「やさしさ」に対して「齢をとる」という表現を用いた

“僕のやさしさもだんだん齢をとる”(くるり男の子と女の子』より。作詞・岸田繁。2002年リリース。)

「齢(とし)をとる」という表現を用いる場合、主体はヒトである場合がほとんどだと思う。

「やさしさ」が、まるで人格を持って、私やあなたと同じように、息を吸ったりお茶を飲んだり激しく怒ったり落ち込んだり食事して「おいし」と言ったり愛したり愛されたりしているみたいだ。

そこには、幅がある。うつろう経過がある。奥行きかもしれない。時間の層を感じる。

齢をとるのは、変化すること

齢をとる。それは、変化でもある(もちろん、実際に年齢を重ねても変化がない場合もあるだろう。そんなとき私は「トシとらないですね」などと相手に笑いかけるのかもしれない)。

ある時点までに観測したときからの「変化」。そこと異なる時点における観測との差異があって、私は「トシとりましたね」というかもしれない。その変化や差異の質や内容によっては、思っても胸にとどめるのみにするかもしれないけれど。

「やさしさ」には普遍性がある

たとえば、混雑した駐輪場で、ちょっと自分の自転車を引いて相手を通してあげるとか、新しい駐輪スペースをつくってあげるとかする。それって、「やさしさのひとつだよね」…そう表現したとして「まぁそうだね」とやんわり同意してくれる人は多いのではないか。

もちろん、「×××してあげる」ことがやさしさのカタチとは限らない。子どもが何かに挑戦しているとき、がんばって成そうとしているとき、私はあえて手を貸さない場合がある。それは、私の思う「やさしさ」の表出の一種だ。それに同意してくれる人の数は、さきほどの駐輪場でのワンシーンの場合よりもだいぶ減るかもしれないけれど。ある状況における「快適さ」を一方的に提供することが必ずしも「やさしさ」ではないということ。

普遍性に「変化」を包含させた

「やさしさ」は多様だ。私の陳腐なたとえ話ではその広がりを説明するのに足りなくて申し訳ない。でもやっぱり、「やさしさ」に対する、共通の理解がある。たとえば、オレンジとグリーンと深い赤とともに構成された数字の「7」と高く掲げられた看板から、それが「コンビニエンスストアである」とわかるように…いや、だいぶ違うか。コンビニに行くと受けられるサービスはたいていこんなものだ、手に入る商品はだいたいこんな感じだ…というような一般性。そんなところだろうか。それも、常にうつろう。徐々に、ときに急激に更新される。「やさしさ」についてもそうなのだ。普遍性は、変化する。『男の子と女の子』の歌詞の一行は、そこまで含めて提示してみせた。私はそう感じる。

光が丘公園の思い出

『男の子と女の子』のMVを観た。撮影場所は、公園だ。広い。光に満ちているけれど、やわらかい。どこか殺風景でもある。私は見覚えを感じる。それは次第に強まる。そう、光が丘公園(東京都練馬区、板橋区)だ!

私の通った都立高校では、この公園の周辺を居住地域にする級友たちもいた。そこで出会った音楽仲間と、私はこの公園へ度々やってきた。ギターを携えて。歌のうまかったT君、元気かな。彼の歌は私の憧れでもあった。いい音楽をする級友や先輩のやたら多い、ヘンな学校だったな。

『男の子と女の子』サウンドリスニング・メモ

・広がりのあるアコギ。1本をステレオで拾って左右に振ったのだろうか? 低音弦が左、高音弦を右に振ったみたいに聴こえる。カポタストをつかった、テンションのあるクリスピーなサウンド。

・キレイだな、エレキギターとドラム。

・ドラムのゴーストノートがノリを出している。サビ前ほかにサスペンデッド・シンバル。サビもハイハットはクローズ。これが曲に落ち着きを与えている。ひょっとして曲中、メインドラムスにおいて使われているシンバル類はハイハット(オープン・クローズ)のみで、広がりやサスティンは、すべてサスペンデッド・シンバルによるものでは? 曲終わりのフィルインのタムのストローク、ブラシかロッドでは? ドラムス類の音色の工夫がこの曲の音質的な性格を握っていることに気付き、驚愕と感服を覚える。

・サビの5小節目〜、13小節目〜でベースはストロークを減らしてサビ1〜4・9〜12小節目との対比を出している。大小の音価の使い分けが妙。先に述べた曲の音質的性格の決め手はドラムスであると同時にベースでもある。両者のコンビネーション。

青沼詩郎

くるり
http://www.quruli.net/

・くるりは9月23日にミュージックビデオ集『QMV』を発売する。

・くるりは9月20日に『京都音楽博覧会 2020 オンライン』を開催する。チケットは8月15日(土)発売。

ご笑覧ください

青沼詩郎(筆者)による『男の子と女の子』カバー

『男の子と女の子』を収録したアルバム『THE WORLD IS MINE』
シングル。ジャケットの絵がシンボル。