まわり道のまわり道 「音楽教育専攻」

高校の軽音楽同好会でバンドをやっていた私は、何を思ったのか東京音楽大学へ進学した。

クラシックを学ぶことを、ロックやポップをやるうえでの礎にしようという魂胆だった。

それが功を奏したか、いまだにわからない。

回り道だったようにも思う。

私は大学で、声楽とピアノをともに主科とする「音楽教育専攻」という名前のコースだった。

「音楽教育専攻」の名のとおり、教員(音楽)を目指す学生も少しいた。

でもほとんどは、「そこまでは決めていない人」「声楽、もしくはピアノ専攻を受験したが、併願で音楽教育専攻に受かった」という人だった。

私は「クラシックを礎に」の考えのもと、芸術音楽としての作曲を学ぶ専攻を受験していた。作曲(芸術音楽コース)という専攻だった。そちらに私は落ちた。併願で受かった「音楽教育専攻※」へ進んだ。ポップやロックをやりたいがために作曲(芸術音楽)科受験のための勉強をした私だったが、「芸術音楽」はハードルが高かった。のちに作曲(芸術音楽)の教授・K先生に「あなたはそっち(音楽教育専攻)で良かった」と言われたのを覚えている。私は音楽教育に籍をおいて、声楽とピアノをせっせと(だらだらと)学びながら、和声(音楽理論)などの選択科目を積極的に履修した。めざした「回り道」(作曲:芸術音楽コース)の門に入れず、さらに回り道をしたかのよう。でも、卒業や進級があやうい学生に譲ってあげたいくらいに単位をとりまくっている学生だった。それをしながら、多重録音機を相棒に自分の楽曲制作をしていた。それが、今もメインにしている私の活動だ。

木下牧子『さびしいカシの木』との出会い、その後

音大に入ると、おもに誰かに師事することになる。私には声楽とピアノのふたりの師匠がいたが、なんのご縁か、ほかの講師のある演奏合宿におじゃますることになった。大学に入って最初の夏休みだった。

そこで知り合った先輩の学生たちに教えてもらった曲が木下牧子作曲、やなせたかし作詩の『さびしいカシの木』だった。

ソプラノ野崎由美、ピアノ小原孝

なんでもこの曲は「聴くものを必ず泣かす」という。

曲を知って、私は泣いたか? 正直覚えていない。だから、泣かなかったのかもしれない。

でも、ひたすらになんていい曲なんだろうと思った。染みる。「聴くものを必ず泣かす」におおむね同意していた(自分で泣いた記憶があるわけでもないわりには)。

声楽の学生は、まずはドイツやイタリア歌曲を学んだ。日本語の歌曲を学ぶのは、そののちだった。3年生くらいでようやく、だったかな。人による(師事する教員・講師による)とも思うけれど。私もようやく日本歌曲に本腰を入れる学年になったときに、『さびしいカシの木』や『ロマンチストの豚』を題材にして、師事する先生にみてもらったことがあった。いずれも木下牧子の曲集『愛する歌』(1995)に入っている。どちらも詩はやなせたかし。

大学を卒業して10年くらい経ったころか。地域の子育て中の親と幼児向けのコンサートへの出演を依頼されて、この『さびしいカシの木』をふと思い出し、演奏したことがあった。『アンパンマンのマーチ』を曲目に入れていたから、やなせたかし関連でいい曲があったなと思い出したのかもしれない。ちなみに、お客さん(親と幼児)は特に誰も泣かなかった。私の歌唱力と表現力のたまものか。

歌は涙を誘うためにあるわけでもない。でも、ときに聴くものの涙腺からそれを湧き出させることがある。

曲の誕生に立ち会う 私が泣くとき

私は「音楽で泣いた体験」についていえば、自分でつくった曲に涙することが多い(気持ち悪っ、と思うだろうか)。曲の誕生に立ち会った瞬間がいちばん感慨深く、実際に涙が出ることがある。自分からこんな言葉とメロディが出るなんて、という点に感動するのかもしれない。

私は、自分で自分のための曲をつくる。「自分のことは自分がいちばんわかっている」という仮説を持つ一方、そんな自分から「思いもしない音楽」が生まれることが興味深い。だから、ずっと音楽をやっている。それが、他の人を「エモく」させるものかどうかなんて、はなはだ未知だし皆無でもいい。お金を得るためにやっているわけでもないせいか、あれからずっとそういう活動が続いている。「あれ」というのはいつか。私が一番知っているようでもあるし、意外と私自身が知らないことかもしれない。

「聴くものを泣かす曲」なんて枕は、邪念かもしれない。ヨコシマな記事である。でも、あなたがこの曲を知らずに人生を終えるくらいなら、今ここで知ってもらえたらと思う『さびしいカシの木』。曲をすでに知っているあなただったら、この記事を読んで損をしたと思って勉強してくれ。その勉強はきっと、あなたの得になる。

青沼詩郎

※このコースは私が入学した翌2007年度から体系ががらっと変わる。それ以降、このコースの学生たちは「音楽教育専攻」だからといって必ずしも「ピアノと声楽」を主科としない。声楽とピアノ以外に任意の主科を持つ学生が現れはじめた。

木下牧子
https://kinoshitamakiko.com/

木下牧子ご本人Twitter。参考にいたしました。