軽音部の部室で、ドラマーとふたりっきりのギターボーカルの私。

なんてシーンはかつていくらでもあった。

ベースがいなくて、ドラマーとギターボーカルふたりっきり。こんなシーンは、ギターボーカルやドラムスをやっている人なら誰でも一度や二度や三度以上あるのではないか。

練習のときにベースが欠席するとかしてたまたまそうなったとか、そもそもその日集まれるのがギターボーカルとドラマーのふたりだけだとわかっていながら集まったとかいうパターンが考えられる。実際、そういうことは多いだろう。

で、さらには、その4つの太い弦を操る演奏者が本番前に急に脱退するとかして、ライブを実際にギターボーカルとドラマーのふたりで演奏したことがある人もいるかもしれない。

それからもちろん、「積極的ふたり」というのもあって、そもそもネガティブな理由じゃなくギターボーカルとドラマーのふたり編成を望んでやっている人もいるだろう。

The White Stripesが出てきて、「そのカタチってふつうにアリだね!」という意識が一般的になったのではないかと思う。もちろん、それ以前にだってあっただろうけれど。

『Seven Nation Army』。2003年発表のアルバム『Elephant』の1曲目に収録されている。

Seven Nation Armyというのは、Salvation Army(救世軍)をボーカルのジャック・ホワイトが昔、聴き間違えていたことに由来するそう。歌詞は、自分たちを追い回すマスコミの存在が背景になっているのかもしれない。ボーカルのジャックとメグは弟と姉というのが公式だけど、実は元夫婦だというのが漏れたのだとか。まぁそうした現実抜きに歌詞だけ追ってもかっこいいから、どうでもいい。いや、大事だけどね。その表現者をとりまく現実の問題というのはいつも、新たな表現を生む。この曲だって、現実なしには生まれやしない。そういう意味では、やっぱどうでもよくない。曲はいったん本人の手をはなれて発表されたら独立する。個の存在となる。表現者は親である。そういう意味で、表現者と作品は別であり、かつその出自は切っても切り離せない。悩ましくもただならぬ関係なのである。ジャックとメグの関係にも、共通点がありはしないか。いや、あってもなくてもいいのだけれど。

曲、かっこいい。このリフがサッカーアンセムになっているらしい。

ギターにしちゃ、低すぎる!

下げたチューニングをしているのかと思った。実際に、やってみる。下のBまで出ているから、本来のギター弦のいちばん低い音Eよりも完全四度下げることになる。ボヨボヨになっちゃう。かなり太いゲージの弦を選べばなんとかなる? いやいや、そんな苦肉の策はいらない。オクターバーで下げちゃえばいい。エフェクターだ。

途中でみられるギターの特徴的なサウンドは、オクターブ奏法+ボトルネック奏法と私はみる。感服だ。このシンプルな編成で演奏に幅を出している。いい発想だと思う。ライブじゃなくて、レコーディング音源のほうはダブってる(多重録音で別録りしている)かもわからない。いや、どうだろうな。この2人組なら、せーのでイッパツ録りかもわからんけど。

ベースレスツーピースバンドの悩み、ギターソロのときのバッキングどうすんねん問題が残る。そこで見事なひとつのアンサーを先のライブ映像は提示してくれている。2小節に一回、そのアタマでジャンとコードを鳴らしておいて、それ以外のところで自由にボトルネック! なるほど。そうきたか。私だったら、複数の弦で和音を感じさせながら旋律も奏でるフレーズを小賢しく工夫して、練習を重ねて器用に本番で披露する、なんて表現をつい選んでしまいそうだがジャックはそんなことをしなかった。

ドラムスのメグの演奏がまたすごい。曲中、ほぼ4分音符である。8分音符なんて、一回も出てこない。基本のリフに組み込まれているのが、2拍3連風のリズム。これ、厳密には2拍3連じゃなくて、タイで結ばれたシックスティーンビートだと思う。でも、メグのラフな演奏もあってか、2拍3連っぽくきこえるところもある。ジャックのほうがリズム感良さそうだ(笑) ジャックは、ドラムの経験もあるとか。 でメグの演奏はそれ自体魅力。なんて伸びやかに叩くんだろう。ライブ映像、イイじゃん。これで成立させるって、真似できない。

ボーカルメロとか、ギターはブルーススケールを基本にしている。「ミーーミソッミッレドーーーシーー」って感じ。ドがブルーススケールから外れるかな? このドがいいよ、ドが。

The White Stripesは、ガレージロックの深淵へのトビラを開いてくれる。私はクラシックピアノで音楽との関わりを始めた、ゆるゆるの甘ちゃんのタチなので、ここから掘って聴き込んでいきたい。ストライプスも、それ意外も。

青沼詩郎

【参考書】

『本当はこんな歌』町山智浩著、アスキー・メディアワークス刊、2013