前置き 鬼滅映画とアニメ映画「ジョゼ」予告

近頃のくるり・岸田繁が『鬼滅の刃』に触れたツイートをしばしばしている影響を受けて、私もアニメ全編を観ました。とてもハマってしまい先日『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』を観に行きました。

あなたが「鬼滅」の話をしたい人だったらごめんなさい。これは前置きの前置きだから話は変わっていきます。

「鬼滅」の本編上映前の予告で見たものがアニメの「ジョゼ」。

『ジョゼと虎と魚たち』がアニメ映画化。

私がかつて観た『ジョゼと虎と魚たち』といえば、2003年・犬童一心監督の映画。

その主題歌と音楽担当くるりで、主題歌は『ハイウェイ』。

2003年というと私は17歳の高校生でした。ちょうどくるりのことを知って好きになったのがこの時期。1曲入り500円のシングルを当時買いました。「ジョゼ」の映画は劇場ではなく公開からしばらくしたあとに円盤で観たんだったか。数度繰り返して観た記憶があります。

主演の妻夫木聡は私の最も好きな映画のひとつ『ウォーターボーイズ』(2001)でも主演だという関連もありました。

(懐かしい……すみずみまで愛おしい)

前置きの前置きの前置きが長くなりましたが今日はくるり『ハイウェイ』の話がしたいのです。

ハイウェイ 曲について

くるり『ハイウェイ』MVにも妻夫木聡が出演。

アコースティック・ギター、「ドン・タン」のベーシックなドラムスが音の成分の多くを占める非常にシンプルな印象の曲。

アコギリフ、それから歌フレーズの弱起(強起=小節のアタマできっかり始まる。弱起=それ以外)が非常に重要。シンプルに思えますが、意外と弾き語りでコピーしてみると高難度。歌とギターリフの織りなすリズムの綾を表現できると、弾き語りでのカッコ良さが激増する曲だと思います。

コード進行 Ⅰ⇔Ⅳのリフ、想定内の想定外 異なる地平

コード進行は非常にシンプル。Eメージャー調で、Ⅰ⇔Ⅳ(E⇔A)が基本です。シンプルですが、タイトルは『ハイウェイ』。高速道路といえば、単調な景色を単調な速度でひたすら行くもの。どこかからどこかへ。それも「シタミチ」よりはこちらを選ぶほうが効率が良いという程度の、ほどほど(あるいはがっつり)遠いどこかへ行くときに私やあなたは「ハイウェイ」を選ぶでしょう。

そんな、単調で、しかし何もないわけでもない旅の道のりを、曲はよく表現しています。サービスエリアで休憩。ちょっとタバコしたりコーヒーしたりお手洗い行ってみたり空や山を眺めたりほかの家族連れの子どもに視線をやってみたり。でっかくごついバイクの集団の革ジャンの照り返し。遠足や修学旅行の途中かな、学生や青年の集団。お仕事おつかれさまです、長距離運転のトラックやタクシーのドライバー。そんな、「なんにもないようないろいろあるような、どこかへ行く途中」。くるり『ハイウェイ』を聴くと、そうした映像や情景が想像野に立ち現れます。発表当時からずっと大好きな曲です。

間奏部の折り返しではDのコードが出てきます。これはEメージャーにおける、フラットしたⅦ。構成音がⅤmにも似ていて、異なる地平(場面転換)を醸すコードですね。単調な道中でも、ときに異質な何かと交わり、過ることもあるでしょう。間奏の入りはC♯m。こちらはあくまで調の中のコード。調和の想定内での、ちょっとした悲哀や想定外のシンボルに感じます。世界観の中に収まったドラマの起伏という感じです。そのあとの折り返しからの、D(異なる地平)への進行。いいですね。

歌詞 百の理由 無の理由

僕が旅に出る理由はだいたい百個くらいあって(くるり『ハイウェイ』より、作詞・作曲:岸田繁)という歌い出し。ひとつめは…と続き、みっつめまでここで明かされます。あとだいたい九十七はどこへ? なんて言うのはあまりに野暮(もちろん、願い出れば受け入れて語ってくれるかもしれませんが)。このみっつと「芋づる」でつながったような九十七があることを想像します。

ひとつめのここじゃどうも息が詰まりそうになったと、ふたつめの今宵の月が僕を誘っていること、みっつめの車の免許取ってもいいかなあなんて思っていることにしたって、思いつき(発想)の糸でつながっており、自然に引き出され、紡がれた言葉だと感じます。カーウィンドウの外の景色がつながり、流れながら変化していくように。

この言葉を吐き出す主体「僕」がこの曲の核にいます。彼は“百個くらい”といいますが、それは百でも千でも万でもきっとおなじこと。だから、最初のみっつで足りるともいえますし、そのみっつでさえ、きっとひとつに集約されます。この歌の核心、「僕」のもとへ。

彼(「人格として同一の彼」かどうか定かではありませんが)は二番の平歌の出口付近で僕には旅に出る理由なんて何ひとつないと言います。「僕が旅に出る理由」で括ることのできる彼の吐き出す言葉は、百でも千でも万でも、それどころか無ですら等価のものだったかもしれません。

そこには核心「僕」があるのみ。その「僕」の背景には、単調な道のりの象徴「ハイウェイ」があった。心象の曲であり、非常に絵画的でもある。

私も、そのハイウェイを通ったに違いないのです。この歌の主人公と、すれ違ったり並走したりしたかもしれない。あるいはまったくかすりもせずに入れ違ったかもしれない。でも、きっと同じ背景の前を旅したに違いない……そんな共振を覚えます。

延々と足元が吸い込む白線のように恒久。本当に大好きな心の一曲です。

青沼詩郎

くるり 公式サイトへのリンク

http://www.quruli.net/

犬童一心監督 映画『ジョゼと虎と魚たち』(アスミック・エース)へのリンク

https://www.asmik-ace.co.jp/lineup/1086

くるりのシングル『ハイウェイ』(2003)

くるりのオリジナルサウンドトラック『ジョゼと虎と魚たち』。『ハイウェイ』『飴色の部屋』ほか収録。2003年11月5日発売。


犬童一心監督映画『ジョゼと虎と魚たち』(2003年公開)DVD

ご笑覧ください 拙カバー

青沼詩郎Facebookより
“『ジョゼと虎と魚たち』がアニメ映画になる。12月25日公開。先日映画館でこれの予告を見て、アニメ映画化に「へぇ」と思いました。2003年の犬童一心監督の映画、観ましたDVDで何度も。こちらの主題歌が私の敬愛するくるりの『ハイウェイ』。シングルが1曲収録で500円でした。当時買ったCD今でも持っています。原作は田辺聖子の小説、最初の発表は1984年の『月刊カドカワ』。1985年に短編集収録。以外と古くからあったのですね。”

https://www.facebook.com/shiro.aonuma/posts/3408356102591373