの声が聴こえますかと言いたい。そんな独白をここに置いておく。

青沼詩郎

ともだちになるために』(こどもの城児童合唱団)が収録されたアルバム『新沢としひこ&中川ひろたかソング<祝・30周年記念 こども合唱版>』(2017年6月28日発売、キングレコード)

【ご笑覧ください】拙カバー