最後には地に落ちて天に昇る

曲を作り続けていると、似た感じになってしまいがちである。

「自分」として曲をつくりがち。すると、すぐに「自分」を消費しきってしまう。すごい速さで、類い稀なる人生を送っている雲の上の人(もちろん実際はそんな人はおらず、みな地上の人間だ)ならともかく、私のような平凡な生活のパンピーの人生を切り取って曲にし続け、作品に幅を出し続けるのはなかなかむつかしい。(もちろん、だからといって、視点や切り取り方、見せ方の工夫を放棄すべきではない)

そこで、自分とは別の者を考える。そうした人のストーリーを語る。あるいは、その登場人物を演じてみる。そうして、作品づくりに新しい視点をもたらす。幅を出す。私に欠けていた視点だ。これから実践してみたい手法。

自分と対極の存在を想像してみる。

すると、私が想像したのはなぜか、ピンク街(風俗店が立ち並ぶ路上一帯を私は勝手にそう呼ぶ)の客引きのオニーチャンだった。「自分から遠い存在」として連想したのだ。ふだん私はピンク街に行かないし、風俗店も利用しない。

で、ふと思い出したのが、hide with Spread Beaverの『ピンクスパイダー』だった。あれ、もしかしてピンク街の客引きの曲なんじゃないか?! 一流のミュージシャンが、切っても切り離せない人間の欲望を俯瞰して比喩として表現して笑い飛ばせる表現に昇華するという事例は世界に多い。(といいつつすぐに例が思い浮かぶわけじゃないが)

もちろん、hide with Spread Beaverの『ピンクスパイダー』はぜんぜんピンク街の客引きのオニーチャンの歌ではない。でも、もちろん、リスナーがそういう主人公をあてがって味わうのは自由だ。その意味では、ピンク街の客引きのオニーチャンは『ピンクスパイダー』を読み解くのに門外漢だとは言い切れない。ってか、入れたげたらいい。むしろ入れ入れ門から…ですよ(薮から棒に細野晴臣『福は内 鬼は外』より)。

Bマイナー調だけど、ブリッジらしき部分?でBメージャーにスコーンと転調する。3分〜曲のラスト付近でみられる、ストリングスの完全な半音下行も桃色の蜘蛛のダイヴ?を見事に表現している。

読めば読むほど、魅入ってしまう歌詞。“ピンクスパイダー” “「失敗だぁ」” の押韻。

http://j-lyric.net/artist/a006267/l0001ae.html

おおむねシ〜ファ♯の5度に収まる音域を中心にしたボーカルだけど、最後で一気に下のシまで下行させている。“空を流れる”のに、音程は地に落ちている。

この曲では、主人公は別の「人物」どころか「蜘蛛(ピンクスパイダー)」だ。“借り物の翼では上手く飛べず” まるで現実の人間のことをいっているかのよう。他人の資源や財産を奪った者の失墜。奪えているようで、実は奪えていなかった。

羽根は、蝶と一体のものなのだ。蝶と切り離してしまったら、機能しなくなる。羽根さえあれば飛べるのではない。一体のものとしての蝶。その体の一部を、区別して羽根と呼んでいるに過ぎない。

「あいつのアレさえ俺にあれば」と、他人の何かをうらやむ。金か、容姿か、才能か、若さか。生まれや育ちといった境遇か、はたまた地位だか地理(地の利)だか。それさえあれば、自分もその所有者みたく立ち回れるとやっかむ。しかし実は「それ」は所有者と不可分のものであり、切り離した時点でただの「かつてそれだったもの(亡骸)」になってしまう。それを自分につけかえたところで、イミテーションにすらならない。

失敗した蜘蛛は、まっさかさまに墜落する。MVの冒頭、地面に伏せっている半裸白塗りの女性は、墜落した蜘蛛だったのか。

よく歌詞を見てみると、曲中一度も「蜘蛛」とは出てこない。あくまで「ピンクスパイダー」だ。曲の最後の部分、この寓話を結ぶ一行が“桃色のくもが 空を流れる…” と、ひらがなになっている。「雲」と「蜘蛛」をかけたのだろう。

・蜘蛛の墜落に同情した雲が、桃色に変わった
・蜘蛛は死んだ。天に昇って、桃色の蜘蛛は空を飛ぶ(流れる)ことができた

どちらの解釈もいいだろう。両方同時にも成立する。はじめから「雲」は桃色だったかもしれない。

2回目にメージャーに転調する“わずかに見えた あの空の向こう”のところで、蜘蛛は今際の際にあるのかもしれない。そして冒頭で“君は 嘘の糸張りめぐらし”とあるその糸を切り裂き、「自分の生命」を“ジェット”に、天に昇るのだ。

蜘蛛は糸を出すことができて、獲物を得たり移動したりするのに利用する。その能力は、蝶にも鳥にもない。蝶や鳥が「糸」を借りても、うまく使えずイミテーションにすらならないだろう。

自分にないものを持つ他者をやっかむ心理を私は持っている。それは、その身を滅ぼすことにつながる。「蜘蛛は蜘蛛の身分相応にしていろ」などというつもりはないが、蜘蛛は蜘蛛であることをやめられないのと同じに、私は私であることをやめることはできない。

自分が自分であることを思い悩むときに、第三者が利己のためにそそのかしてくることもある。それに乗って利用され、失敗することもある。やって失敗する自由もあれば、やらずに失敗もしない自由もある。「何もしないこと自体が失敗」もある。

本文中の“”内引用はhide with Spread Beaver『ピンクスパイダー』 作詞・hideによる。

青沼詩郎