高校生のとき、よくTSUTAYAでCDを借りた。旧作5枚1000円/1週間レンタルというサービスがあった(今もある?)。それで気になったものを適当に借りてくる。洋楽を借りることが多かった。ジャケットで気になったものを適当に取った。事前に知って気になるものを狙い澄ますことももちろんあった。

Weezer『Island In The Sun』

Weezerをどうやって知ったのか忘れてしまった。適当にジャケ買いならぬジャケ借りで知ったんだったか。

数枚聴いたけどこの『Island In The Sun』の入った『Weezer (Green Album)』がとても好きだった。10曲入って30分未満。なんてコンパクト。

歌、リフ。エレキギターがつん、歌メロ模倣のギターソロ。

これらがあれば私は十分。ほかに余計なものはいらない! とでも言いたくなる。

グリーン・アルバムの3曲目にはこの『Hash Pipe』。激しめ。

https://tower.jp/article/news/2019/09/11/tg010

こんなニュースもあるように、Weezerにはメタル・ハード愛がある。

からの、4曲目『Island In The Sun』の軽めのクリーン・クランチギターと浮遊感ある声のハーモニー“Hip,hip”のイントロが来る。この落差の心地よさに私はヤラれてしまう。

単語、islandがもたらす印象

開放的で光に満ちた映像・光景を想像させる歌詞。一方でislandという単語から私は逃避や非現実(非日常)を想像する。

結婚披露宴を思わせるMVは、この曲想の表現に非常によく沿っていると思う。結婚はどこまでも現実でありながら、人生のハイライトであり、かつ幸福のピークだからこそ絶望や終焉への出発点でもある。…なんてことを言ったら「結婚は幸せへのスタートだ」なんて古き良き日本の仲人さんか誰かに諭される時代は終わってしまったんだろうか。どっちでもいいんだけど。結婚はしたければすればいい。してもしなくても幸せになれる。

サビ、メロディセンス

『Island In The Sun』の話に戻る。憂鬱を帯びた曲調を砕き壊すかのように、コーラス(サビ)でガツンとお得意のヘヴィなサウンドが来る。これが烙印、マーキング。変革への道しるべでもある。

歌メロディが美しい。Weezerの音楽には私の国のある時代のポップソング、あるいは童謡に通ずるメロディセンスがあると思う。そのセンスから湧く上がるようにして一気に生まれたのがこの『Weezer (Green Album)』なのではないか。

グリーン・アルバムのポジション

ユニバーサルのWeezerページにこんなBIOGRAPHYがある。バンドのヴォーカル・ソングライターリヴァース・クオモの大学生活やメンバー脱退などの変化に翻弄されて、ある時期バンドとしての動きを沈黙させるWeezer。それを破って出てきたアルバムがグリーン・アルバムなのだと思うと、なお相対的に存在感が際立つ。

陸続きのisland

『Island In The Sun』MV異バージョン。動物たちとの戯れ。非日常感あるが、野生動物にとっては原野が日常。陸続きにisland(孤立、孤独、隔絶、夢想、至福、etc…)は存在している。そこここ、至るところに。

青沼詩郎

『Island In The Sun』を収録したWeezerの『Weezer (Green Album)』(2001)

ご笑覧ください 拙カバー

青沼詩郎Facebookより
“高校生のときTSUTAYAで旧作5枚1000円で洋楽を借りるというのを繰り返した。Weezerはそんな風にして手に取ったもののひとつ。『Island In The Sun』が入ったセルフタイトルの通称Green Albumはお気に入りだった。
根音が6-2-5-1と4度(転回して5度)進行の反復。”Hip, hip”と印象的。
歌詞は平易さがかえって憶測させる。薬でトんじゃう感覚の表現なのかなとか。Sunという語が光をイメージさせる。Islandも開放的な場所のイメージだけど、閉鎖的で逃げ場がなく孤立した場所という面を持ってもいる。どこか憂鬱感が漂う。ギターロックの手触りで美しいメロディやハーモニーを極力シンプルに、というスタイルは私の理想のひとつ。とても好きなバンド。”

https://www.facebook.com/shiro.aonuma/posts/3506887509404898