はじめのはじめに

仕事で知り合ったIさんと最近、音楽の話をしました。Iさんがバンドをやっているのは前から知っていましたが、そのあたりの話をゆっくりできる機会は最近までお預けだったのです。

彼がある音楽のリンクを送ってくれました。名前すら初めて見るバンドでした。一切の前情報はなし。偏見を排して鑑賞できた…かはともかく、ボタンを押せば音楽は鳴り出します。

はじめに 手触りと好センス

器楽的な印象の出だし。いきなり変拍子をかました上、ボーカルが入ってきます。ちょっと気だるげな生ぬるさ。

音程やダイナミクス、張ったり抜いたりしゃがれさせたりする声の質感。こうしたラフさはすべて計算づくでしょうか。ときおり危うさもあります。その生生しいスリルを是とする。センスの良さを感じます。

変拍子

変拍子には釘付けになりました。どんな規則性があるのか、必死で数えました。その単位も、4分音符で計れるところもあれば、8分音符の解像度を要するところもあります。奇数小節でまとまりを成しているところもあり、先を読まれることを嫌っているかのようです。シンプルな編成での限界にチャレンジしているようでもあります。

オルタネイティブとの遭遇

つかみどころのなさはその変則性によるものでしょうか。常に流動し、ボーカルやギターのメロディのコントラストは弱めです。決してはっきり聴こえないという意味ではなく、既存の語彙に頼っていないがゆえに「私の知る言語(=ありがちなメロディ)」に聴こえないのかもしれません。歌詞ではなくメロディとして「未知のことば」を聴いている気分になります。ここに「器械っぽさ」を感じるのかもしれません。

メロディの覚えにくさの理由は何故か? コードチェンジの少なさがあるかもしれません。あるいは、調性を感じさせる要素を控えているのか。

メロディの「覚えやすさ」、「一緒に口ずさみたくなる気持ち」の助長はベース(コード進行)と歌メロディの関係の変化、その豊かさが握っています。あるいは、印象的な短いまとまりの繰り返し(リフレイン)がその役割を全うすることもあるでしょう。そうした安易なリフレインは『Owls』では抑えられています。コード進行とメロディの関係の豊かさ、リフレインへの依存は同時に、音楽を駄作の中に埋没させる諸刃の剣でもあります。

Owls』はその観点で、私の最も聴き慣れているジャパニーズ・ポップスの枠を大きく外れています。これは私の知るものでいえばなんでしょう? ジャズ現代音楽ミニマル・ミュージックラップの要素も感じます。オルタネイティブ・ロック? 時折見られる、激しく声を荒げる表現に私が思い出すバンドはJET。『Are You Gonna Be My Girl』がApple社のコマーシャルに使われていて、カッコ良かった記憶があります。

自律のサーガ

『Owls』は、「歌」と「それ以外」を対にした音楽「ホモフォニー」とは非なるものなのかもしれません。ボーカル、ギター、ドラムス、ベース。それぞれが影響・干渉しあいながらも、変化のある進行…フックがあって尺が長めの、早い話「ややこしめなリフレイン」を謳歌しています。ときおり横(メンバー)をうかがいながらも、自律の道を歩んでいる。複数の主人公がいる劇を「バンド」でやっているかのようです。もちろんそう感じさせるだけであって、きちんとシナリオも演出も構成も編集もある。アツく見えて、非常にクレバーです。混ざった絵具のマーブル模様。あるいは、メンバーの数だけグラデーションする空の色があるかのようです。

『Everyone Is My Friend』 錆を落とすサビ

つかみどころのなさや変則性、複雑で器械のような響きに対抗する感情の滲み…そのバランスに秀でているのは『Everyone Is My Friend』でしょうか。私にこびりついた「歌モノ好き」という錆を落としてくれるのはこういう音楽かもしれません。この曲には声の抑揚、エレクトリック・ギターの歪みとクリーン(クランチ)の対比に「平歌とサビ」のようなドラマを感じます。奇しくも、「錆」を落としてくれるのはオルタネイティブな「サビ」なのです。

むすびに

なんて感想を抱いたのをIさんに伝えようと思ってこんな記事に。J-POP中心に摂取する習慣の私。趣味を広げるきっかけをいただきました。

青沼詩郎

Owls『Owls』(2001)

リンク

https://rockinon.com/disc/detail/98179

https://en.m.wikipedia.org/wiki/Owls_(band)