大きな古時計』は気付いたら知っていた。小学生のときに使っていた、ハンディサイズの歌本『歌はともだち』(教育芸術社)にも載っている。

後年になって、平井堅がこの曲を発表した。編曲が亀田誠治だと今朝知った。「後年」とは2002年だというのも今朝あらためて認識する。当時私は16歳。高校一年生だった。だから、さすがに、はじめての『大きな古時計』を平井堅で知った輩ではない。私が物心ついたとき、すでに童謡、愛唱歌として広く浸透していた。

ヘンリー・クレイ・ワークによる原曲My Grandfather’s Clock』のエピソード


『大きな古時計』の原曲『My Grandfather’s Clock』の作詞・作曲者はヘンリー・クレイ・ワーク。1876年に作曲された。彼が訪れたイギリスのジョージ・ホテルで、そこの主人から聞いた話が作曲の動機になったという。

当時のジョージ・ホテルはジェンキズ兄弟の所有。その兄弟の誕生時に購入したものが大きな古時計のモデルの時計。ロング・ケース・クロックと形容される。大きな箱形の時計だったのだろう。

ジェンキンズ弟は、先に亡くなってしまう。それまで、往来する者たちの出発時刻のあてにされるほどに正確な時計だったのに、ジェンキンズ弟の死から時計が遅れ出す。

そしてジェンキンズ兄が亡くなったときに、ついに時計は止まってしまう。11時5分を指して、止まったままになった。その時刻は、ちょうどジェンキンズ兄が他界した時刻と重なるらしい。

1876年頃のジョージ・ホテルの主人が、ヘンリー・クレイ・ワークにそんな話をしたことが『My Grandfather’s Clock』の作曲につながったとのことだ。

参考:世界の民謡・童謡

曲について

歌は、大事な音域はほとんど1オクターヴ内におさまっている。4分音符や8分音符を主に「タータタ」のリズムが印象的。“いまは もう うごかない” のあたりの休符の入れ方が、時計が力尽きる刹那をあらわしているかのようでもある。Gメージャー調で広く歌われているかと思う。

原曲の『My Grandfather’s Clock』はところどころ符割りが細かい部分がある模様。Tom RoushがパフォーマンスするものをYouTubeに見つけた。

青沼詩郎

【原曲について】

作詞・作曲:Henry Clay Work (1876)

【みんなのうた】

訳詞:保富 康午、編曲:小林秀雄。1962年に立川清登、1973年に立川清登、長門美保歌劇団児童合唱部が歌った。

立川清登(澄人)が歌った『大きな古時計』(1973年版)を収録したアルバム『NHK みんなのうた 50 アニバーサリー・ベスト ~おしりかじり虫~

青沼詩郎Facebookより

"144年も前にヘンリー・クレイ・ワークが書いた原曲。「おじいさん」どころかおじいさんのおじいさんのおじいさんくらいかも? 「おじいさん」のモデルの人物が旅立った時刻を指して時計は止まったという。「みんなのうた」(1962、1973)の保富康午の訳詞が私が認知しているもの。このときの編曲は小林秀雄。"
https://www.facebook.com/shiro.aonuma/posts/3386964334730550?notif_id=1605048463287169&notif_t=feedback_reaction_generic&ref=notif

ご笑覧ください 拙カバー